砂漠の星影

さばくのほしかげ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「シーク」の原作者として知られているエディス・M・ハル夫人の小説に基づきフレデリック・ハットン氏とファニー・ハットン女史が脚色し「嵐の娘(1949)」「自由結婚」等と同じくジォージ・アーチェンボード氏が監督したもので、主役はユニヴァーサルのスターであつたフランク・メイオ氏、「愚か者の楽園」「湖畔の思い出」等出演のミルドレッド・ハリス嬢「メアリー・ゴー・ラウンド」「五番街のモデル」等出演のノーマン・ケリー氏、今エフ・ビー・オーのスターなるエヴェリン・・ブレント嬢等である。

「砂漠の星影」のストーリー

イギリス名門のバリー・クレヴンはインドへ滞在中、かつて同じ大学で学んだアラビア大酋長の息子セッドと遇つた。バリーはインドの乙女ロレアーと同棲していたが・一日セッドと共にあるカフェーでジョン・ロックと云う美術家と彼の娘ジリアンとに逢い、セッドは美しいジリアンに恋心を起したが、ジリアンはバリーに恋してこれを受入れなかつた。ロレアーはバリーが自分を棄てると誤解して自殺したので、バリーは彼女の幻影に常に苦しめられるようになつた。後イギリスに帰つてバリーはジリアンと結婚したがロレアーの幻影に附き纏われ、セッドから誘われるまゝにアルゼリアへ行き、反抗を起した蕃族の討伐に赴いた。彼は自分の苦悩の原因を妻ジリアンに書残したので、ジリアンは自ら蕃地へ夫の跡を追つて来た。彼女が捕えられようとしたとき、バリーとセッドとは彼女を救い出した。かくしてバリーの恐怖の影も消え、改めて幸福な生涯に入った。

「砂漠の星影」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「砂漠の星影」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1924
製作会社 フォックス映画
配給 フォックス支社
レイティング

「砂漠の星影」のみんなのレビュー

「砂漠の星影」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/15

カロリン・ダヴァーナス(1978)

エスケイプ

エイドリアン・ブロディが製作総指揮、主演を務めたシチュエーションスリラー。大破した車の中で目覚めた男。脚を挟まれて身動きが取れず、記憶も一切失くしてしまった彼が、かすかな手掛かりを頼りに自分の正体と事件の真相を解き明かしていく。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:クレイ・エプスタイン 製作:カイル・マン 監督:マイケル・グリーンスパン 脚本:クリストファー・ドッド 製作総指揮・出演:エイドリアン・ブロディ 出演:カロリン・ダヴァーナス/ライアン・ロビンズ/エイドリアン・ホルムス

A TIME OF WAR

近代戦でもっとも過酷な戦場のひとつ“パッシェンデールの戦い”を描いた戦争アクション。フランスで傷を負いカルガリーへ戻って来たマイケル軍曹は、陸軍看護師・サラの弟が喘息持ちであることを隠して兵隊に志願したことを知り、再び戦場へ戻るが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・出演:ポール・グロス 製作:フランシス・ダンバーガー 撮影:グレゴリー・ミドルトン 音楽:ヤン・A・P・カチュマレク 出演:カロリン・ダヴァーナス/ギル・ベローズ/ジョー・ディニコル/アダム・ハリントン
ニコラス・ハモンド(1950)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 5/15

該当する人物がいません


「砂漠の星影」を観ているあなたにおすすめの映画