砂漠の女王

さばくのじょおう
上映日
1960年9月3日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

旧約の、ユダヤのボアズと婚してタビデ王の先祖となった、モアブの美女ルツの物語。「炎の人ゴッホ」のノーマン・コーウィンが脚本を書き、「裸のマヤ」のヘンリー・コスターが監督した。撮影はアーサー・E・アーリング。音楽は「尼僧物語」のフランツ・ワックスマン。出演はイスラエル出身の新人エラナ・イーデン、「悶え」のスチュアート・ホイットマンほか、ペギー・ウッドら。製作サミュエル・G・エンジェル。

「砂漠の女王」のストーリー

紀元前1250年――全能慈悲の見えぬ神を崇めるユダヤの国と偶像ケモシュを崇拝するモアブの国は隣接していた。モアブの国人は毎年神に少女のいけにえを供えた。モアブの首都にユダヤ出身の金工師エリメレック(レス・トレメイン)が妻ナオミ(ペギー・ウッド)、長男マーロン(トム・トライオン)、次男チリオンと住んでいた。ルツ(エラナー・イーデン)は幼少から神殿で最高の女神官エライアット(ビベーカ・リンドフォース)の許で教育された。彼女はいけにえに選ばれたが、腕にアザがあるので失格、今日まで生きのびていた。神官になったルツは今年のいけにえのため、エリメレックの店に金冠を頼みに行きマーロンと会った。2人は心惹かれた。彼女に再会したマーロンはいけにえの制度の誤りを話した。ルツはモアブの信仰に疑いを持つようになった。いけにえの儀式からルツは逃げ出した。マーロン父子も捕らえられ、父とチリオンは殺され、マーロンは終身刑となった。ルツはナオミと協力してマーロンを救ったが、追手のために刺された。山頂に運ばれたマーロンはルツを妻にするといって息を引取った。ルツはナオミとユダヤのベツレヘムに帰った。そこで地主ボアズ(スチュアート・ホイットマン)に会った。親類の人たちはルツに親切にした。ルツが異教徒とわかると、ベツレヘムの長老に裁かれることになった。ボアズは彼女の弁護をしぶり、大地主トブが彼女にたいする野心のため引受けた。彼女がユダヤ神の信者である立証がそろい無罪となった。トブはルツに結婚をせまった。が、結婚前夜ルツは遂にボアズの許に走った。

「砂漠の女王」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「砂漠の女王」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1960
公開年月日 1960年9月3日
製作会社 20世紀フォックス映画(サミュエル・エンジェル・プロ)
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「砂漠の女王」のみんなのレビュー

「砂漠の女王」のレビューを書く

「砂漠の女王」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/18

リック・モラニス(1953)

ブラザー・ベア

大自然を舞台に、生命の素晴らしさと尊さを描いた感動のディズニー・アニメーション。ふとしたことからクマに姿を変えられてしまった青年と、母を探す子熊が出会い、様々な困難を力を合わせて乗り越えていく中で、青年と子熊の間にいつしか実の兄弟のような絆が芽生えていく。声の出演はホアキン・フェニックス。

フリント・ストーン モダン石器時代

スティーヴン・スピルバーグが主宰するアンブリン・エンターテインメントの10周年記念作で、日米で好評を博したハンナ=バーベラ・プロのTVアニメ『原始家族』を実写で映画化したSFコメディ。太古の地球とそっくりでありながら、自然と文明が不思議に調和した町ベッドロックを舞台に、ごく平凡な会社員一家が巻き起こす騒動を描く。珍奇な日用品や建物の数々はじめ、アニメの世界を忠実に再現した映像が見もの。監督は「ベートーベン」のブライアン・レヴァント。脚本は「ゲッティンク・イーブン」のコンビ、トム・S・パーカーとジム・ジェニウェインと、スティーヴン・E・デ・スーザの共同。製作は「フック」のブルース・コーエン、撮影は「ジュラシック・パーク」のディーン・カンディ。音楽はデイヴィッド・ニューマンがスコアを書き、BC52S'というバンドの役で出演もしているロックグループのB-52S'、アル・ヤンコヴィックらが挿入曲を提供。SFXはILMが担当。主演は「マチネー 土曜の午後はキッスで始まる」のジョン・グッドマン。共演は「ジャイアント・ベビー」のリック・モラニス、「ビッグ」のエリザベス・パーキンス、「トライアル 審判」のカイル・マクラクラン、「クリスタル殺人事件」のエリザベス・テイラーほか。
トム・ヒューズ(1986)

ジョーンの秘密

イギリス史上、最も意外なスパイの実話を基に、ジュディ・デンチ主演で映画化。2000年5月、ロシアのKGBに核開発の機密を漏洩していた“核時代最後のスパイ”が、MI5の手によって暴かれる。しかし、その人物はジョーン・スタンリーという80代の老女であった。共演は「ムーン・ウォーカーズ」のスティーヴン・キャンベル・ムーア、「死霊院 世界で最も呪われた事件」のソフィー・クックソン、「フラワーショウ!」のトム・ヒューズ。監督は、RSCの演出家としても知られる「十二夜」のトレヴァー・ナン。

マダムのおかしな晩餐会

パリの上流社会を舞台に繰り広げられるロマンティック・コメディ。裕福なアメリカ人夫婦アンとボブは、セレブな友人たちを招いて豪華ディナーを開催。だがひょんなことから身分を隠したメイドが紛れ込み、何も知らない客の紳士が彼女に一目惚れしてしまい……。出演は「リトル・ミス・サンシャイン」のトニ・コレット、「グランド・ブダペスト・ホテル」のハーヴェイ・カイテル、「ジュリエッタ」のロッシ・デ・パルマ。監督は、フランスの新鋭アマンダ・ステール。脚本をアマンダ・ステールと「クリムゾン・ピーク」のマシュー・ロビンスが務める。