漂泊い人(1926・アメリカ)

さすらいびと
製作国
アメリカ

ジャンル
コメディ

ここが見どころ

モオリス・サミュエルス氏の舞喜劇をジェームズ・T・オドノヒュー氏脚色し「バグダッドの盗賊(1924)」等と同じくラウール・ウォルシュ氏が監督したパラマウント社特作映画である。ニューヨーク劇壇に於てはフロレンス・リード嬢が大当たりだったティッシャの役はパ社が諾威から招いた新進のグレタ・ニッセン嬢が演じ「猛襲一騎打ち」等出演のウィリアム・コリアー・ジュニア氏「人生の舞台裏」等出演のアーネスト・トーレンス氏「紅百合」等出演のウォーレス・ビアリー氏及び映画初出演のキャスリン・ヒル嬢が出演する他タイロン・パワー氏、キャスリン・ウィリアムス嬢も助演するという壮観である。

「漂泊い人(1926・アメリカ)」のストーリー

ある人2人の子ありしが、次男なる老父に向かい「父よ我に充てらるべき分の財産を我に賜え」と云いしかば父は子等に財産を分てり(ルカ伝第15章)--次男はイエテルといって優男で空想家だった。羊を牧しバビロンから来た隊商の通るのを眺めた。象背に打ち乗った美しいティッシャは彼に微笑した。彼はたちまち恋の虜となり、ティッャに影の如く付き従う心邪まなる男トーラにそそのかされ、その受け継ぐべき財産を貰って共に邪悪の都バビロンへ赴いた。彼女の愛はほんのつかの間夢だった。贅沢な生活と賭博とで彼が丸裸になった時、海を渡ってファリスという船長がやって来て黄金と宝石とでティッシャを誘ってしまった。白髪の予言者が邪淫の都バビロンの街街を神の手は打ち砕かんと叫んで歩いた。ティッシャが信ずる愛の女神イシュウターの宮殿で大饗宴が催された時、雷閃き雷鳴り宮殿の柱は砕けた。かくて瞬時にしてバビロンの都は廃墟と化した。イエテルは邪神を信じなかった故に一命を完うし砂漠をさすらう人となった。かくて幾週か死の如き砂漠を彷徨してようやく故郷に帰った。慈母と厳父は最も肥えた牛を料理して放蕩息子を饗し、幼馴染みの乙女ナオミは彼に抱かれた。

「漂泊い人(1926・アメリカ)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「漂泊い人(1926・アメリカ)」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1926
製作会社 パラマウント映画
レイティング

「漂泊い人(1926・アメリカ)」のみんなのレビュー

「漂泊い人(1926・アメリカ)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/17

オリヴィア・ハッセー(1951)

マザー・テレサ

貧困と飢えに苦しむ人々のため、87年の生涯を捧げた伝説の修道女マザー・テレサの人生を映画化。テレサを演じるのは、「ロミオとジュリエット」で世界を魅了したオリヴィア・ハッセー。監督はイタリアでTVを中心に活躍するファブリツィオ・コスタ。

ナザレのイエス

2千年の歴史をもつキリスト教の原点であり到達点でもあるイエス・キリストに焦点を当て、キリストの波乱に富んだ生涯を描く。製作はサー・リュー・グレード、監督は「チャンプ」のフランコ・ゼフィレッリ、脚本はアンソニー・バージェス、スーゾ・チェッキ・ダミーコとフランコ・ゼフィレッリ、撮影はデイヴィッド・ワトキンとアルマンド・ナンヌッツィ、音楽はモーリス・ジャール、美術はジャンニ・クァランタ、衣裳はマルセル・エスコフィエとエンリコ・サバティーニが各々担当。出演はロバート・パウエル、オリヴィア・ハッセー、アン・バンクロフト、アーネスト・ボーグナイン、ジェームズ・ファレンティーノ、ジェームズ・アール・ジョーンズ、ステイシー・キーチ、ジェームズ・メイソン、イアン・マクシェーン、ローレンス・オリヴィエ、ドナルド・プレゼンス、アンソニー・クイン、フェルナンド・レイ、ロッド・スタイガー、ピーター・ユスティノフ、マイケル・ヨーク、シリル・キューサック、イアン・ホルム、ヨルゴ・ボヤジスなど。
ショーン・ビーン(1959)

ウルフウォーカー

過去三作がアカデミー賞候補になったカートゥーン・サルーンが、アイルランドの伝説を題材に作り上げたアニメーション。オオカミ退治のハンターを父に持つロビンは、人間とオオカミが一つの体に共存する“ウルフウォーカー”のメーヴと友だちになるが……。声の出演はNetflix「クリスマス・プリンス」のオナー・ニーフシー、「オデッセイ」のショーン・ビーン。監督は「ブレンダンとケルズの秘密」、「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」のトム・ムーアがロス・スチュワートと共同で務めた。

ドローン・オブ・クライム

「サイレントヒル」シリーズのショーン・ビーン主演のスリラー。特集企画『のむコレ』にて上映。

「漂泊い人(1926・アメリカ)」を観ているあなたにおすすめの映画