醒めよ人妻

さめよひとづま
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

徒らに世話女房にのみなりおおせるのが人妻の務では無い。家庭の秩序を保ち又夫を楽しますことを忘れた女は、やがてその夫を失う悲しき日に会うのである……。セシル・ビー・デミル氏の監督になった社会劇で結婚問題を取り扱ってある。主役はエリオット・デクスター氏。その他マーシャ・メイノン嬢、セオドア・ロバーツ氏、フローレンス・ヴィダー嬢も出演する。

「醒めよ人妻」のストーリー

米国のある都会に住む石油王と人に呼ばれるチャールズ・マードックの妻ソフィーは不精極まりない女で、マードックはソフィーを離婚せんとした。憎むべき我が家を逃れもんもんたる胸を抱いて北部の山中に狩猟に赴いたマードックはジュリエット・レーバーンと言う女裁縫士に会し、初めて己が求めていた真の女に会ったことを喜ぶ。しかるに妻のマードックはこれを知って夫からの離婚の申し出を諾さない。マードックはトムと呼ぶ友人の遊蕩家に誘われ、未だ表面のみ快楽を追う男のように装っていたが、寸時もジュリエットの面影は忘れなかった。その中トムは嫉妬のため怒った素性卑しき女の手にかかって死に、それとほとんど同時にソフィーとマードックの離婚は成り立ち、マードックとジュリエットとは世評姦しきニューヨークを逃れ、美しき水都ヴェニスに相愛の歓喜を楽しむ。

「醒めよ人妻」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「醒めよ人妻」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1918
製作会社 アートクラフト映画
レイティング

「醒めよ人妻」のみんなのレビュー

「醒めよ人妻」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。

「醒めよ人妻」を観ているあなたにおすすめの映画