再生の男(1924)

せいせいのおとこ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ジョン・フレミング・ウィルソン氏の小説に基づいたジュールス・エッカート・グッドマン氏の舞台劇をエドモンド・グールディング氏が脚色し「巌窟王(1922)」「愛? 金?」等と同じくエメット・J・フリン氏が監督したもので、主役は「戦禍」「紺碧の空の下に」等出演のジョージ・オブライエン氏で相手役は「剣戟の雄」「琴線の響」等出演のドロシー・マッケール嬢が演じラルフ・ルイス氏、シリル・チャドウィック氏等助演者も良い顔振れである。

「再生の男(1924)」のストーリー

大富豪ボッターの一人息子ヘンリーは父の手一つで甘やかされて育ったのでやくざ者だった。遂に親の勘当をうけサンフランシスコの造船所で働くことになったが飲んだくれてばかりいて踊り子のマーセルと恋に陥たが、父の命を受けた船長ガロンは彼を上海に連れて行く。上海では一層彼は堕落した。そうして或日阿片窟で偶然にもマーセルに逢った。彼女はやはり彼を愛した。彼はしばらく我が非を悟って農場に働く決心をしてマーセルと共に行き、楽しい結婚と労働との生活に二人とも健康を回復した。1年後彼の叔母は或令嬢と共に父の危篤の報を持って訪れニューヨークへ一人帰れと言った。彼は妻と別れる事を欲しなかったが、妻は彼を信じて待っているというので一人まずニューヨークへ帰省し、病癒えた父と共に帰ってきた。

「再生の男(1924)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「再生の男(1924)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1924
製作会社 フォックス映画
配給 フォックス
レイティング

「再生の男(1924)」のみんなのレビュー

「再生の男(1924)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/2

ダニエル・クレイグ(1968)

ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のライアン・ジョンソンのもと豪華キャストが集結したミステリー。富豪作家のハーランが誕生会の翌日、遺体となって発見された。屋敷にいた全員に容疑がかかる中、匿名の人物から依頼を受けた名探偵ブノワは真相を探る。謎に迫る探偵ブノワ・ブランを「007」シリーズのダニエル・クレイグが、一族の問題児ランサム・ドライズデールを「キャプテン・アメリカ」シリーズのクリス・エヴァンスが演じるなど、オールスターキャストで事件の謎を描いていく。第77回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門作品賞・主演男優賞(ダニエル・クレイグ)・主演女優賞(アナ・デ・アルマス)ノミネート。

マイ・サンシャイン

ロサンゼルス暴動に巻き込まれた家族を描くドラマ。1992年、LAサウスセントラル。家族と暮らせない子どもたちを育てているミリーと、彼女たちを見守る隣人オビー。ある日、黒人が犠牲になった事件に対し不当な判決が出たことから、LAで暴動が始まる。監督は、「裸足の季節」のデニズ・ガムゼ・エルギュヴェン。出演は、「チョコレート」のハル・ベリー、「007」シリーズのダニエル・クレイグ。