初恋のアルバム 人魚姫のいた島

はつこいのあるばむにんぎょひめのいたしま My Mother The Mermaid
上映日
2005年5月28日

製作国
韓国

上映時間
111分

ジャンル
ラブロマンス

ここが見どころ

「スキャンダル」のチョン・ドヨンと「殺人の追憶」のパク・ヘイルが共演したハートウォーミングな純愛ストーリー。監督・脚本は「私にも妻がいたらいいのに」で百想芸術大賞新人監督賞を受賞したパク・フンシク。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2005ヤング・ファンタスティック・コンペティション部門グランプリを獲得した。

「初恋のアルバム 人魚姫のいた島」のストーリー

郵便局に勤めるごく平凡な女の子ナヨン(チョン・ドヨン)には頭の痛いことがあった。それは、頑固で口の悪い母ヨンスン(コ・ドゥシム)が、ことあるごとにお人好しの父をなじり夫婦仲がすっかり険悪になっていることだ。そのことが原因で、ナヨンは優しい彼との結婚にもう一つ踏み切れないでいた。始めは愛し合っていても、やがては自分も両親のような関係になってしまうのではないか…。そんなある日、状況に耐えかねたのか突然父が姿をくらましてしまう。しかし、母は父の所在を訪ねるどころかせいせいしたかの様子で動揺すらしない。仕方なくナヨンは、楽しみにしていた海外旅行を取り止め、父の行方を捜しに両親の生まれ故郷の島へ赴くことにする。しかし、そこで彼女が目にしたのは30年前の純粋で優しい自分そっくりの若き母(チョン・ドヨン/一人二役)と、爽やかな笑顔で現れる若き郵便配達員の父(パク・ヘイル)の微笑ましくも仲睦まじい姿…。あまりの状況の変化に戸惑うナヨンだが、若き母の優しい応対や、非識字者の母に愛情を込めて文字を教える父の姿をまのあたりにするうちに、次第に2人の愛の深さを知り、心穏やかな面持ちで見守っていく。その後、この不思議な世界から現実に立ち戻ったナヨンは、故郷の島で病に伏した父を見つけ、嫌がる母を呼び寄せる。思い描いていた幸せを手にできなかった母は、病床の父にやりきれない思いをぶつけるのだが、やがて2人は夫婦にしか分からない愛の深さを確認する。そしてナヨンもまた、ためらっていた結婚という問題と正直に向き合い、思いを新たにしていくのだった。

「初恋のアルバム 人魚姫のいた島」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「初恋のアルバム 人魚姫のいた島」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス
製作国 韓国
製作年 2004
公開年月日 2005年5月28日
上映時間 111分
配給 タキコーポレーション
レイティング
カラー/サイズ カラー

「初恋のアルバム 人魚姫のいた島」のみんなのレビュー

「初恋のアルバム 人魚姫のいた島」のレビューを書く