サイレンサー 沈黙部隊

さいれんさーちんもくぶたい
上映日
1966年6月4日

製作国
アメリカ

ジャンル
アクション
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

ドナルド・ハミルトンの小説“マット・ヘルム”シリーズのうちから「沈黙部隊」のオスカー・ソウルが脚色、「ランページ」のフィル・カールソンが監督したスパイ・アクション。撮影は「ちょっとご主人貸して」のバーネット・ガフィー、音楽は「ビッグトレイル(1965)」のエルマー・バーンスタインが担当した。出演は「結婚専科」のディーン・マーティン、「底抜け大学教授」のステラ・スティーヴンス、「ロード・ジム」のダリア・ラビ、「ふるえて眠れ」のヴィクター・ブオノ、「夢の渚」のアーサー・オコンネル、「ブラック・タイツ」のシド・チャリシーなど。製作はアーヴィング・アレン。

「サイレンサー 沈黙部隊」のストーリー

スパイ戦の第一戦を退き美しい秘書と余暇を楽しんでいるマット・ヘルム(ディーン・マーティン)のところへ、ICE本部から電話が入った。有無をいわせぬ呼び出しで、パートナーには、彼が以前愛していたティナ(ダリア・ラビ)が選ばれていた。敵は中国人タン・ツェの組織で、彼らのねらいは、米空軍のミサイル実験を利用し、電波誘導で合衆国南西部一帯を死の灰でつつんでしまおうというのだ。ICEはそれを阻止しなければならない。マットとティナは、指令でニューメキシコに出発した。途中フェニックス・ホテルに落ちついて間もなく2人は、ゲイル(ステラ・スティーヴンス)と名のるグラマー女性と知りあい、彼女は2人にオルガン弾きガンサーを紹介した。マットはこの2人をあやしいと思いながらも正体をつかめなかった。その夜ホテルのショウ・ルームで、裏切った合衆国科学者が手に入れたマイクロ・フィルムが敵の手に渡されるという情報が入った。ショウ・ダンサーのサリータ(シド・チャリシー)が客の1人からマイクロ・フィルムを受けとり、衣裳の間にかくし、舞台中央に戻った時、彼女は何者かに射殺された。すぐに死体にかけより、マイクロフィルムを奪ったのはゲイルだった。マットはゲイルをとらえ訊問したが、彼女は何も知らないと言いはるのだった。いつのまにかティナもそばに来ていた。その頃ICE本部から指令が入り、マットはゲイルをつれて出発した。ゲイルは車の中でも、自分は事件には関係ないと強硬に言いはるのだった。途中の山道で車は敵にかこまれ、一時は逃げられたものついに敵の一味にとらえられ、本部につれていかれた。なんとそこにはティナがいた。彼女は2重スパイだったのだ。マットはすきをみて、才知と新型兵器を使い、敵の本部を爆破、一味を全滅させた。数日後、自宅でくつろぐマットのかたわらには、ゲイルがほほえんでいた。

「サイレンサー 沈黙部隊」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「サイレンサー 沈黙部隊」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 1966
公開年月日 1966年6月4日
製作会社 アメッドウェイ・クラウド・プロ映画
配給 コロムビア
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「サイレンサー 沈黙部隊」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/3

安井昌二(2014)

小梅姐さん

「炭坑節」や「黒田節」など多くの民謡をヒットさせ、NHK紅白歌合戦でも美声を聞かせた芸者出身の歌手・赤坂小梅の生誕100周年を記念して製作されたドキュメンタリー。生まれ育った筑豊や芸者修行に励んだ北九州など彼女ゆかりの地を訪ね、数々の記録映像や関係者へのインタビューを交え、歌一筋に生きた彼女の生涯に迫る。監督は『ハイビジョンふるさと発~有明海に生きるカメラマンの物語~』などのドキュメンタリー番組を数多く手掛けた山本眸古。ナレーションを「悪名」の水谷八重子、作曲・音楽アドバイザーを「上方苦界草紙」の本條秀太郎が担当した。赤坂小梅。本名、向山コウメは明治39年(1906)年4月、福岡県川崎町に9人兄姉の末っ子として生まれる。16歳の時に自ら芸者を志し北九州の置屋「稲本」に。通常1年間の芸者修行を3ヶ月でこなし、1年で芸者デビュー、“梅若”を名乗る。昭和4(1929)年、九州一円の民謡研究のため小倉を訪れていた野口雨情、藤井清水らに認められ、レコードデビューを果たし、同6年に上京。同8年、コロムビアから発売した「ほんとにそうなら」が大ヒット。以来、端唄、舞踊小唄などを含め、多くの流行歌や民謡をレコーディングしヒットさせた。NHK紅白歌合戦にも4回出場、その豪放磊落な性格から多くの文化人や政・財界人などに愛され、大衆から支持された。酒豪でも知られ、恰幅のいい体型が特徴的だった彼女は昭和56(1981)年4月、75歳で引退。晩年は民謡の普及や福祉活動に勤しみ、平成4(1992)年1月17日死去。享年85歳であった。

楳図かずお恐怖劇場 まだらの少女

人の憎しみが生み出す蛇の呪いの恐怖を描いた中篇ホラー。監督は「恋する幼虫」の井口昇。楳図かずお原作の同名コミックを基に、「ホラ~番長 稀人」の小中千昭が脚色。撮影を「着信アリ2」の喜久村徳章が担当している。主演は、「Last Quarter 下弦の月」の中村有沙と「TRICK  劇場版」の成海璃子。尚、本作は「楳図かずお恐怖劇場」の中で、「ねがい」と2本立公開された。楳図かずおデビュー50周年作品。