札束の報酬

さつたばのほうしゅう Blueprint for Robbery
上映日
1961年9月29日

製作国
アメリカ

上映時間
87分

ジャンル
アクション

ここが見どころ

白昼ボストンで270万ドルが強奪されるというギャング事件を描いたアクション・ドラマ。アーウィン・ワインハウスとA・サンドフォード・ウォルフの共同シナリオを監督したのは「虎鮫作戦」のジェリー・ホッパー。撮影に当ったのはロイヤル・グリグス。音楽をヴァン・クリーヴが担当している。出演するのはJ・パット・オマリー、ロバート・ウィルキー、ロバート・ギストなど。製作はブライアン・フォイ。

「札束の報酬」のストーリー

ボストンのナイトクラブの所有者チップスは、仲間のレッドに現金輸送会社襲撃の陰謀を持ちかけた。銀行から各会社への給料運搬を依頼されている輸送会社には、毎週莫大な現金が集まるのだ。レッドは、現在入獄中だが盗みにかけては師匠格のポプ(J・パット・オマリー)の協力を得るため、牧師に変装して刑務所のポプに会った。ポプはあまり気乗りしなかったが、成功すれば故郷のアイルランドへ帰れると聞いて承諾した。3ヵ月後、出所したポプはチップスやレッド一味に加わった。慎重な準備の末、彼らは輸送会社を襲ってまんまと大金を奪い出した。事件担当のソワンソン部長は、手がかりが掴めず途方にくれた。ギャングは盗んだ札束から足がつくことを恐れ、出訴期限のきれる3ヶ年半の間、ナイトクラブを経営するマックギャンに金を預ける事にした。協定を無視して分け前を要求したジョックは、ローメイに射殺された。その後、レッドがローメイと旅行したとき、ローメイが運動具店を襲ったことから、ペンシルバニア警察に逮捕され、3年の刑を宣告された。レッドはポプを通じて保釈金を出してくれと頼むが、マックギャンは応じなかった。ローメイは刑期中に死んだ。怒ったレッドは出所後、マックギャンに分け前をよこせと迫った。マックギャンはレッドに殺し屋を向けた。この蔭に何か秘密があると睨んだスワンソン部長(ロバート・ウィルキー)と地方検事はポプを逮捕したが、ポプが頑として口を割らない。警察はレッドを招いて真相を白状しないとポプを終身刑にすると脅かした。ポプを実父のように愛しているレッドは、ポプを釈放するという条件ですべてを告げ、ギャングは一網打尽となった。許されたポプは、自分を救ってくれた恩人とは露知らず、レッドを裏切り者と罵って去った。その後姿を、レッドはじっと見送った。

「札束の報酬」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「札束の報酬」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 1961
公開年月日 1961年9月29日
上映時間 87分
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ
音量 モノラル

「札束の報酬」のみんなのレビュー

「札束の報酬」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/13

キャンディス・アッコラ(1987)

デッドガール(2008)

学生たちが、廃墟となった病院に裸のまま繋がれていたいくら嬲っても死なない女に、凌辱を加える猟奇的なスリラー。2008年トロント国際映画祭などの映画祭で上映され、あまりにも異常な狂気が物議を醸した。監督は「チャーリー 世界一かわいい犬と僕が伝えたいこと」(未)のマルセル・サーミエント。さえない学生を「赤ずきん」のシャイロー・フェルナンデスが、さえない学生が思いを寄せる女子を「オン・ザ・ドール」(未)のキャンディス・アッコラが、何をされても死なない女を本作が映画デビュー作となったジェニー・スペインが、女が死なないのをいいことに好き放題し次第に狂気に陥っていく友人を「LOOPER/ルーパー」のノア・セガンが演じる。
シオバン・ファロン(1961)

ホワッツ・イン・ザ・シェッド

「ブラッドナイト」のフランク・サバテラ監督によるホラー。スタンの家にある小屋から怪しげな声が聞こえてくるようになり、不審者を追い出そうと小屋の中に入った者が次々に八つ裂きに。友人のドマーは、これで嫌な奴らに仕返しができると言い出すが……。出演は「X-DAY 黙示録」のジェイ・ジェイ・ウォーレンほか。特集『未体験ゾーンの映画たち2021』にて上映。

ハウス・ジャック・ビルト

第71回カンヌ国際映画祭に出品され、過激な描写で物議を醸したラース・フォン・トリアーの問題作。1970年代のワシントン州。建築家を志す独身の技師ジャックは、ある出来事をきっかけに、アートを創作するかのように、殺人に没頭するようになる……。出演は「マイ・ライフ・メモリー」のマット・ディロン、「エレニの帰郷」のブルーノ・ガンツ、「ニンフォマニアック Vol.1」のユマ・サーマン。

NEW今日命日の映画人 5/13

ドリス・デイ(2019)

ニューヨークの大停電

クロード・マグニアの舞台劇を、この映画製作者で「マーメイド作戦」のエヴェレット・フリーマンと「ベン・ハー(1959)」のカール・タンバーグが脚色、「恐怖の蝋人形」のハイ・アヴァーバックが監督したコメディ。撮影は「レッド・リバーのガンマン」のエルスワース・フレデリックスのニューヨーク・ロケ、音楽は「卒業」のデーヴ・グルーシンが担当した。出演は「おしゃれスパイ危機連発」のドリス・デイ、「プレイラブ48章」のロバート・モース、「大進撃」のテリー・トーマス、「アルバレス・ケリー」のパトリック・オニールほか。製作は、脚本担当のエヴェレット・フリーマンとマーティン・メルチャー。

おしゃれスパイ危機連発

「独身アパート」のフランク・タシュリンとジェイ・ジェイソンが脚本を書き、タシュリンが監督したコメディ。撮影は「華麗なる激情」のレオン・シャムロイ、音楽は「飛べ! フェニックス」のフランク・デヴォールが担当した。出演は「ただいま熱愛中」のドリス・デイ、「ハワイ」のリチャード・ハリス、「ねえ!キスしてよ」のレイ・ウォルストン、「アパートの鍵貸します」のジャック・クラシェンほか。製作はアーロン・ローゼンバーグとマーティン・メルチャー。