8.1

はってんいち
上映日
2005年7月9日

製作国
日本

上映時間
51分

ジャンル
ホラー

ここが見どころ

若年層の圧倒的な指示を受ける作家・山田悠介の原案に基づいたホラー風青春映画。『雨と夢のあとに』でドラマ初主演を果たした黒川智花が、今度は映画に初主演する。監督・脚本は、音楽番組のディレクターを経て、ミュージッククリップを中心に幅広い分野で活躍する高橋洋平。エンディングテーマ・楽曲提供に、本格オルタナティブ・ロックバンドのnoodles。

みんなのレビュー

「8.1」のレビューを書く

「8.1」のストーリー

1989年8月1日に襲来した大型台風。その最中、崖崩れの起こったトンネルの中で必死に泥を掘り起こす女がいた…。そしてその15年後、2004年のある日。不気味なトンネルの中で、まるで自ら飛び込むように車の前に倒れこむ少年・翔太。全ての物証から、運転手に不手際はなく少年の不注意が事故の原因とされた。事故原因に疑問を抱く少年の父・森は、そのトンネルが地元でも有名な場所であることを知る。過去にそのトンネルを通った子供たちが、何人も死んでいるのだった。そして更に調べていくうちに、それらの子供たちにはいくつかの共通点があることが分かる。全てがまるで、自ら事故に飛び込んだかのようであること。その子供たちが全員1989年8月1日生まれであること。そして、そのトンネルを通っていること…。舞(黒川智花)と英美(奥田佳菜子)は、心霊スポット巡りを趣味にしている仲の良い中学3年生。いつも英美の兄・紘一(佐藤佑介)を運転手として同行させては、心霊スポット巡りを楽しんでいる。はた目にはとても順風満帆に見える舞だったが、彼女には実は密かな悩みがあった。人が死ぬ夢をよく見るのだ。そして、その夢には必ずあるトンネルが出てくるのだった。そしてある日、英美が言った。「今度のはすごいよ。正真正銘のバケトン!」。なんとそのトンネルは、森が謎を追っている噂のトンネルだった。自分の意志とは関係なく、そのトンネルに引き寄せられていく舞。そう、実は舞も19819年8月1日生まれだったのだった。

「8.1」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「8.1」のスペック

基本情報
ジャンル ホラー
製作国 日本
製作年 2005
公開年月日 2005年7月9日
上映時間 51分
製作会社 ポニーキャニオン
配給 ポニーキャニオン
レイティング

「8.1」のみんなのレビュー

「8.1」のレビューを書く

「8.1」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/27

小山明子(1935)

インターミッション

取り壊しが決まった名画座・銀座シネパトスを舞台に、映画の休憩時間に交わされる会話劇によるブラックコメディ。本作のために、映画を愛する豪華キャスト、スタッフが集結した。出演は、「透光の樹」の秋吉久美子、「ヒミズ」の染谷将太、「まあだだよ」の香川京子ほか。監督は、本作が劇場用映画初監督となる樋口尚文。スクリーンサイズはシーンによりシネスコ、ビスタ、スタンダードと変化。

テレビに挑戦した男・牛山純一

テレビ草創期から活躍した名プロデューサー、牛山純一の生涯を関係者インタビューで振り返り、テレビが抱える問題を問いかけるドキュメンタリー。「エドワード・サイード OUT OF PLACE」の監督、佐藤真が10年越しの企画を実現した。証言者として、大島渚夫人で女優の小山明子(「日本の夜と霧」)などが登場。
上白石萌音(1998)

トロールズ ミュージック★パワー

「ボス・ベイビー」のドリームワークスが贈る、音楽好きな妖精の世界を舞台にした3Dアニメ。トロールズが暮らすポップ村の女王ポピーのもとに、ロック村の女王バーブから手紙が届く。この世界に別の仲間がいることを知ったポピーたちは胸を躍らせるが……。声の出演は、「ピッチパーフェクト」シリーズのアナ・ケンドリック、「女と男の観覧車」のジャスティン・ティンバーレイク。

楽園(2019)

吉田修一の『犯罪小説集』を「64 ロクヨン」の瀬々敬久が映画化。ある地方都市で起きた幼女失踪事件をきっかけに知り合った孤独な青年・豪士と紡は、それぞれの不遇に共感し合う。だが事件から12年後、再び同じY字路で少女が姿を消し、事態は急変する。出演は、「怒り」の綾野剛、「十二人の死にたい子どもたち」の杉咲花、「64 ロクヨン」の佐藤浩市、「居眠り磐音」の柄本明、「チワワちゃん」の村上虹郎。