あそこの席

あそこのせき
上映日
2005年9月3日

製作国
日本

上映時間
70分

ジャンル
ホラー

ここが見どころ

若手小説家・山田悠介のベストセラー・ホラー小説『あそこの席』を映画化。呪いの席に座ることになった転校生少女の恐怖を描く学園ホラー。「仄暗い水の底から」「Last Scene」の鈴木謙一が脚色、「日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場 私の赤ちゃん」の中村義洋が監督。第8回全日本美少女コンテストグランプリに輝き、美少女クラブ31のメンバーとして活躍する阪田瑞穂が映画初主演。

「あそこの席」のストーリー

東京から転校してきた高校3年生の少女・瀬戸加奈(阪田瑞穂)は、転校先の学校で不自然に空いた席をあてがわれる。その席は、3列目の前から3番目で、座った途端に加奈はクラス全員の冷たい視線を感じた。実はその席は、ほかの生徒たちから“あそこの席”と呼ばれている呪われた席だった。実際に過去、その席に座った生徒たちは失踪、事故、自殺と、必ず不幸に巻き込まれていたのだ。そして、加奈の身の周りでも、不可解な現象が起こり始める。恐怖の噂は本当なのだろうか? 加奈は担任の教師・市村史朗(眞島秀和)、隣の席に座る男子生徒・土屋裕樹(細川よしひこ)とともに、謎の解明に乗り出す。しかし、それは加奈の想像を超える新しい恐怖の幕開けだった。

「あそこの席」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「あそこの席」のスペック

基本情報
ジャンル ホラー
製作国 日本
製作年 2005
公開年月日 2005年9月3日
上映時間 70分
製作会社 クリエイティブアクザ=ワコー=ダブ
配給 クリエイティブアクザ
レイティング

「あそこの席」のみんなのレビュー

「あそこの席」のレビューを書く

「あそこの席」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/27

小山明子(1935)

インターミッション

取り壊しが決まった名画座・銀座シネパトスを舞台に、映画の休憩時間に交わされる会話劇によるブラックコメディ。本作のために、映画を愛する豪華キャスト、スタッフが集結した。出演は、「透光の樹」の秋吉久美子、「ヒミズ」の染谷将太、「まあだだよ」の香川京子ほか。監督は、本作が劇場用映画初監督となる樋口尚文。スクリーンサイズはシーンによりシネスコ、ビスタ、スタンダードと変化。

テレビに挑戦した男・牛山純一

テレビ草創期から活躍した名プロデューサー、牛山純一の生涯を関係者インタビューで振り返り、テレビが抱える問題を問いかけるドキュメンタリー。「エドワード・サイード OUT OF PLACE」の監督、佐藤真が10年越しの企画を実現した。証言者として、大島渚夫人で女優の小山明子(「日本の夜と霧」)などが登場。
上白石萌音(1998)

トロールズ ミュージック★パワー

「ボス・ベイビー」のドリームワークスが贈る、音楽好きな妖精の世界を舞台にした3Dアニメ。トロールズが暮らすポップ村の女王ポピーのもとに、ロック村の女王バーブから手紙が届く。この世界に別の仲間がいることを知ったポピーたちは胸を躍らせるが……。声の出演は、「ピッチパーフェクト」シリーズのアナ・ケンドリック、「女と男の観覧車」のジャスティン・ティンバーレイク。

楽園(2019)

吉田修一の『犯罪小説集』を「64 ロクヨン」の瀬々敬久が映画化。ある地方都市で起きた幼女失踪事件をきっかけに知り合った孤独な青年・豪士と紡は、それぞれの不遇に共感し合う。だが事件から12年後、再び同じY字路で少女が姿を消し、事態は急変する。出演は、「怒り」の綾野剛、「十二人の死にたい子どもたち」の杉咲花、「64 ロクヨン」の佐藤浩市、「居眠り磐音」の柄本明、「チワワちゃん」の村上虹郎。