サアド・アラアム 警笛間を衝く

さーどあらーむ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

かつて1923年にF.B.O.社によって映画化されたことのあるエミリー・ジョンソンのスト-リーを当時と同じくエモリー・ジョンソンが監督したもので、フランセス・ハイランドとジャック・ナットフォードとが撮影台本執筆にあたり、マックス・デュポンがカメラを担任している。主なる主演者は「これぞ天国」「カナリヤ殺人事件」のジェームズ・ホール、「恋愛運動場」「少年軍兵士」のアニタ・ルイズ、「嵐に咲く花」「アビーの白薔薇」のジーン・ハーショルト、「悪魔の日曜日」「海の王者」のホバート・ボスウォース、メアリー・ドーラン嬢である。

「サアド・アラアム 警笛間を衝く」のストーリー

ミリーとジョンの2人の孤児は消防署の名物親父モートンの男手ひとつで育てられていた。もう年頃になるミリーは乙女心に密かに消防署のダンを慕っていた。1日、モートンはダンと同じ所員のビューティーを晩餐に招いた。宴半ばに警鐘が乱打された。3人はやがて出火の現場に駆け付けた。火災はほどなく消されたがモートンは遂に帰らぬ人となってしまった。ダンとビューティーは、今はまったく寄る辺もなくなったミリーと4才になるジミーを引き取ろうと心を定めたが、法律は配偶者を持たない2人の若者に孤児の保護を許さなかった。万策尽きてミリーとジミーは孤児院に引き取られた。ダンとビューティーは、早く配偶者を見つけて2人を引き取ろうとあせった。常日頃ダンを想っているニータに、ダンは気づき彼女を訪れた。そして求婚した。もちろん、彼女は諾意を告げたがすぐに2人の母親になるということは彼女を何がなし不安にせしめた。ニータの所から帰ったダンは戸口にミリーとジミーが待っているのを見いだした。ダンは2人を叱る前にまずニータに引き合わせようとニータを呼んだ。折りから孤児院の訴えで警官が来た。ダンは警官に積みを問われるべく連れられた。やがて放還されて帰宅したダンがそこにニータの置き手紙を発見した。それにはミリーが彼を慕っていることが書かれてあった。ダンは初めて自分のミリーに対する愛が、子供に対するそれ以上であることを知った。突如、孤児院から火災が起こった。ダンの消防署は馬車ポンプを除いて総出動した。しかしダンは先刻の事件のため職務を停止させられていたので、現場にかけつけても徒に歯ぎしりするのみであった。悪魔のごとき火炎は、天使のごとき児童等を脅かした。ミリーとジミーは監禁室に危険に瀕した。今は停職の身を省みるの暇もなく、ダンは決然として猛火中に飛び込んだ。かくてミリーとジミーは事無きを得た。そしてダンとミリーはやがて教会の門をたたく身となった。

「サアド・アラアム 警笛間を衝く」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「サアド・アラアム 警笛間を衝く」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1930
製作会社 ティファニー映画
配給 スター・フィルム社
レイティング

「サアド・アラアム 警笛間を衝く」のみんなのレビュー

「サアド・アラアム 警笛間を衝く」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/13

ロン・パールマン(1950)

モンスターハンター

日本発の大ヒットゲームを「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督×ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写化。砂漠で偵察中のアルテミス率いる特殊部隊は、超巨大な砂嵐に遭遇。目を覚ますとそこは、我々の世界とは全く異なる別の世界だった。共演は「ワイルド・スピード SKY MISSION」のトニー・ジャー、「アントマン」シリーズのティップ・“T.I.”・ハリス、「50回目のファーストキス」の山崎紘菜。

グレート・ウォー

「ヘルボーイ」シリーズのロン・パールマンらが出演、第一次大戦末期を舞台にした戦争アクション。ウィリアム・リバース中尉らは敵陣にて行方不明となったアフリカ系アメリカ人兵士たちの小隊を救助すべく、人種の壁を越え、最後の最後まで戦い抜こうとする。監督は、「米軍極秘部隊ウォー・ピッグス」などに出演、「バルジ・ソルジャーズ」ではメガホンを取ったスティーヴン・ルーク。特集『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。
リッキー・シュローダー(1970)

クリムゾン・タイド

米軍原子力潜水艦を舞台に、全面核戦争の危機を巡って対立する男たちのドラマを描いた、骨太のポリティカル・サスペンス。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。「カラーズ 天使の消えた街」のマイケル・シーファーとリチャード・P・ヘンリックの原案を、シーファーが脚色。製作は「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー。撮影は「クロウ 飛翔伝説」「蜘蛛女」のダリウス・ウォルスキー、音楽は「ライオン・キング」「勇気あるもの」のハンス・ジマー、美術はマイケル・ホワイト、SFXはドリーム・クエスト・イメージズが担当。主演は「フィラデルフィア」のデンゼル・ワシントンと「ワイアット・アープ」のジーン・ハックマン。「氷の微笑」のジョージ・ズンザ、「カリートの道」のヴィゴ・モーテンセン、「ア・フュー・グッドメン」のマット・クレイヴン、「ターミナル・ベロシティ」のジェームズ・ギャンドルフィーニらが脇を固める。また、「トゥルー・ロマンス」のクエンティン・タランティーノが脚本に参加し、ジェイソン・ロバーズがラストシーンに特別出演している(共にノー・クレジット)。

チャンプ(1979)

元ボクシング・チャンピオンの父親とその父が再び栄光の座に戻る日を信じている息子と、別れた妻の3人が織りなす愛を描く。製作はダイソン・ロべル、監督は「ブラザー・サン、シスター・ムーン」のフランコ・ゼフィレッリ。フランセス・マリオンの原作を基にウォルター・ニューマンが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はデイブ・グルーシン、編集はマイケル・J・シェリダン、製作デザインはハーマン・A・ブルメンタル、衣裳はセオニ・V・アルドレッジが各々担当。出演はジョン・ボイト、フェイ・ダナウェイ、リッキー・シュローダー、ジャック・ウォーデン、アーサー・ヒル、ストローザー・マーティン、ジョーン・ブロンデルなど。

NEW今日命日の映画人 4/13

該当する人物がいません


「サアド・アラアム 警笛間を衝く」を観ているあなたにおすすめの映画