砂漠の遺産

さばくのいさん
製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

「白馬王国」と同じくゼーン・グレイ原作、ヘンリー・ハサウェイ監督、ランドルフ・スコット主演、サリー・ブレーン共演による西部劇で、脚色には「白馬王国」のハロルド・シューメイトと「謎の真空管」のフランク・パートススが当たり、撮影は「征服群」「砲煙」のアーチー・スタウトの担任。助演者は「七万人の目撃者」「心の青空」のJ・ファーレル・マクドナルド、「紐育の仇討」「街の風景」のデイヴィッド・ランドー、「恋愛百科全書」「謎の真空管」のゴードン・ウェストコット、「暗黒街の顔役(1932)」「虎鮫」のヴィンス・バーネット、「緑の処女地」「爆走する悪魔」のグィン・ウィリアムス等である。

「砂漠の遺産」のストーリー

ホワイト・セージの町で酒場兼賭場を営むジャドスン・ホルダネスは乾分のレフティと共謀して家畜泥棒等の悪事を働いていたが彼は牧場主アダム・ナアブの所有している土地を手に入れようと、手を替え品を替えてナアブにその売り渡しを迫ったが、その都度にべもなくはねつけられていた。ナアブにはスナップという息子があったが、その他に死んだ友達の遺児ジュディという娘を引き取って世話していた。二人は婚約中の仲だった。スナップは金が手に入るとこっそりホワイト・セージの酒場通いをしていたが、現に一物あるホルダネスは博打ですっかり取られて弱っているスナップに金を貸し、交換条件として、父親の馬を50頭連れてこさせる約束をした。その夜この酒場にジャック・ヘアという若い旅人が現れた。彼はナアブが牧場を測量させるために都から呼び寄せた測量技師だった。彼がナアブの牧場へ行くときを聞いたホルダネスはレフティに言いつけ、途中で彼の馬を狙撃させたので、仕方なく彼は幾日かトボトボと砂漠をさまよう中疲労の極遂にパッタリ倒れてしまった。ちょうどこのときナアブ等は家畜の大群を追って町の方へ赴くところだったが、倒れているジャックを見つけたジュディは駆け寄ってやさしく介抱した。その夜一行が露営したときはジャックも既に元気を回復し、その上途中でなくしたと思った測量機械も見つかったので、すっかり喜んでジュディと睦まじく語るのであった。これを見て納まらないのはスナップの胸の内だった。それにもかかわらずジャックとジュディの愛は次第に深まっていった。ジャックに対するスナップの激しい嫉妬を知ったナアブは間違い会ってはとの懸念からスナップとジュディを直ちに結婚させることにした。しかし、ジュディはこれを嫌ってジャックのもとへ逃れ、一伍一什を語ったので、ジャックはナアブに一切を打ち明けて結婚の許しを乞おうと決心し、ジュディを伴って牧場へ帰ったところ、スナップは怒ってジャックを射った。しかし傷は軽かった。この騒ぎの中にジュディは逃れて山の小屋へ行ったが、そこにはホルダネス一味がいて彼女を捕らえてしまった。彼らはジュディを追ってそこへ来たスナップを殺し、死骸に手紙をつけてナアブの元へ送り届けた。ナアブは直ちに自警団を召集してホルダネスの逮捕に向かった。一方ジャックもジュディの急を聞いてこれを救うべく単身敵中へ乗り込んだが、衆寡敵せず捕らえられて既に危なく見えたところをナアブ等のために救われ、首尾よくジュディと結婚することができた。

「砂漠の遺産」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「砂漠の遺産」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1932
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社
レイティング

「砂漠の遺産」のみんなのレビュー

「砂漠の遺産」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/8

渡部豪太(1986)

コスメティックウォーズ

化粧品業界の裏側に切り込んだヒューマンドラマ。老舗化粧品会社のロングセラー商品の機密情報を盗み出すため、産業スパイとして潜入した三沢茜。だが化粧品を作る社員たちと触れ合っていくなか、その熱い想いに触れ、茜は次第に自分の行為に疑問を感じ始める。出演は「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の大政絢、「夏休みの地図」の奥菜恵、「海南1890」の渡部豪太、「東京PRウーマン」の井上正大、「校庭に東風(こち)吹いて」の柊子、「GONIN サーガ」の松本若菜、「The Room」の尚玄、「天空の蜂」の森岡豊、「映画 深夜食堂」の高岡早紀。監督は「東京PRウーマン」の鈴木浩介。音楽を「十三人の刺客」「貞子vs伽椰子」の遠藤浩二が担当する。

海難1890

1890年に和歌山県で起きたオスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号の海難事故、そして1985年イラン・イラク戦争時にテヘランに残された日本人の救出にトルコが尽力した史実に基づき、日本・トルコ両国の絆や危険を押してでも助けようとする人々を描いた人間ドラマ。エルトゥールル号編とテヘラン救出編の二部で構成される。監督は「利休にたずねよ」が第37回モントリオール世界映画祭最優秀藝術貢献賞に輝いた田中光敏。海難事故に遭遇した医師を「臨場・劇場版」の内野聖陽が演じ、「マイ・バック・ページ」の忽那汐里やトルコ人俳優ケナン・エジェが二役で出演。外務省の後援や、トルコ政府全面協力を受け制作された。
鮎川いずみ(1951)

必殺!III 裏か表か

闇の金融集団と闘う仕事人たちの姿を描く“必殺!”シリーズ第三弾。脚本は「必殺!」の野上龍雄、保利吉紀、中村勝行の共同執筆。監督は「逃がれの街」の工藤栄一。撮影は「必殺! ブラウン館の怪物たち」の石原興がそれぞれ担当。

必殺! ブラウン館の怪物たち

徳川家康が建てたという黒谷屋敷の謎をかぎつけた倒幕派と外国人グループと戦う仕事人たちを描く。昨年公開された「必殺!」の第二弾。脚本は「哀しい気分でジョーク」の吉田剛、監督は「港町紳士録」の広瀬襄、撮影は「必殺!」の石原興がそれぞれ担当。

NEW今日命日の映画人 3/8

該当する人物がいません