当たり屋勘太

あたりやかんた
製作国
アメリカ

ジャンル
ミュージカル

ここが見どころ

サミュエル・ゴールドウィン製作、エディ・キャンター主演のミュージカル映画で、「オペラ・ハット」と同じくクレアランス・バディントン・レランドの小説を基に、「1936年の大放送」「カレッジ・リズム」のノーマン・タウログが監督した。改作と脚本は「ロイドの牛乳屋」のフランク・バトラーが「ヒョットコ六人組」「南瓜とお姫様」のウォルター・デレオン、「ミシシッピ」「カレッジ・リズム」のフランシス・マーティンと協力して書いた。共演は「海は桃色」「百万弗小僧」のエセル・マーマン、ラジオの芸人ハリー・パークを始めとして「ボレロ」のウィリアム・フローリー、「Gウーマン」「バーバリー・コースト」のブライアン・ドンレヴィ、ヘレン・ロウェル、ゴードン・ジョーンズ、シドニー・H・フィールズ、ジャック・ラルー、リタ・リオなど。撮影は「昨日」のメリット・ガースタッドが主として当たり、舞踏場面だけを「結婚の夜」「噫無情」のグレッグ・トーランドが主として担任した。

「当たり屋勘太」のストーリー

小さな学生街で洋服屋を営むエディ・ピンク(エディ・キャンター)は、ナイトクラブの歌手ジョイス(エセル・マーマン)に恋をしていた。エディは元来弱虫なので、「人間かはつかねずみか? 君は何者だ?」という講義録によって、超人的な強い性格になろうと考えていた。友達のブッチ(ゴードン・ジョーンズ)が六年かけて、それもエディの努力で学校を卒業した時、ブッチの母親カースン夫人(ヘレン・ロウェル)は自分の経営する遊園地ドリームランドを息子に任そうとする。ところがブッチが海に出かけたので、エディにお鉢が回ってきた。この遊園地はヴァンス(ブライアン・ドンレヴィ)を頭としたギャングに狙われていて、支配人が次々と殺されていたのだ。そしてギャングは、不正自動機を売り込もうとエディを脅す。カースン夫人と射撃場の娘で支配人秘書のクラリベル(サリー・アイラース)は、エディの身辺を護衛するためパーキヤカカス(ハリー・パー)という男を雇う。ところが、こいつは途方もないとんまだった。そうこうしているうちにヴァンスは、己の支配下にいるジョイスが殺人をしたと見せかけ、それを秘密にする条件の下に、エディに遊園地に自動機を備えることを承諾させる。しかし土壇場でエディは自動機が不正なこと、そしてジョイスにだまされたことを知る。ギャングたちの悪行をすべてレコードに吹き込むと、エディは遊園地中をギャングたちの追跡から逃げ回る。バーキヤカカスがこれに絡み、結果ギャング一味は警察に捕らえられ、エディはクラリベルと結ばれるのだった。

「当たり屋勘太」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「当たり屋勘太」のスペック

基本情報
ジャンル ミュージカル
製作国 アメリカ
製作年 1936
製作会社 ユナイテッド・アーチスツ映画
配給 ユナイテッド・アーチスツ映画日本支社
レイティング

「当たり屋勘太」のみんなのレビュー

「当たり屋勘太」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません