再生の彼

さいせいのかれ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「愛欲の絆」「真紅の海」に次ぐリチャード・バーセルメス氏主演の映画で氏の最初の発声映画として製作されたものである。コートニー・ライリー・クーパー氏の原作を「真紅の海」のブラッドリー・キング女史が脚色し、「情炎の美姫」「あこがれ」のフランク・ロイド氏が監督した。助演者は「真紅の海」「煩悩」のベティー・カンプソン嬢を筆頭に、新顔のルイ・ナトー氏・ジョージ・E・ストーン氏、ウィリアム・ホールデン氏等で、「愛欲の絆」「高速度娘蕾の巻」のアーネスト・ホーラー氏が撮影している。

「再生の彼」のストーリー

ニューヨークの暗黒街に覇を唱えるジェリー・ララビーは酒の密輸入団の団長だったが、彼は伊達姿にふさわしい美しい声の持ち主であり且つピアノ弾奏に長けていた。彼は美しい情婦のアリスと一緒に贅沢なアパートメント住いをして好きな流行唄を口ずさんではアリスを悦ばせていた。ところがかジェリーと対立している一団の首魁スパドーニの密告の結果彼は刑務所につながれる身の上となった。彼はスパドーニに復讐してやろうという一念で出獄の日を待っていたが刑務所長は温情に富んだ人で囚人の境遇に同情して彼らの荒んだ心を和らげるのに妙を得ていて、復讐の鬼のようなジェリーさえ遂に善良な模範囚人となるように感化した。人生は流るる河である、行きなやむ水ほど大河へ出る日が近い、という刑務所長の教えを深く胸に刻んだジェリーは、この感銘を主題として「悩める河」という歌を作曲した。そしてある時刑務所のオーケストラがラジオ放送をした時、彼はこの歌を自ら弾きながら歌った。アリスは久し振りで愛人の声を聞き過ぎ去った楽しい日を偲んで涙ぐんだ。ジェリーは放送界の人気者となり賞賛されたが、特赦の日が来て出獄するとやはり世間は彼を前科者として冷やかに白眼視した。ジェリーは身を置くところがないので昔ながらに彼を歓迎してくれる仲間の許へ赴いた。すると邪魔者が戻ったのを気にするスパドーニはジェリーを殺しに押掛け、一夜大衝突が起った。しかし刑務所長とアリスとの努力でジェリーは無事だった。彼はこの2人の愛に救われ正しい人の道をあゆむ人となったのである。

「再生の彼」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「再生の彼」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1929
製作会社 ファースト・ナショナル映画
レイティング

「再生の彼」のみんなのレビュー

「再生の彼」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/13

キャンディス・アッコラ(1987)

デッドガール(2008)

学生たちが、廃墟となった病院に裸のまま繋がれていたいくら嬲っても死なない女に、凌辱を加える猟奇的なスリラー。2008年トロント国際映画祭などの映画祭で上映され、あまりにも異常な狂気が物議を醸した。監督は「チャーリー 世界一かわいい犬と僕が伝えたいこと」(未)のマルセル・サーミエント。さえない学生を「赤ずきん」のシャイロー・フェルナンデスが、さえない学生が思いを寄せる女子を「オン・ザ・ドール」(未)のキャンディス・アッコラが、何をされても死なない女を本作が映画デビュー作となったジェニー・スペインが、女が死なないのをいいことに好き放題し次第に狂気に陥っていく友人を「LOOPER/ルーパー」のノア・セガンが演じる。
シオバン・ファロン(1961)

ホワッツ・イン・ザ・シェッド

「ブラッドナイト」のフランク・サバテラ監督によるホラー。スタンの家にある小屋から怪しげな声が聞こえてくるようになり、不審者を追い出そうと小屋の中に入った者が次々に八つ裂きに。友人のドマーは、これで嫌な奴らに仕返しができると言い出すが……。出演は「X-DAY 黙示録」のジェイ・ジェイ・ウォーレンほか。特集『未体験ゾーンの映画たち2021』にて上映。

ハウス・ジャック・ビルト

第71回カンヌ国際映画祭に出品され、過激な描写で物議を醸したラース・フォン・トリアーの問題作。1970年代のワシントン州。建築家を志す独身の技師ジャックは、ある出来事をきっかけに、アートを創作するかのように、殺人に没頭するようになる……。出演は「マイ・ライフ・メモリー」のマット・ディロン、「エレニの帰郷」のブルーノ・ガンツ、「ニンフォマニアック Vol.1」のユマ・サーマン。

NEW今日命日の映画人 5/13

ドリス・デイ(2019)

ニューヨークの大停電

クロード・マグニアの舞台劇を、この映画製作者で「マーメイド作戦」のエヴェレット・フリーマンと「ベン・ハー(1959)」のカール・タンバーグが脚色、「恐怖の蝋人形」のハイ・アヴァーバックが監督したコメディ。撮影は「レッド・リバーのガンマン」のエルスワース・フレデリックスのニューヨーク・ロケ、音楽は「卒業」のデーヴ・グルーシンが担当した。出演は「おしゃれスパイ危機連発」のドリス・デイ、「プレイラブ48章」のロバート・モース、「大進撃」のテリー・トーマス、「アルバレス・ケリー」のパトリック・オニールほか。製作は、脚本担当のエヴェレット・フリーマンとマーティン・メルチャー。

おしゃれスパイ危機連発

「独身アパート」のフランク・タシュリンとジェイ・ジェイソンが脚本を書き、タシュリンが監督したコメディ。撮影は「華麗なる激情」のレオン・シャムロイ、音楽は「飛べ! フェニックス」のフランク・デヴォールが担当した。出演は「ただいま熱愛中」のドリス・デイ、「ハワイ」のリチャード・ハリス、「ねえ!キスしてよ」のレイ・ウォルストン、「アパートの鍵貸します」のジャック・クラシェンほか。製作はアーロン・ローゼンバーグとマーティン・メルチャー。