サニー・サイド・アップ

さにーさいどあっぷ Sunny Side Up
製作国
アメリカ

上映時間
116分

ジャンル
ミュージカル コメディ

ここが見どころ

「幸運の星」「第七天国(1927)」「街の天使」と同じくジャネット・ゲイナー嬢とチャールズ・ファーレル氏とが主演する映画で、喜歌劇の原作者として有名なトリオ、B・G・デシルヴァ氏、リュー・ブラウン氏及びレイ・ヘンダーソン氏が合作した歌曲、ストーリー及び台詞によって「ムービートーン・フォーリス」「モダーン三銃士」のデイヴィッド・バトラー氏が脚色監督し、「疑惑晴れて」「河(1928)」のアーネスト・パーマー氏がジョン・シュミッツ氏と協力して撮影したミュージカル・コメディー映画である。助演俳優は「ムービートーン・フォーリス」「赤い酒」のシャロン・リン嬢、「巴里よいとこ」「薮睨みの世界」のエル・ブレンデル氏、「ムービートーン・フォーリス」で歌ったフランク・リチャードソン氏、新進のマージョリー・ホワイト嬢、ジョー・ブラウン氏メエリー・フォーブス嬢等である。尚、この映画にはゲイナー嬢独唱の"I'm A Dreamer Aren't We All?" を日本語で曽我直子嬢が歌ったものをプロローグとして付加してある。ダンス場面はシーモア・フェリックス氏が監督した。

「サニー・サイド・アップ」のストーリー

合衆国独立記念祭の日のことである。ニューヨークの貧民街ヨークヴィルは悦びに満たされていた。女店員のモリー・カーは祭の支度に忙しかった。モリーは仲良しのビー・ニコルズと一緒に住んでいる。向かい側の部屋にはモリーを妹のように可愛がっている雑貨商のエリック・スウェンソンやビーのボーイ・フレンドでネクタイ行商人で作曲家志望のエディー・ラファティーなどが住んでいる。このヨークヴィルから余り離れていない海岸には富豪クロンウェル家の広壮な大邸宅があって、やはり独立祭祝賀の騒宴が開かれていた。若主人のジャックにはジェーン・ワースという許嫁があったが、彼女はすこぶる尖端的なモダン・ガールでカクテルに乱酔して狂態を演じ始めたので、ジャックは気を悪くして家をとび出し自動車で散歩に行った。彼は図らずもヨークヴィルにやって来て往来の小児を轢きそうになったので避ける途端に転覆して負傷した。目撃していたエリックは気の毒がって自分の部屋で休むように言うとジャックは部屋を間違えてモリーの部屋に入った。彼女は男が社交界の紳士であることを新聞写真で知っていて丁寧に介抱した。ジャックは許嫁のジェーンを制するためにモリー等をデトロイトから来たお客様として社交界に出し、モリーに恋した様子を示してジェーンに嫉妬を起こさせることを計画した。そのためにジャックは慈善演芸会を催し、モリーは花形として出場した。その頃にはモリーは人知れずジャックを想う身となっていた。ジャックの母親はモリーの素性を嗅ぎ出し、倅と親しくしてもらいたくないと宣告した。落胆した彼女が帰り支度をしていると何も知らないジャックは、計画が成功してジェーンが結婚を急いでいるとモリーに告げた。モリーは悄然として貧しき境涯へ帰った。しかし彼女を失ってジャックは初めてモリーの存在が自分に如何に必要であるかを知り、仮病を申し立ててジェーンとの婚約破棄を申し出るとジェーンは二つ返事で承知した。ジャックはモリーを訪れ愛の告白をしたが彼女は信じなかったので今度は彼が悄然として去った。ジャックの母はモリーが忘れていった日記を見てその真情を知りジャックにモリーと結婚したがいいと勧めた。日記を忘れた事に気づいたモリーがジャックの許を訪れた時ジャックは彼女の写真に対して愛の歌を歌っているのを見出した。

「サニー・サイド・アップ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「サニー・サイド・アップ」のスペック

基本情報
ジャンル ミュージカル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1929
上映時間 116分
製作会社 フォックス映画
配給 フォックス支社輸入
レイティング

「サニー・サイド・アップ」のみんなのレビュー

「サニー・サイド・アップ」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。

「サニー・サイド・アップ」を観ているあなたにおすすめの映画