採金者の妻

さいきんしゃのつま
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「天使の愛」などと同じくベン・ウィルソン監督ロイ・スチュアート主演のアロウ映画で、相手役は「庭園の名花」「$対$」など出演のキャスリーン・カーカムで、そのほか「紐育の丑満時」「永遠の母」などに出演のアール・メトカルフも共演する。原作者ピーター・B・カインは目下はパラマウント社でジャック・ホルト映画の原作を書いている人である。

「採金者の妻」のストーリー

ジム・バレンティンは採金のためエロウ・ジャケットの町へ来たが思わしくなく、寂しさのあまり東部にいる妻のカルメンを招くことにした。妻はその途中無頼漢のカービーや、昔の恋人カースンに遇った。町へ来たカルメンは夫との平凡な生活にあきて来たが、やがて夫婦間に一事件が持ち上がった。それは夫婦が悪人カービーから踊り場への招待を受けた時の2人の意見の相違からであった。妻は遂にカービーの招待に応じて踊り場に行ったので、ここにジムとカービーとの争闘が起こった。彼女は驚き逃れて桑港へ行ったカースンの元へ走ったが、紳士的なカースンはジムに同情して彼女を再びエロウ・ジャケットの町へ帰した。併しジムは破れたる心を抱いて敵なき復讐の念にのみかられて漂浪の男となり2人は相会はなかった。彼は砂漠中である男を助けたのが因でやがてその男の豊かな鉱山で共同経営することとなった。再び町に帰り今は母となったカルメンは生活のため酒場に勤めていたが、ここでまた夫婦は再会した。併し己が子と知らずしてジムは妻の相手を写真によって邪推し復仇を決心した。しかもその写真の主は現在の共同経営者、それはカースンであった。怒り狂った彼がカースンを将に爆死せしめようとした刹那後追いった妻の弁解で始めてカースンの立派な人格を知り夫婦の間は始めて諒解ある仲となった。

「採金者の妻」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「採金者の妻」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1922
製作会社 アロウ映画
配給 松竹輸入
レイティング

「採金者の妻」のみんなのレビュー

「採金者の妻」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/18

北野武(1947)

天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント

CM製作やドキュメンタリー作品を手がけてきたハーマン・ヴァスケ監督が、世界で活躍する人物たちに何故クリエイティブなのか問うドキュメンタリー。膨大な数のインタビューからホーキング博士、北野武ら107人を抜粋、それぞれが語るクリエイティブ論を映す。

アウトレイジ 最終章

北野武監督が手掛けるバイオレンスシリーズ最終章となる3作目。大友が身を寄せる韓国の張会長を相手に、花菱会の花田がトラブルを起こす。花菱会会長の野村と若頭の西野による覇権争いは張会長襲撃にまで発展し、張会長に恩義を感じる大友は帰国を決意する。前作に続きビートたけし、西田敏行、塩見三省、金田時男、白竜、名高達男、光石研、中村育二、松重豊らが出演するほか、「ミュージアム」の大森南朋、「エヴェレスト 神々の山嶺」のピエール瀧、「TAP THE LAST SHOW」の岸辺一徳、「シン・ゴジラ」の大杉蓮、「ボクの妻と結婚してください。」の原田泰造、「レイルロード・タイガー」の池内博之、「シン・ゴジラ」の津田寛治らがシリーズ初出演する。
片桐はいり(1963)

きまじめ楽隊のぼんやり戦争

私をくいとめて

「勝手にふるえてろ」の綿矢りさ(原作)&大九明子(監督)コンビが再タッグ。30歳を越え、“おひとりさま”が板についた黒田みつ子。脳内にいるもう一人の自分“A”と平和な生活を満喫していた彼女はある日、年下の営業マン、多田くんに恋してしまう。出演は「星屑の町」ののん、「劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」の林遣都。