Ray/レイ

れい Ray
上映日
2005年1月29日

製作国
アメリカ

上映時間
152分

ジャンル
伝記
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

ソウル・ミュージックの巨匠、レイ・チャールズの人生を描いた伝記映画。監督・製作・脚本は「プルーフ・オブ・ライフ」のテイラー・ハックフォード。撮影は「戦場のピアニスト」のパヴェル・エデルマン。音楽は「二重誘拐」のクレイグ・アームストロング。編集は「ミッション・トゥ・マーズ」のポール・ハーシュ。出演は「コラテラル」のジェイミー・フォックス、「16歳の合衆国」のケリー・ワシントン、これが映画デビューとなるシャロン・ウォレン、「チャーリーと14人のキッズ」のレジーナ・キング、「アンダーカバー・ブラザー」のアーンジャニュー・エリス、「BONES」のクリフトン・パウエル、「白いカラス」のハリー・レニックス、「ニューヨーク 最後の日々」のリチャード・シフ、「ジングル・オール・ザ・ウェイ」のカーティス・アームストロングほか。2004年ナショナル・ボード・オブ・レヴュー最優秀主演男優賞、2005年ゴールデン・グローブ賞最優秀主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)ほか多数受賞。

みんなのレビュー

  • 如庵

    2020年6月20日に投稿
    100
    • 感動的な
    • 泣ける
    • 重厚感のある
    • かっこいい
    • セクシーな
    • 考えさせられる

    ネタバレ

  • ユーザA

    2020年4月2日に投稿
    90

    ネタバレ

「Ray/レイ」のストーリー

1948年、17歳のレイ・チャールズ・ロビンソン(ジェイミー・フォックス)は、故郷の南部ジョージア州からシアトルに出て、音楽の活動を始める。幼い時に視力を失っている彼は盲目の天才と呼ばれ、やがてバンドの一員としてツアーに参加するが、その頃に麻薬を覚える。54年にはゴスペル・シンガーのデラ・ビー(ケリー・ワシントン)と結婚し、ソロのレコードでヒットを飛ばす。やがて息子が生まれたが、レイはバック・ヴォーカルのメアリー・アン・フィッシャー(アーンジャニュー・エリス)と愛人関係にあった。さらに57年、レイは契約したヴォーカル・トリオ、レイレッツのメンバーであるマージー(レジーナ・キング)を新しい愛人にする。59年、一家はロスに移り、2人目の息子も誕生。レイはアトランティック・レコードからABCレコードに移籍し、60年に『我が心のジョージア』で初のグラミー賞を受賞。しかしレイは名声の裏で、ヘロイン浸りの生活を続けていた。やがてマージーが麻薬で死亡。65年、レイはボストンの空港で、麻薬の密輸で逮捕される。彼は自発的に更生クリニックに入り、麻薬から足を洗った。同時に、彼を長年苦しめていた、弟の溺死事故のトラウマも克服。そして79年、ジョージア州は、かつてコンサートの契約違反で永久追放を宣告したレイの名誉を回復し、『我が心のジョージア』を州歌にするのだった。

「Ray/レイ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「Ray/レイ」のスペック

基本情報
ジャンル 伝記
製作国 アメリカ
製作年 2004
公開年月日 2005年1月29日
上映時間 152分
製作会社 アンヴィル・フィルムズ=ボールドウィン・エンタテインメント
配給 UIP
レイティング
カラー/サイズ カラー

「Ray/レイ」のみんなのレビュー

  • 如庵

    2020年6月20日に投稿
    100
    • 感動的な
    • 泣ける
    • 重厚感のある
    • かっこいい
    • セクシーな
    • 考えさせられる

    ネタバレ

  • ユーザA

    2020年4月2日に投稿
    90

    ネタバレ