サイレンサー 破壊部隊

さいれんさーはかいぶたい Wrecking Crew
上映日
1969年4月8日

製作国
アメリカ

上映時間
105分

ジャンル
アクション ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

ドナルド・ハミルトンのスパイ小説を、「宝石を狙え ゴールデン・ブル作戦」のウィリアム・P・マッギヴァーンが脚色、「サイレンサー 沈黙部隊」のフィル・カールソンが監督したシリーズの4作目。撮影は「招かれざる客」のサム・リーヴィット、音楽は「サイレンサー・待伏部隊」のヒューゴー・モンテネグロが担当している。出演はおなじみのディーン・マーティン、「ラスベガス強奪作戦」のエルケ・ソマー、「哀愁の花びら」のシャロン・テイト、ほかに「大爆発」のナンシー・クワン、「踊れサーフィン」のティナ・ルイスなど。製作はアーヴィング・アレン。

「サイレンサー 破壊部隊」のストーリー

デンマークで列車がおそわれ、50億ドルの金塊が奪われるという事件が起こった。通知をうけたICEのチーフ、マクドナルドは、カメラ片手に女の子にヤニ下がっている、マット(ディーン・マーティン)の尻をたたき、コペンハーゲンに発たせた。ホテルでマットは旅行案内係と称する女、フレヤ(シャロン・テイト)を知った。マットは彼女とともに強盗の頭目と目されるコンチーニ伯爵の邸を訪れたが捕まえられた。特製の毒ガス・カメラで逃げ出したが、次にはユー・ランという女とその一味に襲われ、命からがら逃げ出した。ユー・ランそして伯爵の女リンカ(エルケ・ソマー)が次々とマットをお色気戦法でせめてきた。だが、その度にフレヤがわりこんできた。実は彼女は英国のスパイだった。やがてマットとマクドナルド、そしてフレヤはユー・ランの罠におち一味に監禁されてしまった。その間一味は壁にぬりこめておいた金塊を取り出し、脱出を計った。やっと罠からのがれたマットは組立て式のミニ・コプターを作り、フレヤとともに乗り込み、走る列車に空から襲撃をかけ、首領に迫り、コンチーニ伯爵と大格闘の末、金塊を取り返した。

「サイレンサー 破壊部隊」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「サイレンサー 破壊部隊」のスペック

基本情報
ジャンル アクション ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1968
公開年月日 1969年4月8日
上映時間 105分
製作会社 アーヴィング・アレン・プロ
配給 コロムビア映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「サイレンサー 破壊部隊」のみんなのレビュー




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません