サンマー・ホリデイ

さまーほりでぃさんまーほりでぃ
上映日
1950年4月11日

製作国
アメリカ

上映時間
92分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

かつてクラレンス・ブラウンの監督で映画化された、ユージーン・オニールの「噫、荒野」の音楽映画化で、テクニカラー色彩の1948年作品である。前回の映画化の折のフランセス・グッドリッチ、アルバート・ハケットの脚本から、「影なき男の影」のアーヴィング・ブレッチャーがジーン・ホロウェイと共力して再脚色し、「快傑ゾロ(1940)」「血と砂(1941)」のルーベン・マムーリアンが監督し、「悪漢バスコム」のチャールズ・エドガー・シェーンバウムが撮影したものである。歌曲はラルフ・ブレーン作詞、ハリー・ウォーレン作曲になった。主演は「青春学園」「町の英雄」のミッキー・ルーニーと、「姉妹と水兵」「芸人ホテル」のグロリア・デ・ヘヴンで、「黄金(1948)」のウォルター・ヒューストン、「甦える熱球」のフランク・モーガン、「逃げた花嫁」のブッチ・ジェンキンス、歌手から映画に入ったマリリン・マクスウェル、「ジョニー・ベリンダ」のアグネス・ムーアヘッド「育ち行く年」のセレナ・ロイル等が共演する。

「サンマー・ホリデイ」のストーリー

1906年、コネチカット州のダンヴィルの初夏である。町の新聞者を経営しているミラーの二男リチャードは、ハイ・スクール卒業をひかえた、青春の夢多い年頃である。彼は同じクラスの美しいミューリエルと恋仲であった。彼女は町一番の大商人マッコーマーの娘で、物堅い家庭に育ったので、リチャードが愛の告白をしてキッスを乞うても唇をゆるそうとはしない。母の兄シッドは酒好きなために、仕事も長つづきせず、ミラーの新聞社の記者をしているが、碌に役に立たないので、ミラーは他に就職するよう体よく追い払った。ミラー家に同じく寄食している母の従妹リリイはシッドと久しい恋仲で、年中求婚されてるが、酒で失敗ばかりする彼を拒み続けている。シッドは別れを惜しんで町を去った。ハイ・スクール卒業式の日、リチャードは卒業生代表として演説をし、その褒美に自動車の運転を許され、ミューリエルと並んで大得意だった。その感激で彼女はキッスを許したがそれを知ったマッコーマーは怒って娘に絶交するよう云い渡した。絶縁状をもらったリチャードは大いに憤慨し、何か面当てをしようと決心する。7月4日独立祭の朝、シッドは瓢然と舞い戻った。碌で無しの伯父さんだが、ミラー一家は喜んで迎えた。例年の通りに町中はピクニックに出掛け、シッドはビール飲み競争で1等を取りヘベレケとなってしまう。夕食の食卓でシッドが酔興したので、リリイは泣き出してしまい、ミューリエルのことで心楽しまないリチャードは家を飛び出す。そして誘われるままに町の酒場に行って踊り子ベルと酒を飲み、生れてはじめての酒なので大醜態を演じた末、給仕にほうり出され、泥だらけになって帰って来る。酒飲みの気持ちを知るシッドの取りなしで、リチャードは叱られないで、その夜は床についた。翌日、弟のトミーが持って来たミューリエルの手紙を見ると、すっかり元気ずいた。今夜9時に家をぬけ出すから会いましょうという嬉しい便りである。ベルのことなどは勿論忘れて、彼はミューリエルと愛を誓い合った。有頂天になって足も地につかぬ息子を見てミラーは凡てを察したが、リチャードがミューリエルと結婚する意志であることを知って安心する。庭の揺椅子でシッドとリリイが並んで座り、リリイが作ったレモン水を啜っているシッドの様をながめて、ミラー夫妻はこれで何もかも芽出度くおさまるだろうと、顔を見合せて微笑した。

「サンマー・ホリデイ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「サンマー・ホリデイ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1948
公開年月日 1950年4月11日
上映時間 92分
製作会社 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー映画
配給 セントラル
レイティング
カラー/サイズ カラー

「サンマー・ホリデイ」のみんなのレビュー

「サンマー・ホリデイ」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/13

ロン・パールマン(1950)

モンスターハンター

日本発の大ヒットゲームを「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督×ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写化。砂漠で偵察中のアルテミス率いる特殊部隊は、超巨大な砂嵐に遭遇。目を覚ますとそこは、我々の世界とは全く異なる別の世界だった。共演は「ワイルド・スピード SKY MISSION」のトニー・ジャー、「アントマン」シリーズのティップ・“T.I.”・ハリス、「50回目のファーストキス」の山崎紘菜。

グレート・ウォー

「ヘルボーイ」シリーズのロン・パールマンらが出演、第一次大戦末期を舞台にした戦争アクション。ウィリアム・リバース中尉らは敵陣にて行方不明となったアフリカ系アメリカ人兵士たちの小隊を救助すべく、人種の壁を越え、最後の最後まで戦い抜こうとする。監督は、「米軍極秘部隊ウォー・ピッグス」などに出演、「バルジ・ソルジャーズ」ではメガホンを取ったスティーヴン・ルーク。特集『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。
リッキー・シュローダー(1970)

クリムゾン・タイド

米軍原子力潜水艦を舞台に、全面核戦争の危機を巡って対立する男たちのドラマを描いた、骨太のポリティカル・サスペンス。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。「カラーズ 天使の消えた街」のマイケル・シーファーとリチャード・P・ヘンリックの原案を、シーファーが脚色。製作は「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー。撮影は「クロウ 飛翔伝説」「蜘蛛女」のダリウス・ウォルスキー、音楽は「ライオン・キング」「勇気あるもの」のハンス・ジマー、美術はマイケル・ホワイト、SFXはドリーム・クエスト・イメージズが担当。主演は「フィラデルフィア」のデンゼル・ワシントンと「ワイアット・アープ」のジーン・ハックマン。「氷の微笑」のジョージ・ズンザ、「カリートの道」のヴィゴ・モーテンセン、「ア・フュー・グッドメン」のマット・クレイヴン、「ターミナル・ベロシティ」のジェームズ・ギャンドルフィーニらが脇を固める。また、「トゥルー・ロマンス」のクエンティン・タランティーノが脚本に参加し、ジェイソン・ロバーズがラストシーンに特別出演している(共にノー・クレジット)。

チャンプ(1979)

元ボクシング・チャンピオンの父親とその父が再び栄光の座に戻る日を信じている息子と、別れた妻の3人が織りなす愛を描く。製作はダイソン・ロべル、監督は「ブラザー・サン、シスター・ムーン」のフランコ・ゼフィレッリ。フランセス・マリオンの原作を基にウォルター・ニューマンが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はデイブ・グルーシン、編集はマイケル・J・シェリダン、製作デザインはハーマン・A・ブルメンタル、衣裳はセオニ・V・アルドレッジが各々担当。出演はジョン・ボイト、フェイ・ダナウェイ、リッキー・シュローダー、ジャック・ウォーデン、アーサー・ヒル、ストローザー・マーティン、ジョーン・ブロンデルなど。

NEW今日命日の映画人 4/13

該当する人物がいません