裁かれる魂

さばかれるたましい
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「モンテ・カルロの女」「処女読本(1932)」出演のウォーレンス・ウィリアムが主演する映画でフランク・J・コリンズが書卸したストーリーをアール・ポールドウィンが脚色し、「女傑」のジェームズ・フラッドが俳優から監督となったエリオット・ニュージェントと共同して監督に当たり、「悪魔スヴェンガリ」「狂へる天才」のバーニー・マクギルが撮影したもの。助演者は「モルグ街の殺人」「紳士酒場」出演のシドニー・フォックス、「特集社会面」のアリーン・マクマホン、「暁の偵察」のウィリアム・ジャニー、「天晴れヴォング」のラルフ・インス「ミラクルマン(1932)」のジョン・レイ、「ルンペン紳士」のガイ・キッピー及びメイ・マディスン、J・キャロル・ネッシュ、モーガン・ウォーレス、ノール・フランシス、スタンリー・フィールズ等である。

「裁かれる魂」のストーリー

地方検事局の新進検事補ヴィンス・デイの有罪の論告の結果、一青年被告は死刑を宣告された。そして死刑が執行されて後真犯人が出頭して人殺しの罪を告白した時デイは大地が崩れ落ちるような思いがした。彼は職を辞して日も夜も人の酔いのうちに過ごした。無罪の被告を死刑にした事に着眼したこの町のギャングの頭目J・Bはデイを顧問弁護士に雇った。デイは心機一転、無罪の人を殺した代わりに罪人を自由にしてやることを自己の天職とするようになった。彼の天賦の弁舌は法廷に於いて陪審員たちを納得させるのは易々たるものであった。かくてデイは富と悪名とをかち得たのである。彼の秘書ヒッキイはデイの助手としてその手足の如くよく働いたが、彼女は主人に秘かなる恋をしていたのである。しかし彼女の想いは酬えられなかった。のみならず、ヒッキイが雇い入れた助手のタイピストのシリアにデイは心を惹かれてしまった。だがデイの野望は遂げられないので、口実をもうけてシリアを自分のアパートに呼び寄せた。シリアはデイの目的を看破して手厳しく肘鉄砲を食わせ、自分にはジョニイという婚約者があることを告げた。デイは自分の生活が如何に愚かなものであったかを知り、またシリアを真剣に恋していたことを自覚した。しかし時はすでに遅いのだ。彼は再び酒に親しんだ。シリアはジョニイと結婚して故郷へ帰ろうとした。ところがジョニイは公金を路に強奪され、却って公金費消の嫌疑で投獄される。ヒッキイはシリアのためにジョニイを助けることができるのはデイ一人であるとて、酒場に酔倒れているデイを伴って来る。デイは真犯人がギャングの一人であることを知って告訴したのでジョニイは放免される。頭目のJ・Bはデイに妥協を中申し込んだが拒絶されてしまう。シリアの結婚の日、式場へ赴かんとしたデイはギャングの弾丸に朴れる。気遣って後を追って来た秘書のヒッキイに抱かれてデイは正しい人間として死んだのである。

「裁かれる魂」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「裁かれる魂」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1932
製作会社 ワーナー・ブラザース
レイティング

「裁かれる魂」のみんなのレビュー

「裁かれる魂」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/5

サラ・ジェシカ・パーカー(1965)

ローマ発、しあわせ行き

『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーと「これが私の人生設計」のラウル・ボヴァが共演するロマンティック・コメディ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。
松山ケンイチ(1985)

BLUE/ブルー

ブレイブ 群青戦記

笠原真樹によるコミック『群青戦記グンジョーセンキ』を「亜人」の本広克行監督が実写化。スポーツ名門校の弓道部に所属する西野蒼は、自分に自信が持てず落ち込む毎日。そんなある日、校庭に一本の雷が落ち、学校の外の風景は見渡す限りの野原となってしまう。出演は「十二人の死にたい子どもたち」の新田真剣佑、「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の山崎紘菜。

NEW今日命日の映画人 3/5

ジョン・ベルーシ(1982)

Oh!ベルーシ 絶体絶命

シカゴの辣腕記者と、ロッキー山脈に住むマスコミ嫌いの鳥類学者の恋を描くロマンチック・コメディ。製作はボブ・ラーソン、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグと、「ブルース・ブラザース」のバーリン・ブリルスタインが担当。「歌え! ロレッタ 愛のために」のマイケル・アブテッドが監督。脚本はローレンス・カスダン、撮影はジョン・ベイリー、音楽はマイケル・スモールが各々担当している。出演はジョン・ベルーシ、ブレア・ブラウン、アレン・ゴーウィッツ、ライアム・ラッセルなど。

ネイバーズ(1982)

静かな生活が,隣人夫婦のために破壊されるという喜劇。製作はリチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウン、製作指揮はアーヴィング・ポール・レーザー、バーニー・ブリルスタイン、監督は「ふたりでスローダンスを」のジョン・G・アヴィルドセン。トーマス・バーガーの『危険な隣人』(早川書房刊)をラリー・ゲルバートが脚色。撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャスリン・ウォーカー、キャシー・モリアーティ、ローレン=マリー・テイラーなど。