殺人会社

さつじんがいしゃ
上映日
1960年12月3日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

バートン・ターカスとシド・フィーダーが共同で書いた実話の同名小説の映画化。脚色アーブ・チュニックとはメル・バーの共同、監督もテレビ出身のバート・バラバンとスチュアート・ローゼンバーグが共同で担当。撮影はゲイン・レシャー、音楽はフランク・イヴァル。出演は「砂漠の女王」のスチュアート・ホィットマン、「嘆きの天使」のマイ・ブリッット、ほかにヘンリー・モーガン、ピーター・フォーク、デイヴィッド・J・スチュアートら。製作バート・バラバン。

「殺人会社」のストーリー

ニューヨークのブルックリン――表向きは衣料会社を名乗る暗黒街の親玉レプケの殺人会社の総本部がある。レブケはある避暑地のナイトクラブを狙っていて、殺し屋リールス(ピーター・フォーク)とバッグを雇った。ジョーイ(スチュアート・ホイットマン)は失業中のナイトクラブの歌手で、妻イーディ(メイ・ブリット)はダンサーだ。リールスはジョーイに金を貸していた。彼はジョーイの手引でナイトクラブの持主を惨殺し逮捕された。が、まもなく会社の弁護士の活躍で釈放された。リールスはイーディに嫌われていた。腹いせにジョーイの留守中、彼女に暴行した。ジョーイは復讐を誓った。リールスは償いにと夫婦を高級アパートに入れてやった。レプケは法廷で証言することになった。そこには自分に不利な証人ローゼンがいた。彼はさっそくローゼンを殺した。警察はレプケを指名手配した。波止場のボス、アナスタシアはレプケに罪を軽くするため自首をすすめた。地方検事補ターカス(ヘンリー・モーガン)は証人を集めた。レプケはリールス、バッグ、ジョーイ夫婦を殺す司令を留置所から発した。イーディはターカスにすべてを告白した。リールスは逮捕された。ジョーイは妻の身を案じて証言を拒否した。ジョーイの証言は絶対の力を持っていた。イーディもジョーイを説得した。彼はきかない。イーディは何者かに絞殺された。リールスも殺された。ついにジョーイは決意した。彼の証言で、レプケ一味の罪はあばかれ、殺人会社は解散した。

「殺人会社」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「殺人会社」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1960
公開年月日 1960年12月3日
製作会社 20世紀フォックス映画
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ モノクロ/シネスコ

「殺人会社」のみんなのレビュー

「殺人会社」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/22

ジェフリー・ディーン・モーガン(1966)

ブレイン・ゲーム

「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスと「ロブスター」のコリン・ファレル競演のスリラー。FBI捜査官から連続殺人事件の捜査に協力を求められたクランシー博士。人並み外れた予知能力を持つ博士は、容疑者が自身以上の能力を持っていることに気づく。出演は、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン、「ジオストーム」のアビー・コーニッシュ。監督は、「トゥー・ラビッツ」のアフォンソ・ポイアルチ。

ランペイジ 巨獣大乱闘

アーケードゲーム『RAMPAGE』を基に「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演で映画化したパニック・アクション。ある遺伝子実験の失敗により巨大化、狂暴化したゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが街を舞台に大乱闘を始める。出演は、「ムーンライト」のナオミ・ハリス、ドラマ『ビリオンズ』のマリン・アッカーマン、ドラマ『GIRLS/ガールズ』のジェイク・レイシー、ドラマ『トゥルーブラッド』のジョー・マンガニエロ、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン。監督は、「カリフォルニア・ダウン」のブラッド・ペイトン。
マルコム・バレット(1980)

ハート・ロッカー

イラクの最前線に駐留を続ける米軍爆弾処理班の危険で過酷な任務の実態を描く。「告発のとき」の原案担当マーク・ボールの現地取材に基づく脚本を、「K-19」のキャスリン・ビグローが監督。全米監督協会賞などで監督賞を受賞したほか、オスカー9部門にノミネート。主演は「ジェシー・ジェームズの暗殺」のジェレミー・レナー。

NEW今日命日の映画人 4/22

該当する人物がいません


「殺人会社」を観ているあなたにおすすめの映画