最後の銃撃

さいごのじゅうげき
上映日
1956年11月14日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

19世紀中葉、アメリカ大陸に2000万頭近く棲息した野牛も30年後には1万頭を割るほどに減少した。これは野牛を生活の糧としていた男たちをめぐる因果の物語。新人作家ミルトン・ロットが54年にホウトン・ミフリン出版社の文学奨励賞を得た小説の映画化である。脚色・監督は「暴力教室」のリチャード・ブルックス撮影は「ピラミッド(1955)」のラッセル・ハーラン、音楽は「山」のダニエル・アンフィシアトロフ。主演は「兄弟はみな勇敢だった」のコンビ、ロバート・テイラーとスチュワート・グレンジャーに「白い羽根」のデブラ・パジェット、「必殺の一弾」のラス・タンブリン、ヴェテランのロイド・ノーランなど。

「最後の銃撃」のストーリー

1880年、今や5000頭足らずに減少したアメリカ野牛はダコタ地方に移動。それを追う猟師たちも皆この地に流れてきた。サンデイ(スチュワート・グレンジャー)もその1人。かつては野牛狩の腕利だったが今は牧場を持って落ち着きたいと望んでいる。減ってゆく野牛に愛着も抱いていたが、彼の牧場はしばしば野牛の暴走で躙られるのだった。そこへ訪れたチャーリイ(ロバート・テイラー)という流れ者は、サンデイの前身を知り野牛狩に誘う。一度は断ったサンデイも、傷ついた野牛の襲撃から救われたため、遂に申し出を承諾した。だが温和なサンデイに比べチャーリイは力こそ正義と信じている男、二人はことごとに対立する。野牛の皮剥では地方随一の腕を持つウッドフート(ロイド・ノーラン)や、白人仲間に入りたがっているインディアンの混血少年ジミイ(ラス・タンブリン)も加わった一同は、めざすダコタの山奥へ向かう。チャーリイは混血のジミイを嫌い、そばにも寄せない。ある夜家畜柵のろ馬がインディアンに盗まれた。チャーリイはすぐさま後を追い、1人の女と赤ん坊を除き皆殺しにしてしまう。チャーリイは、この女(デブラ・パジェット)に皮剥を手伝わせながら、自分のものにしようと企む。野牛の大群を発見し一同はふるいたつが、サンデイはその中に、インディアンから神と崇められ白人にも珍重される白い野牛を見出だした。彼はワザと狙いを外したがチャーリイはたちまち打ち殺してしまい。近来の収穫を挾み、2人の仲は一層嫌悪。赤ん坊は他人の子で、女は娘だと知ったチャーリイは、娘がサンデイに惹かれるのも構わず独占してしまう。白い毛皮を求めて、ジミイの幼な友達のインディアン少年が来た。大切な馬と交換をというのだが残忍なチャーリイは皆の反対を押して決闘で少年を殺し、毛皮をとり戻す。秋も深まり、たまった毛皮を売りに町に出たサンデイはもう帰るまいと考えていたが娘に惹かれて再び山に戻る。野牛は冬を迎えて移動を開始。皆はキャンプを一層奥へと移す。だがある夜、チャーリイは野牛暴走の幻覚で狂いだし、サンデイはこれを機会に、ウッドフートやジミイの協力で、娘を連れて逃げる。翌朝サンデイを追うチャーリイ。止めようとしたウッドフートは惨殺される。居留地は雪に閉ざされ食糧もない。サンデイは止むなく娘と共に町へ赴く。果たして彼を探してチャーリイが来ていたが、がまんできなくなったジミイは居留地へ戻る途中、サンデイらと同行。だが洞穴で野宿のところにチャーリイが来る。サンデイは居留地の食糧にと入手した牛馬をジミイに託して去らせ、娘共々、拳銃名手のチャーリイと対決。しかし吹雪で決闘は翌朝となる。その夜、またもや幻覚に襲われたチャーリイ。朝になり引き止める娘をふりきってチャーリイに近づいたサンデイは、彼がピストルを構えたまま凍死しているのを見出だした。

「最後の銃撃」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「最後の銃撃」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1956
公開年月日 1956年11月14日
製作会社 M・G・M映画
配給 MGM
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「最後の銃撃」のみんなのレビュー

「最後の銃撃」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/8

ブライアン・タイラー(1972)

ランボー ラスト・ブラッド

シルベスター・スタローンの代表作「ランボー」シリーズ最終章。元グリーンベレーのランボーは、古郷アリゾナで、古くからの友人マリアとその孫娘ガブリエラと平穏に暮らしていた。ところがガブリエラが人身売買カルテルに拉致され、ランボーは救出に向かう。出演は、「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」のパス・ヴェガ、「サンダー・ソード 聖杯と暗黒魔王の騎士団」のセルヒオ・ペリス・メンチェータ、「バベル」のアドリアナ・バラーサ、ドラマ『フォスター家の事情』のイヴェット・モンレアル、「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」のオスカル・ハエナダ。監督は、「キック・オーバー」のエイドリアン・グランバーグ。

