最後の先駆者

さいごのせんくしゃ
製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

「西部魂(1941)」「快傑義涙」「森の男(1933)」と同じくゼーン・グレイ氏原作、ジョン・ウォーターズ氏監督のジャック・ホルト氏主演西部劇。助演者は「鉄蹄乱舞」「弥次喜多女難の巻」のサリー・ブレーン嬢。「非常線(1928)」「女シーク」のウィリアム・パウエル氏「非常線(1928)」「狂乱街」のフレッド・コーラー氏並びにガイ・オリヴァー氏、ロスコー・カーンス氏のほかホルト氏令息という顔触れである。

「最後の先駆者」のストーリー

砂漠を西へ進む幌馬車隊があった。彼らの水がなくなった。隊長バラード夫妻は前進を主張して一行を鼓舞した。やがて一行は隊長の息子ジャック少年の導きでひとつの谷間に水を発見した。爾来25年人々はこの谷を幸福谷と命名して新天地を開拓した。今では当時のジャック少年が成人して谷のために人々のために働いていた。この谷から100マイルばかり離れたサン・ルイ市は水の欠乏に苦しみ、幸福谷を市の水源とするより他に方法はなかった。市長はマードックという男を派して谷の買収を交渉させた。ところが腹黒いマードックは昔の相棒が幸福谷の役人を勤めているのを奇貨として悪事を企んだ。2人は安く買い占めて高値で市に売り込む計をたて、既に水利権の3分の1を手に入れた。ジャック・バラードはこの悪企みを知り反対運動を起こした。そして彼の忠告を容れて土地の買い戻しに行った老農夫の1人はマードックに殺され、悪役人はその罪をジャックにきせて補縛した。ジャックが破牢して帰るとマードックらは、ジャックの土地売渡証書を偽造して人々の反感をかっていた。こうしてジャックは腹背に敵を受ける窮境に陥ったが恋人ジューンの手引きでマードックを襲い巧みな計略で貯水池を悪人の手から奪い返した。しかしこの時駆けつけたサン・ルイ市長から市の実情を聞き、かつ正当な買収条件を知ったジャックは自分達を犠牲にしても市を救うことを決心し、谷を売り渡した。かくてまたジャック・バラードを隊長とする幌馬車隊が未開の土地を求めて旅立つこととなったのである。

「最後の先駆者」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「最後の先駆者」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1928
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社
レイティング

「最後の先駆者」のみんなのレビュー

「最後の先駆者」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/13

キャンディス・アッコラ(1987)

デッドガール(2008)

学生たちが、廃墟となった病院に裸のまま繋がれていたいくら嬲っても死なない女に、凌辱を加える猟奇的なスリラー。2008年トロント国際映画祭などの映画祭で上映され、あまりにも異常な狂気が物議を醸した。監督は「チャーリー 世界一かわいい犬と僕が伝えたいこと」(未)のマルセル・サーミエント。さえない学生を「赤ずきん」のシャイロー・フェルナンデスが、さえない学生が思いを寄せる女子を「オン・ザ・ドール」(未)のキャンディス・アッコラが、何をされても死なない女を本作が映画デビュー作となったジェニー・スペインが、女が死なないのをいいことに好き放題し次第に狂気に陥っていく友人を「LOOPER/ルーパー」のノア・セガンが演じる。
シオバン・ファロン(1961)

ホワッツ・イン・ザ・シェッド

「ブラッドナイト」のフランク・サバテラ監督によるホラー。スタンの家にある小屋から怪しげな声が聞こえてくるようになり、不審者を追い出そうと小屋の中に入った者が次々に八つ裂きに。友人のドマーは、これで嫌な奴らに仕返しができると言い出すが……。出演は「X-DAY 黙示録」のジェイ・ジェイ・ウォーレンほか。特集『未体験ゾーンの映画たち2021』にて上映。

ハウス・ジャック・ビルト

第71回カンヌ国際映画祭に出品され、過激な描写で物議を醸したラース・フォン・トリアーの問題作。1970年代のワシントン州。建築家を志す独身の技師ジャックは、ある出来事をきっかけに、アートを創作するかのように、殺人に没頭するようになる……。出演は「マイ・ライフ・メモリー」のマット・ディロン、「エレニの帰郷」のブルーノ・ガンツ、「ニンフォマニアック Vol.1」のユマ・サーマン。

NEW今日命日の映画人 5/13

ドリス・デイ(2019)

ニューヨークの大停電

クロード・マグニアの舞台劇を、この映画製作者で「マーメイド作戦」のエヴェレット・フリーマンと「ベン・ハー(1959)」のカール・タンバーグが脚色、「恐怖の蝋人形」のハイ・アヴァーバックが監督したコメディ。撮影は「レッド・リバーのガンマン」のエルスワース・フレデリックスのニューヨーク・ロケ、音楽は「卒業」のデーヴ・グルーシンが担当した。出演は「おしゃれスパイ危機連発」のドリス・デイ、「プレイラブ48章」のロバート・モース、「大進撃」のテリー・トーマス、「アルバレス・ケリー」のパトリック・オニールほか。製作は、脚本担当のエヴェレット・フリーマンとマーティン・メルチャー。

おしゃれスパイ危機連発

「独身アパート」のフランク・タシュリンとジェイ・ジェイソンが脚本を書き、タシュリンが監督したコメディ。撮影は「華麗なる激情」のレオン・シャムロイ、音楽は「飛べ! フェニックス」のフランク・デヴォールが担当した。出演は「ただいま熱愛中」のドリス・デイ、「ハワイ」のリチャード・ハリス、「ねえ!キスしてよ」のレイ・ウォルストン、「アパートの鍵貸します」のジャック・クラシェンほか。製作はアーロン・ローゼンバーグとマーティン・メルチャー。