最後の一人まで(1933)

さいごのひとりまで
製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

「砂漠の遺産」「森の男(1933)」と同じくゼーン・グレイ原作、ヘンリー・ハサウェイ監督ランドルフ・スコット主演の西部劇で、脚色には「幽霊牧場(1933)」「森の男(1933)」のジャック・カニンガムがあたり、撮影は「森の男(1933)」のベン・F・レイノルズが担任している。助演は「南方の放浪者」のエスター・ラルストン、「密林の王者」のバスター・クラブ、「暴風の処女」のジャック・ラルー、「森の男(1933)」のノア・ビアリー及びバートン・マクレーン、新人ミュリエル・カークランド、「彼女の用心棒」のファジィ・ナイト、「動物園の殺人」のゲイル・パトリック、ユージェニー・ベッセラー等である。

「最後の一人まで(1933)」のストーリー

ケンタッキーの山村では、ヒイドン家とコルビイ家が代々血を流してまで争っていた。が南北戦争に従事して血醒い所を見て来たマーク・ヘイドンは帰国後は平和を望み、義父スペルヴィンがジェド・コルビイに殺された時も復讐をせず、彼を殺人犯として州裁判所に訴えた。法の裁きを受けて、ジェドは15年の刑に処せられた。マークは長男リンをスペルヴィン婆さんの許に残し、アンとビルを連れて西部に赴き広漠たる土地に牧場を経営し、15年後には、ビルはモリイを妻に貰い、アンはニール・スタンリイに嫁ぎ、平和の生活を送っていた。15年の刑をおえたジェドは復讐するべく、獄中の共ジムにマーク・ヘイドンの在家をさぐらせ、西部にいることを知ると、娘のエレンとジムを連れて西部に移り、マークの家の近くに居を構え、ヘイドンの牧場から家畜を盗み初めた。そうすることによってマークが向かって来たらやっつけようとの魂胆だった。ちょうどこの時、リンがスペルヴィン婆さんが死んだので父の許へ帰って来た。その途中、エレンに会い心惹かれたが、彼女はリンがヘイドン家の者だと知ると毛嫌いしてしまった。野育ちの美しいエレンをジムが追いかけてみたが、エレンは仇のリンに想いを駆せた。リンが帰宅した日、アンの婿のニールが家畜を盗みに来たコルビイの手下を殺したことにより、また両家の争いが始まった。が依然としてマークは血を流すことを欲しなかった。たまたま、リンがエレンに送ったドレスがジェドの目にとまり娘がヘイドン家の者と仲良くしていることを知ると一家総勢でヘイデン家に喧嘩を売って出て、ビルを殺した。ここで喧嘩の火葢は切られ、リン等がコルビイ等を追いかけ山峡に迫った時、ジムの仕掛けたダイナマイトで岩石が破壊され、哀れにも全部が殺された。が奇跡的にリン1人が助かり途中で出会ったエレンに労られながら彼女の家に身を横たえた。ジムはエレンを手に入れるためにジェドを山よりつき落とし、エレンの家に帰って彼女を口説きかかったが、納屋の天井より短刀をもって転がり落ちた必死のリンに刺されて倒れた。リンとエレンはここに結ばれ、両家の争いは絶えた。

「最後の一人まで(1933)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「最後の一人まで(1933)」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1933
製作会社 パラマウント映画
レイティング

「最後の一人まで(1933)」のみんなのレビュー

「最後の一人まで(1933)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/23

ジャンヌ・モロー(1928)

天使の入江

人生に潜む冷淡で皮肉な側面を見つめたジャック・ドゥミ監督の長編第2作。パリで銀行員として働くジャンは、初めて訪れたカジノで大金を得る。以来、ギャンブルに取り憑かれた彼は、ブロンド女性・ジャッキーと意気投合し、共にのめり込んでいく。WOWOWにて放映後、アンスティチュ・フランセ東京で開催された特集企画『ジャック・ドゥミ、映画の夢』にて上映(上映日:2014年9月20日)。2017年7月22日より特集企画『ドゥミとヴァルダ、幸福についての5つの物語』にて劇場上映。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・台詞:ジャック・ドゥミ 撮影:ジャン・ラビエ 音楽:ミシェル・ルグラン 編集:アンヌ=マリー・コトレ 出演:ジャンヌ・モロー/クロード・マン/アンリ・ナシエ/ポール・ゲール

家族の灯り

ポルトガルの作家ラウル・ブランダンの戯曲を基に「ブロンド少女は過激に美しく」のマノエル・デ・オリヴェイラ監督が映画化。小さな港町を舞台に、失踪した息子の帰りを待ちわびる父と母、妻の姿を描く。出演は「楽園からの旅人」のマイケル・ロンズデール、「ブーベの恋人」のクラウディア・カルディナーレ、「突然炎のごとく」のジャンヌ・モロー、「永遠の語らい」のレオノール・シルヴェイラ、「ブロンド少女は過激に美しく」のリカルド・トレパ、「ノン、あるいは支配の空しい栄光」のルイス・ミゲル・シントラ。
小日向文世(1954)

奥様は、取り扱い注意

2017年に放送されたドラマ『奥様は、取扱注意』の劇場版。元特殊工作員の専業主婦・菜美と、菜美の夫で、実は彼女を監視する公安警察の勇輝。ある出来事がきっかけで菜美が記憶喪失になると、二人は名前を変え、地方都市・珠海市で新生活を始めるが……。出演は、「今夜、ロマンス劇場で」の綾瀬はるか、「空母いぶき」の西島秀俊。監督は、「カイジ ファイナルゲーム」の佐藤東弥。

コンフィデンスマンJP プリンセス編

「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズなどを手がけてきた脚本家・古沢良太によるテレビドラマシリーズ『コンフィデンスマンJP』の劇場版第2弾。大富豪一族・フウ家の当主が他界。世界中の詐欺師が莫大な遺産を狙い、ダー子らもコンゲームを仕掛けようとする。ドラマシリーズの演出や前作の監督を務めた田中亮がメガホンを取った。長澤まさみ、東出昌大、小日向文世らお馴染みのキャスト陣に加え、世界有数の資産家レイモンド・フウを北大路欣也が、フウ家の執事トニー・ティンを柴田恭兵が、ダー子の子猫としてチームに新加入する少女・コックリを「カイジ ファイナルゲーム」の関水渚が演じる。

NEW今日命日の映画人 1/23

該当する人物がいません