エスケープ・ルーム(2019)

「ワイルド・スピード」シリーズのプロデューサー、ニール・H・モリッツが手掛けたシチュエーションスリラー。あるオフィスビルに集められた賞金1万ドルを賭けた体験型脱出ゲームの参加者6人が、様々なトラップが仕掛けられた死のゲームに挑んでいく。出演は『ロスト・イン・スペース』のテイラー・ラッセル、「僕のワンダフル・ライフ」のローガン・ミラー。監督は「インシディアス 最後の鍵」のアダム・ロデヒル。
スティーヴン・アメル(1981)

ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影 シャドウズ

忍術を使うカメが活躍するアメコミ原作の人気シリーズを、「トランスフォーマー」のマイケル・ベイ製作により映画化。宿敵シュレッダーが脱獄し、再びニューヨークを恐怖に陥れようとする。タートルズはエイプリルや新しい仲間のケイシーらと共に立ち向かう。監督は、「EARTH TO ECHO アース・トゥ・エコー」のデイヴ・グリーン。出演は、「トランスフォーマー」シリーズのミーガン・フォックス、「ミュータント・タートルズ」のウィル・アーネット、「私が愛した大統領」のローラ・リニー、ドラマ『ARROW/アロー』のスティーヴン・アメル、「ゴーン・ガール」のタイラー・ペリー、「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」のブライアン・ティー。

あの日の指輪を待つきみへ

戦争によって失われた愛が1つの指輪と共に甦る、2つの時代と2つの大陸を結ぶ壮大なラブ・ストーリー。監督は、「ガンジー」のリチャード・アッテンボロー。出演は、「愛と追憶の日々」のシャーリー・マクレーン、TVシリーズ『The OC』のミーシャ・バートン、「サウンド・オブ・ミュージック」のクリストファー・プラマー。

NEW今日命日の映画人 5/8

ブライアン・フォーブス(2013)

チャーリー(1992)

サイレント映画の時代から赤狩りでハリウッドを追われるまで世界の喜劇王として活躍したチャールズ・チャップリンの半生を描く伝記ドラマ。監督・製作は「遠い夜明け」のリチャード・アッテンボローで、彼の「ガンジー」を10回以上観たというチャップリンの未亡人ウーナの許諾を得て実現した企画である。共同製作は「氷の微笑」のマリオ・カサール。アッテンボローの製作会社に所属するダイアナ・ホーキンスの原案で、チャップリン自身の手による「チャップリン自伝」(新潮社・刊)と、この作品の歴史顧問も務めるデイヴィッド・ロビンソンの、徹底した調査に基づいて全生涯を再現したドキュメント「チャールズ・チャップリン」(文藝春秋・刊)を原作に、小説家でもあるウィリアム・ボイドと、ブランアン・フォーブス、「ミザリー」のウィリアム・ゴールドマンが共同で脚本を執筆した。撮影は「存在の耐えられない軽さ」のスヴェン・ニクヴィスト、音楽は「ダンス・ウィズ・ウルブズ」のジョン・バリーが担当。主演は「エア・アメリカ」のロバート・ダウニー・ジュニア。チャップリンの娘で、「モダーンズ」のジェラルディン・チャップリンが自身の祖母にあたるハンナを演じている。他に「スニーカーズ」のダン・エイクロイド、「冬の恋人たち」のモイラー・ケリー、「ワンダとダイヤと優しい奴ら」のケヴィン・クライン、「ストリート・オブ・ファイヤー」のダイアン・レインらが共演している。

サンデー・ラバーズ

ロンドン、パリ、ローマ、ロスの世界の4都市を舞台に恋にハリキる中年男性の姿をそれぞれの独立したストーリーで描いたオムニバス映画。製作はレオ・L・フックス、監督は一話(ロンドン)がブライアン・フォーブス、二話(パリ)がエドゥアール・モリナロ、三話(ロス)がジーン・ワイルダー、四話(ローマ)はディーノ・リージが担当。脚本はフランシス・ヴェベール、アージェ・スカルペッリ、レスリー・ブリカッセ、ジーン・ワイルダー、撮影はクロード・アゴスティーニ、トニーノ・デリ・コリ、ジェリー・ハーシュフェルド、クロード・ルコント、音楽はマヌエル・デ・シーカが担当。出演はロジャー・ムーア、リノ・ヴァンチュラ、ジーン・ワイルダー、ウーゴ・トニャッティなど。英語版。

「最後の銃撃」を観ているあなたにおすすめの映画