砂漠部隊

さばくぶたい
上映日
1953年9月8日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「ミシシッピの賭博師」のテッド・リッチモンドが1953年に製作したテクニカラー砂漠劇で、ジョージ・サーデスの小説『悪魔の隊商』からアーヴィング・ウォーレスと「掠奪の町」のルイス・メルツァーが脚色し、新進のジョセフ・ペブニーが監督した。撮影は「クーパーの花婿物語」のジョン・サイツ、音楽は「ミシシッピの賭博師」のフランク・スキナー。「流刑の大陸」のアラン・ラッドが主演し、共演は「激戦地」のリチャード・コンテ、「土曜は貴方に」「恐怖時代」のアーリン・ダール、「闘牛の女王」のエイキム・タミロフ、以下レオン・アスキン、オスカー・ベレギ、アンソニー・カルーソ「銃の後に立つ男」らが助演。

「砂漠部隊」のストーリー

1885年、仏領アルジェリアの外国人部隊。ラータル大尉(アラン・ラッド)の小隊は、当時横行していたオマール・ベン・カリフを首領とする盗賊の策中に陥り、ラータル1人を残して全滅した。敵弾を受け気絶したラータルが目を覚ますと、彼は幕舎の中で見知らぬ赤髪碧眼の美女(アーリン・ダール)に看護されていた。帰隊した彼の美女についての報告は上官から一笑に付されたが、間もなく彼は助力を求める彼女の手紙を受け取った。彼は部下プレヴコ(エイキム・タミロフ)を連れて無断で隊を離れ、原住民に案内されて秘境マダラにつ赴いた。マダラの支配者シー・カリルは例の美女マジャナの父で、部下のクリト(リチャード・コンテ)がマダラの平和を乱そうとするのを憂え、ラータルに援助を乞うたのであった。その夜、クリトの部下に襲われたことからクリトこそ盗賊オマー・ベン・カリフと睨んだラータルは彼を殴り、その結果回教徒の決闘をすることになり、苦闘の末クリトに勝ったラータルは、彼を捕縛して帰ろうとした。しかしクリトの部下のため逆襲されて牢に入れられてしまい死刑を受けることになった。マジャーナは機転を利かせて彼を救出しラータルは早速、外国人部隊を襲撃に出たクリトを追い、背後からこれを攻めて撃滅し、クリトをも倒した。そしてラータルはマジャーナの元へ帰っていった。

「砂漠部隊」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「砂漠部隊」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1953
公開年月日 1953年9月8日
製作会社 ユニヴァーサル映画
配給 ユニヴァーサル日本支社
レイティング
カラー/サイズ カラー

「砂漠部隊」のみんなのレビュー

「砂漠部隊」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。