サイレンサー 沈黙部隊

さいれんさーちんもくぶたい
上映日
1966年6月4日

製作国
アメリカ

ジャンル
アクション
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

ドナルド・ハミルトンの小説“マット・ヘルム”シリーズのうちから「沈黙部隊」のオスカー・ソウルが脚色、「ランページ」のフィル・カールソンが監督したスパイ・アクション。撮影は「ちょっとご主人貸して」のバーネット・ガフィー、音楽は「ビッグトレイル(1965)」のエルマー・バーンスタインが担当した。出演は「結婚専科」のディーン・マーティン、「底抜け大学教授」のステラ・スティーヴンス、「ロード・ジム」のダリア・ラビ、「ふるえて眠れ」のヴィクター・ブオノ、「夢の渚」のアーサー・オコンネル、「ブラック・タイツ」のシド・チャリシーなど。製作はアーヴィング・アレン。

「サイレンサー 沈黙部隊」のストーリー

スパイ戦の第一戦を退き美しい秘書と余暇を楽しんでいるマット・ヘルム(ディーン・マーティン)のところへ、ICE本部から電話が入った。有無をいわせぬ呼び出しで、パートナーには、彼が以前愛していたティナ(ダリア・ラビ)が選ばれていた。敵は中国人タン・ツェの組織で、彼らのねらいは、米空軍のミサイル実験を利用し、電波誘導で合衆国南西部一帯を死の灰でつつんでしまおうというのだ。ICEはそれを阻止しなければならない。マットとティナは、指令でニューメキシコに出発した。途中フェニックス・ホテルに落ちついて間もなく2人は、ゲイル(ステラ・スティーヴンス)と名のるグラマー女性と知りあい、彼女は2人にオルガン弾きガンサーを紹介した。マットはこの2人をあやしいと思いながらも正体をつかめなかった。その夜ホテルのショウ・ルームで、裏切った合衆国科学者が手に入れたマイクロ・フィルムが敵の手に渡されるという情報が入った。ショウ・ダンサーのサリータ(シド・チャリシー)が客の1人からマイクロ・フィルムを受けとり、衣裳の間にかくし、舞台中央に戻った時、彼女は何者かに射殺された。すぐに死体にかけより、マイクロフィルムを奪ったのはゲイルだった。マットはゲイルをとらえ訊問したが、彼女は何も知らないと言いはるのだった。いつのまにかティナもそばに来ていた。その頃ICE本部から指令が入り、マットはゲイルをつれて出発した。ゲイルは車の中でも、自分は事件には関係ないと強硬に言いはるのだった。途中の山道で車は敵にかこまれ、一時は逃げられたものついに敵の一味にとらえられ、本部につれていかれた。なんとそこにはティナがいた。彼女は2重スパイだったのだ。マットはすきをみて、才知と新型兵器を使い、敵の本部を爆破、一味を全滅させた。数日後、自宅でくつろぐマットのかたわらには、ゲイルがほほえんでいた。

「サイレンサー 沈黙部隊」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「サイレンサー 沈黙部隊」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 1966
公開年月日 1966年6月4日
製作会社 アメッドウェイ・クラウド・プロ映画
配給 コロムビア
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「サイレンサー 沈黙部隊」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。