さよならジョージア

さよならじょーじあ
上映日
1982年2月6日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

しがない歌手の兄と、一緒にドサ廻りの旅に出たけなげな妹との熱い兄妹愛を描く。製作指揮はウィリアム・ブレイクとキャロル・ブレイク、製作はエリオット・ガイシンガー、ハワード・クーパーマン、ロナルド・サランド、ハワード・スミス、監督は「リトル・ダーリング」(80)のロナルド・F・マックスウェル。ボビー・ラッセルの歌を基にボブ・ボニーが原案・脚色。撮影はビル・バトラー、音楽はデイビッド・シャイアー、編集はアン・ゴアソード、音響はジム・ピルチャー、製作デザインはジーン・ルドルフが各々担当。出演は「リトル・ダーリング」「泣かないで」のクリスティ・マクニコル、デニス・クエイド、マーク・ハミル、ドン・ストラウド、アーリン・ディーン・スナイダーなど。マクニコルはメイン・テーマ曲「涙をだきしめて」ほか2曲を歌っている。

「さよならジョージア」のストーリー

モーテルで朝寝坊をきめこんでいる男女の枕元で、電話が鳴り響く。女の亭主ルーサーが乗り込んでくるというのだ。身支度をする間もなく、ルーサーが到着。ドアを蹴破ろうとするルーサーに、キャンピング・カーが突っこんで来た。少女がマグナム銃をつきつけているすきに、男が乗りこむと車は走り去った。男の名はトラビス(デニス・クエイド)。かつてはスターの座まで駆けのぼった歌手だが、女と酒のおかげで身を持ちくずし、マネージャー格の妹アマンダ(クリスティ・マクニコル)と一緒にドサ廻りの生活をおくっている。へべれけになってベンチで寝ていたトラビスを、乱暴者のセス副保安官が女に振られた腹いせに逮捕してしまった。一方、アマンダも未成年無免許運転を、州警察のコンラッド(マーク・ハミル)に見つかり、兄に会うまでコンラッドに監視される身となる。保釈金を払うために、トラビスはアンディ(アーリン・ディーン・スナイダー)のナイトクラブで働くことになった。アマンダは、兄が歌以外で金を稼ぐことは不服だったが、兄は美人客メロディと知り合うことができて、まんざらでもない。しかし、トラビスが逮捕された時、セスを振ったのはメロディだった。彼はメロディとトラビスが一緒にいるのを見て怒り出す。アマンダはプロモーターにオーディションの約束を取りつけた。しかし、トラビスはメロディと一緒になり、歌と酒と女の生活を捨てようと決心。妹の方が歌手としての才能が優れていると励ます。オーディションをうけることになったアマンダを見送りに急ぐトラビスをセスが射ち、2人とも相うちになって死亡。トラビスを埋葬すると、アマンダはナッシュビルヘ急ぐ。コンラッドが後を追ってきて、警官の制服をぬぎ捨てると、キャンピング・カーに乗り込んで来た。2人を乗せた車は再び走り出す。

「さよならジョージア」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「さよならジョージア」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1981
公開年月日 1982年2月6日
製作会社 GLプロ作品
配給 日本ヘラルド
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「さよならジョージア」のみんなのレビュー

「さよならジョージア」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 4/12

黒木和雄(2006)

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に急逝した映画監督・黒木和雄が訴え続けた平和への想いを映し出すドキュメンタリー。監督の肉声や作品、同世代の著名人や10代の学生のインタビューを通して、彼が抱いていた危機感、戦争を知らない世代が今の時代をどう捉えているのかを紐解いてゆく。監督は、黒木監督の「竜馬暗殺」などの助監督を経て、「正午なり」でデビューした後藤幸一。

紙屋悦子の青春

敗戦を間近に控えた田舎町を舞台に、出兵する二人の若者と残された娘の恋を描いた、ラブストーリー。原作は松田正隆氏の戯曲。ヒロイン・紙屋悦子役には「大停電の夜に」の原田知世。悦子を思う兵士役に、永瀬正敏と松岡俊介。監督は「父と暮らせば」の黒木和雄。
大平透(2016)

銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。

「さよならジョージア」を観ているあなたにおすすめの映画