最後の演技

さいごのえんぎ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「笑う男」「ある男の過去」と同じくコンラッド・ファイト氏が主演した映画で、ジェームズ・アシュモーア・クリールマン氏が原作並びに撮影台本を書いたものを「ブロードウェイ(1929)」「ラスト・モーメント」のポール・フェヨス氏が監督したもので、俳優としては主演者のほかに「愛の巷」のメアリー・フィリビン嬢、「ブロードウェイ(1929)」のレスリー・フェルントン氏、「夢の港」のフレッド・マッケイ氏、グスタフ・パルトス氏、ウィリアム・ターナー氏、アンダース・ランドルフ氏その他が出演している。キャメラは「ブロードウェイ(1929)」「最後の警告」のハル・モーア氏が担当である。

「最後の演技」のストーリー

ロシア生れの奇術師エリックは20年間養って来た弟子ジュリーに近頃では恋心を感じ始めた。バッフォという弟子は、かなり野心的な男で機会あればエリックの地位を奪おうと狙っていた。職を失い窮地に追われたマーク・ロイスという青年はエリックの部屋から食物を盗み出そうとして捕らわれたがエリックの寛大な心とジュリーの同情とから救われてエリック一座の助手となった。バッフォは新米のロイスを利用してエリックを陥れようと企てるがエリックの恩義に感じているロイスはバッフォの言葉を拒ける。ジュリーとエリックとは密かにそれを立ち聞いていた。エリックはニューヨークへ着いた第一夜に自分とジュリーとの婚約披露の宴を張ることになった。が、この自分は既に若いジュリーとロイスとの間には恋が芽生え、別れがたない間柄となっていた。バッフォは二人の仲をすでに感ずいていた。そしてこの宴会の日を選んで二人の仲をエリックに密告したのであった。エリックは激怒を隠してジュリーとロイスとの二人を婚約者として宴席に連なる人々へ披露した。やがて初日が来た。エリックはロイスに剣の奇術を代演させることになった。剣の箱の中へはバッフォが入った。が、恐るべし演技の終わるころ箱の中のバッフォは無残な死体となって現れた。勿論ロイスは犯人として挙げれれた。全ての証拠物件は彼にとって不利であった。ジュリーは純情を持ってエリックに迫った。彼女はロイスの無罪を信じていたのである。最後の判決の下りる日エリックは証人として立った。そしてバッフォを殺したのは自分であると告白する。短剣の早業でバッフォを殺し罪をロイスにきせればジュリーは再び彼の許へ帰るものと思っていたがジュリーの純情は動すべくもないので今一切を告白するのだと言いつつも自ら事件を立証する短剣早業の犠牲となって死んで行く。

「最後の演技」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「最後の演技」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1927
製作会社 ユニヴァーサル映画
配給 ユニヴァーサル
レイティング

「最後の演技」のみんなのレビュー

「最後の演技」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。