あたしは別よ

あたしはべつよ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「妾は天使じゃない」「罪じゃないわよ」に先じて製作されたメイ・ウェスト主演映画で、原作はメイ・ウェスト。「恐怖の甲板」のハーヴェイ・シュウと「百万円貰ったら」のジョン・ブライトが共同脚色、「キャバレエの鍵穴」「勝利の朝」の故ローウェル・シャーマンが監督に当たり、「ゆりかごの唄」「戦場よりさらば」のチャールズ・ラングが撮影した。共演者はケーリー・グラント、「三日姫君」「ミス・ダイナマイト」のギルバート・ローランド、「カンターの闘牛師」のノア・ビアリー、オーエン・ムーア、デイヴィッド・ランドー、ラファエラ・オッティアノ、ロチェル・ハドスンなど。

「あたしは別よ」のストーリー

1890年代。紐育の歓楽の中心バワリーは罪悪の巷であった。ルー(メイ・ウェスト)はバワリーの夜の女王として、ガス(ノア・ビアリー)の酒場で嬌名を謳われる女だった。ルーは金のために男を弄ぶ質の女で、チック(オーエン・ムーア)という男は彼女のためにダイヤモンドを盗んで刑務所に入っているくらいだ。ルーはガスの囲い女であるが、夜毎美貌で酒場に集まる客を悩殺していた。ガスの商売敵ダン(デイヴィッド・ランドー)もルーを慕う男の1人で、ガスを失脚させルーを己が手に入れようとと企んでいた。ガスは酒場を経営する傍ら、リタ(ラファエラ・オッティアノ)というはすっぱ女と、インチキ宿を共同経営していた。リタの情夫セルゲー(ギルバート・ローランド)もルーに恋慕していたが、当のルーは酒場にお説教をしにくる救世軍士官カミングス(ケーリー・グラント)に、心を惹かれていた。ある日ルーは、自殺しようとしている娘サリー(ロチェル・ハドスン)を救い、彼女の面倒をガスに頼む。ところがガスはリタと共謀して、サリーをインチキ宿で働かせる。サリーの行方についてカミングスがルーを尋ねてきたとき、何も知らないルーはひたすら好意を示すが、カミングスはどこまでも紳士の態度を捨てなかった。カミングスが家賃を払えなくて教会を去ると聞くや、ルーは身銭を切って家賃を払うほど、彼に恋焦がれていた。ところがリタはセルゲーをルーに取られたと勘違いしてルーを殺そうとし、争って自分の刃で自ら刺してしまう。そこにチックが脱獄してきてルーに復縁を迫り、彼女に男ができたと知って嫉妬に狂い、ちょうど舞台に立っていたルーに合図を送って部屋に消えたダンを射殺した。ガスの悪事の確証を握ったカミングスは部下を連れてガスの酒場に乗り込み、ガスの一味と共にチックも逮捕し、ルーを証人として連行しようとする。ルーはカミングスが今まで変装していたと知るやふてくされたが、カミングスはルーが噂とは反対に、数々の善行を重ねていることを知る。今や愛し合うふたりは車で新婚旅行へ出発するのだった。

「あたしは別よ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「あたしは別よ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1933
製作会社 パラマウント映画
レイティング

「あたしは別よ」のみんなのレビュー

「あたしは別よ」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません