最後の一人まで(1933)

さいごのひとりまで
製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

「砂漠の遺産」「森の男(1933)」と同じくゼーン・グレイ原作、ヘンリー・ハサウェイ監督ランドルフ・スコット主演の西部劇で、脚色には「幽霊牧場(1933)」「森の男(1933)」のジャック・カニンガムがあたり、撮影は「森の男(1933)」のベン・F・レイノルズが担任している。助演は「南方の放浪者」のエスター・ラルストン、「密林の王者」のバスター・クラブ、「暴風の処女」のジャック・ラルー、「森の男(1933)」のノア・ビアリー及びバートン・マクレーン、新人ミュリエル・カークランド、「彼女の用心棒」のファジィ・ナイト、「動物園の殺人」のゲイル・パトリック、ユージェニー・ベッセラー等である。

「最後の一人まで(1933)」のストーリー

ケンタッキーの山村では、ヒイドン家とコルビイ家が代々血を流してまで争っていた。が南北戦争に従事して血醒い所を見て来たマーク・ヘイドンは帰国後は平和を望み、義父スペルヴィンがジェド・コルビイに殺された時も復讐をせず、彼を殺人犯として州裁判所に訴えた。法の裁きを受けて、ジェドは15年の刑に処せられた。マークは長男リンをスペルヴィン婆さんの許に残し、アンとビルを連れて西部に赴き広漠たる土地に牧場を経営し、15年後には、ビルはモリイを妻に貰い、アンはニール・スタンリイに嫁ぎ、平和の生活を送っていた。15年の刑をおえたジェドは復讐するべく、獄中の共ジムにマーク・ヘイドンの在家をさぐらせ、西部にいることを知ると、娘のエレンとジムを連れて西部に移り、マークの家の近くに居を構え、ヘイドンの牧場から家畜を盗み初めた。そうすることによってマークが向かって来たらやっつけようとの魂胆だった。ちょうどこの時、リンがスペルヴィン婆さんが死んだので父の許へ帰って来た。その途中、エレンに会い心惹かれたが、彼女はリンがヘイドン家の者だと知ると毛嫌いしてしまった。野育ちの美しいエレンをジムが追いかけてみたが、エレンは仇のリンに想いを駆せた。リンが帰宅した日、アンの婿のニールが家畜を盗みに来たコルビイの手下を殺したことにより、また両家の争いが始まった。が依然としてマークは血を流すことを欲しなかった。たまたま、リンがエレンに送ったドレスがジェドの目にとまり娘がヘイドン家の者と仲良くしていることを知ると一家総勢でヘイデン家に喧嘩を売って出て、ビルを殺した。ここで喧嘩の火葢は切られ、リン等がコルビイ等を追いかけ山峡に迫った時、ジムの仕掛けたダイナマイトで岩石が破壊され、哀れにも全部が殺された。が奇跡的にリン1人が助かり途中で出会ったエレンに労られながら彼女の家に身を横たえた。ジムはエレンを手に入れるためにジェドを山よりつき落とし、エレンの家に帰って彼女を口説きかかったが、納屋の天井より短刀をもって転がり落ちた必死のリンに刺されて倒れた。リンとエレンはここに結ばれ、両家の争いは絶えた。

「最後の一人まで(1933)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「最後の一人まで(1933)」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1933
製作会社 パラマウント映画
レイティング

「最後の一人まで(1933)」のみんなのレビュー

「最後の一人まで(1933)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 10/24

丹波哲郎(2006)

八甲田山 完全版

劇場版「八甲田山」ではカットされた、徳島大尉が案内人たちに「八甲田で見たことは一切口外してはならん」と言うシーンを追加した「八甲田山」完全版。映画の上映から5年後、昭和57年10月6日の日本テレビ「水曜ロードショー」で初放送された。2014年4月19日より、東京・恵比寿 東京都写真美術館にて開催された「山岳映画:特集上映-黎明期のドイツ映画から日本映画の名作まで-」にて35ミリニュープリントを上映。

天皇の世紀

幕末から明治維新の激動の時代を描いた大佛次郎の歴史小説を、1971年に朝日放送がドラマ化した全13話の作品を劇場公開。「七人の侍」の志村喬、「トラ・トラ・トラ!」の田村高廣など豪華キャストに加え、山本薩夫、今井正、三隅研次、篠田正浩などの巨匠たちが監督した大作。なお、作者他界により、原作は未完に終わった。
八千草薫(2019)

MIFUNE:THE LAST SAMURAI

“世界のミフネ”こと俳優・三船敏郎の偉業とその波乱に満ちた生涯に迫るドキュメンタリー。香川京子、司葉子らの共演者を始め、スティーヴン・スピルバーグ、マーティン・スコセッシといった巨匠まで、三船に魅せられた人々の言葉からその魅力を解き明かす。監督は「収容所の長い日々/日系人と結婚した白人女性」でアカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を受賞したスティーブン・オカザキ。

ゆずり葉の頃

一枚の画への想いを胸に軽井沢へ来た老母と周囲の人々が織りなす現代のメルヘン。監督・脚本は、故・岡本喜八監督夫人にして映画プロデューサーの中みね子(岡本みね子)。76歳にして挑んだ初監督作品。出演は八千草薫、風間トオル、岸部一徳、仲代達矢ほか。2014年10月31日より、鳥取県米子市ガイナックスシアターにて2週間先行公開。2015年5月全国公開。