盛り場の大蜘蛛

さかりばのおおぐも
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「西部戦線異常なし」に出演して名声を得た舞台名優ジョン・レイ氏主演の第1回作品で、「ストリート・ガール」「グレイト・ガッポ」のベティー・カンプソン嬢と「ストリート・ガール」「焼き餅騒動絹の靴下」のジョン・ハロン氏が相手役を勤め「職業婦人」「曠野の志士」の監督をしたキング・バゴット氏、「摩天楼の巨人」のクロード・アリスター氏、「夢の港」のエドモンド・ブリーズ氏、「某重大事件」のウィルバー・マック氏等が助演している。原作はジーン・タウン氏が筆をとり並びに撮影台本を書いたもので、監督には「娘喜べ水兵上陸」「スキナーの昇給」のウィリアム・ジェームズ・クラフト氏が当った。キャメラは「ブロードウェイ(1929)」「ノアの箱船」と同じくハル・モーア氏が担任である。

「盛り場の大蜘蛛」のストーリー

ナイト・クラブ「エル・ドラドォ」を経営するモートン・ブラドレイはニューヨーク暗黒街切っての大親分として飛ぶ鳥も落す勢力をもった男だった。従ってその性質も豪胆で人の生命を奪うことなどは朝飯前の仕事であり、多くの悪漢どもからは尊敬されると同時に恐れられていたが、その反面彼はその凶悪の王者に似ない情愛をも持っている男であった。モートンの唯一の敵というのは、マクナップの主宰するタイムス紙で、マクナップはこのモートンを紙上で時々皮肉に攻撃した。そしてなお未だ世間に知られていないモートンの内輪話をさぐり出そうという目的から若い探訪記者のジェイ・グラントを遠くサンフランシスコから呼びよせた。ジェイはナイト・クラブの「エル・ドラドォ」へ単身出かけたが、そこで彼は踊り子コニイの美しさに惹きつけられた。都なれないジェイの態度を見て興味を感じたモートンは珍しい所を方々引張り回してやる。最後にモートンはジェイを自分の家へ連れて来てポーカーをやった。ジェイは負けた。そして数のよく分からないジェイは1万2000ドルの負けをしたのに1週10ドルの割合で返済するとモートンに言った。この稚気がすっかり気に入ったモートンはジェイを探訪記者とは知らずに家へ同居させた。ジェイは踊り子のコニイに自分の愛を語った。コニイも彼を嫌ってはいなかった。2人の仲の良いのを見たモートンは初め面白くない気持ちでいたが、その反対する気持ちもだんだん薄らいでいくのであった。ところがモートンがジェイを連れて同じ悪党仲間のボルトンの所へ賭博に行った時、ジェイは新聞社の徽章を落しその素性が判ってしまった。何も知らずにいただけにモートンの怒りは大きかった。欺かれたと気づいた彼は子分のフランシスと「エル・ドラドォ」の前で会ってジェイを亡き者にせんと相談をした。この時、突如勝負のことから仲違いとなったボルトンの一味が現われて2人に弾丸の雨を浴びせた。モートンは重傷を負って病院に収容された。ジェイとコニイは病床にある彼を見舞った。ジェイに対する怒りも解けたモートンはジェイにそれとなく自分の身の上を話したのであった。ジェイは新聞種が取れたので喜んだ。そしてコニイの止めるのも聞かず彼は新聞社に帰ってモートンの物語を書こうとした。だがジェイがペンをとり上げた時モートン死去の報は伝えられた。ジェイは流石に亡き人の過去を暴くのを断念し自ら職を辞してしまった。かくてコニイと会ったジェイは恩人の冥福を祈りつつ新しい未来の首途に立ったのであった。

「盛り場の大蜘蛛」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「盛り場の大蜘蛛」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1930
製作会社 ユニヴァーサル映画
配給 大日本ユニヴァーサル社輸入
レイティング

「盛り場の大蜘蛛」のみんなのレビュー

「盛り場の大蜘蛛」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません