サイドウォーク・ストーリー

さいどうぉーくすとーりー
上映日
1990年11月9日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ニューヨークの路上に生きる人々の生活をモノクロ、サイレントの不思議なタッチで描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはハワード・M・ブリックナーとヴィッキー・レーベンバウム、製作・監督・脚本・主演を兼ねるのはチャールズ・レーン。撮影はビル・デイル、音楽はマーク・マーダーが担当。レインのほかにニコール・アリシア、サンディ・ウィルソンらが出演。

「サイドウォーク・ストーリー」のストーリー

舞台はニューヨーク、大都会の喧騒とは無縁なダウンタウンのヴィレッジのストリート。そこには似顔絵を描く人、ラップのパフォーマンスをする人、ギャンブルに興じる人など様々な人々が生活している。そんな中で通りを行く人たちの似顔絵を描いて生計をたて、廃墟のビルに住む男(チャールズ・レーン)がいた。ある日彼の目の前で子連れのカップルが喧嘩別れをする。その後カッブルの男が殺害される現場に偶然居合わせてしまい、男は置きざりにされた子供(ニコール・アリシア)の面倒を見ることになってしまった。その日から2人は仕事の時も、寝る時も、何をするにも一緒の生活。気ままな暮らしに馴れていた男は振り回され、混乱していった。そしてベビー用品を盗みに入った店で、以前似顔絵を描いたことのある若い女性(サンディ・ウィルソン)に偶然再会し、淡い恋心が芽生えるようになる。彼女は2人を豪華な自宅に招き、食事をごちそうし、楽しい時間を過ごす。だが幸福は長くは続かない。子供をいつかは本当の親に返さなければならないのだ。そして、いよいよ別れの時が来た。牛乳のパックに印刷された、子供を捜す広告を見てついに男は子供を母親のもとに返したのである。切ない想いを抱く男の胸に、ホームレスたちの生きるための叫びが深く染み込んでいくのだった。

「サイドウォーク・ストーリー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「サイドウォーク・ストーリー」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1989
公開年月日 1990年11月9日
製作会社 リノセロス・プロ作品
配給 にっかつ
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ モノクロ/ビスタ

「サイドウォーク・ストーリー」のみんなのレビュー

「サイドウォーク・ストーリー」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/15

エマ・トンプソン(1959)

クルエラ

ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」のスタジオライカによるストップモーションアニメ。ヴィクトリア朝時代のロンドン。孤独な探検家・ライオネル卿は、伝説の生物を探し求めてアメリカ北西部へと旅立つ。そこで発見したのは、人間の言葉を話す生きた化石だった。声の出演は「グレイテスト・ショーマン」のヒュー・ジャックマン、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのゾーイ・サルダナ。監督は「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」の脚本を手がけたクリス・バトラー。第77回(2019年)ゴールデン・グローブ賞でアニメーション映画賞を受賞。
メイジー・ウィリアムズ(1997)

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。

ニュー・ミュータント

運命に抗う若者たちの闘いを描いたマーベル・コミック原作のSFアクション。未熟さゆえに特殊能力を制御できず、辛い過去を背負った5人の若者。極秘施設で訓練を受ける彼らの前に、突如謎のモンスターが現れる。恐怖で錯乱する中、さらなる危機が…。

「サイドウォーク・ストーリー」を観ているあなたにおすすめの映画