殺意の週末

さついのしゅうまつ
上映日
1971年10月16日

製作国
アメリカ

ジャンル
サスペンス・ミステリー

ここが見どころ

南フランスのぬけるような青い空の下、巧みに仕組まれた罠が、生き物のようにしなって、若い女に襲いかかるスリラー・サスペンス。製作総指揮はレイモンド・ダノン、製作・監督はアナトール・リトヴァク、脚本はリチャード・ハリスとエレノア・ペリー、原作はセバスチャン・ジャプリゾ、撮影はクロード・ルノワール、音楽はミシェル・ルグランがそれぞれ担当。出演は「コレクター」「ドリトル先生不思議な旅」のサマンサ・エッガー、「恋する女たち」のオリヴァー・リード、ステファーヌ・オードラン、ジョン・マッケナリー、ベルナール・フレッソンなど。

「殺意の週末」のストーリー

秘書のダニー(サマンサ・エッガー)は、ボスのマイケル・コールドウェル(オリバー・リード)から商用のジュネーブ行が急に繰り上がったので、書類のタイプを今夜のうちに彼の家に来て仕上げるよう頼まれた。翌日、徹夜で仕上げた書類を渡し、妻アニタ(ステファーヌ・オードラン)と娘を同行したマイケルを空港に見送ったダニーは、マイケルの純白のマーキュリー・コンバーティブルを運転して帰ろうとした。途中、パリ市内に向かっているつもりが勘違いし、リヨンへの道を進んでいることに気がついた。が、せめてささやかなバカンスでもと思ったダニーは、そのまま車を南へと走らせた。とある町で、ダニーは見知らぬ女に呼びとめられた。昨日、忘れていったコートを預かっているのだという。そんなバカなと、気にせずに進むとガソリン・スタンドが目に入った。ダニーはトイレに入った。突然何者かに頭を殴打され、気を失ったダニーは息を吹き返したが、右手首がはれあがっていた。スタンドの主人に手当てを頼むと、彼は、さっきからあなたは包帯を巻いていたじゃないかと疑わしそうに眉をひそめた。泊まったホテルでダニーは、妙に馴れなれしい男フィリップ(ジョン・マッケナリー)につきまとわれた。不思議な事件の連続に鬱然とした心を紛らすには手頃と思ったダニーの楽しみも、翌日、フィリップが車を盗んで逃げ去ったことで裏切られた。パリ祭で賑わうニースにやってきたダニーは、海岸近くに乗り捨てられた車を発見したが、男の姿はなく、トランクの中には昨日までなかった見知らぬ男の死体が転がっていた。再び姿を現わしたフィリップと死体を闇に葬ろうとしたとき、死体のポケットに、死体の男モーリス・コープに宛てたダニーの署名入り手紙が出てきた。フィリップは一瞬顔色を変え、やっぱり君の犯行だろうとなじるや、姿を消してしまった。その後アリバイ証明の努力も空しく、ダニーの頭はますます混乱していった。最後に手がかりとして死体の男モーリス・コープの邸宅に入ったダニーは驚いた。撮られた覚えのない彼女のヌード写真や、アパートにおいてあるはずの部屋着、コートを発見したのだ。おびえたダニーはマイケルに電話した。出たのはアニタで、ダニーが。今モーリス・コープの家にいることを告げると、慌ててそこを立ち退くように言って切ってしまった。自分の物を全部持って車に戻ったダニーは、あの夜マイケルから受け取った給料袋がそっくりコートにあるのを見つけた。しかし手もとにあるバッグには、ちゃんと給料は入っている。ダニーは、謎を解く糸口を見出した気がした。意を決してモーリスの家に戻ったダニーの前へ、マイケルが銃を持って現われた。彼は、妻のアニタが浮気相手のモーリスと口論したあげく殺してしまい、そのあと始末に、ダニーを犯人に仕立て上げようと工作したことを話した。引き金に手をかけたマイケルに、ダニーは言った。すでに捜査の手はまわっていると。ダニーが帰らぬときは、捜査が開始される手はずになっていたのである。マイケルは身体からすーっと力が抜けるのを感じた。

「殺意の週末」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「殺意の週末」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 1971
公開年月日 1971年10月16日
製作会社 アナトル・リトバク・プロ作品
配給 コロンビア
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「殺意の週末」のみんなのレビュー

「殺意の週末」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません