サギ師とウソつき患者

さぎしとうそつきかんじゃ
上映日
1992年1月18日

製作国
アメリカ

ジャンル
コメディ

ここが見どころ

億万長者の遺産をめぐる悪だくみに巻きこまれた刑務所帰りのサギ師と、精神病院帰りの誇大妄想狂の引き起こす騒動を描くスラップスティック・コメディで、ワイルダー=プライヤー・コンビ15周年の4作目。監督にプロモ・ビデオ出身で「アメリカン・ウェイ」のモーリス・フィリップス、製作・脚本はTVショー出身のジギー・スタインバーグ、エグゼクティヴ・プロデューサーはテッド・ザカリー、撮影はヴィクター・J・ケンパー、音楽はチャールズ・グロスが担当。

「サギ師とウソつき患者」のストーリー

エディ(リチャード・プライヤー)はハリウッドを根城にするケチなサギ師。仮釈放中の彼は規定の社会奉仕をこなさねばならない。どうせなら楽な仕事をと、精神病院の退院患者の面倒をみる仕事を選ぶ。その患者というのが病院で3年5ヵ月を過ごした、大嘘つきで誇大妄想狂のジョージ(ジーン・ワイルダー)。外の世界への不安に怯えながらも仲間の励ましでやっと退院したジョージは、迎えにきたエディを一目で気に入った。嫌悪感を露骨に示すエディの方は、隙あらば有り金を巻き上げて逃げ出す腹だった。だが、通りがかりの太った男にジョージがエイブと呼ばれ大金を渡され、さらに高級レストランで金持ち風の夫妻に歓待され、妻と名乗る美人のイレイン(マーセデス・ルール)まで現れたことで、千載一遇の金儲けのチャンスとばかり、エイブの豪邸にしばらく居つくことにした。次の夜、エイブの会社の代理人ディッブス(スティーブン・ラング)が現れ、ジョージを億万長者エイブ・フィールディングであると断言した。夢のような生活。だが、全てはディッブスが合法的に財産を継承するための陰謀だった。そのためにエイブと称する男の死体が必要だったのである。ディッブスはエディを買収し、ジョージを殺させようとする。一方、ニセ妻のイレインはジョージの執拗な夜の夫婦関係攻勢から逃げ回っていたが、ビヤホールでヨーデルを合唱したことから恋に落ちる。殺人決行のカモ狩りの日、一発の銃声が聞こえた。葬式の日、得意気に弔辞を述べるディッブス。だが、棺の中からヨーデルの歌声が__いつしかジョージを好きになっていたエディは彼を殺さなかったのだ。ディッブスは逮捕され、遺産はジョージの手に。意気軒昂となったジョージは人々の前でまくしたてる。「私の本名はジョージ・ワシントンである」。

「サギ師とウソつき患者」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「サギ師とウソつき患者」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1991
公開年月日 1992年1月18日
製作会社 トライスター映画作品
配給 コロンビア トライスター
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「サギ師とウソつき患者」のみんなのレビュー

「サギ師とウソつき患者」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/5

サラ・ジェシカ・パーカー(1965)

ローマ発、しあわせ行き

『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーと「これが私の人生設計」のラウル・ボヴァが共演するロマンティック・コメディ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。
松山ケンイチ(1985)

BLUE/ブルー

ブレイブ 群青戦記

笠原真樹によるコミック『群青戦記グンジョーセンキ』を「亜人」の本広克行監督が実写化。スポーツ名門校の弓道部に所属する西野蒼は、自分に自信が持てず落ち込む毎日。そんなある日、校庭に一本の雷が落ち、学校の外の風景は見渡す限りの野原となってしまう。出演は「十二人の死にたい子どもたち」の新田真剣佑、「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の山崎紘菜。

NEW今日命日の映画人 3/5

ジョン・ベルーシ(1982)

Oh!ベルーシ 絶体絶命

シカゴの辣腕記者と、ロッキー山脈に住むマスコミ嫌いの鳥類学者の恋を描くロマンチック・コメディ。製作はボブ・ラーソン、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグと、「ブルース・ブラザース」のバーリン・ブリルスタインが担当。「歌え! ロレッタ 愛のために」のマイケル・アブテッドが監督。脚本はローレンス・カスダン、撮影はジョン・ベイリー、音楽はマイケル・スモールが各々担当している。出演はジョン・ベルーシ、ブレア・ブラウン、アレン・ゴーウィッツ、ライアム・ラッセルなど。

ネイバーズ(1982)

静かな生活が,隣人夫婦のために破壊されるという喜劇。製作はリチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウン、製作指揮はアーヴィング・ポール・レーザー、バーニー・ブリルスタイン、監督は「ふたりでスローダンスを」のジョン・G・アヴィルドセン。トーマス・バーガーの『危険な隣人』(早川書房刊)をラリー・ゲルバートが脚色。撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャスリン・ウォーカー、キャシー・モリアーティ、ローレン=マリー・テイラーなど。