五番街の出来事

ごばんがいのできごと
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「紅の翼(1939)」「天晴れ着陸」のロイ・デル・ルースがアライド・アーチスツで1946年に製作監督した第一回作品。ハーバート・クライド・ルイスとフレデリック・ステファニが書きおろしたストーリーを、エヴェレット・フリーマンが脚色し、ヴィック・ナイトが台詞を追加した。出演者は新人のドン・デフォー、「晩春」「永遠に愛せよ」のアン・ハーディング、「人生は四十二から」のチャーリー・ラックルズ、「明日は来らず」のヴィクター・ムーア、新顔のゲイル・ストーム等で、「ベニーの勲章」のグラント・ミッチェル、エドワード・ブロフイー等が助演する。撮影は「ガラスの鍵」のヘンリー・シャープの担当である。

「五番街の出来事」のストーリー

ニューヨークの五番街は、一流の商店と富豪の邸宅で有名である。マイケル・オコナーの邸宅もこの五番街にある。彼は富豪によくらる型の、何でもござれ金もうけになることなら、強引にやってのける性格の男である。当然オコナーにとっては、金もうけにならないことは、すべて価値がない。彼のこの性格はやさしい妻メエリイの気に入らない。それで夫妻はもう久しく別居している。メエリイはフロリダの別荘にひとり暮らしているのである。オコナーはニューヨークの厳寒を避けてヴァージニアの田舎にある別荘へ行っている。ひとり娘のトルーディは女学校の寄宿舎に入っている。というわけで五番街のオコナー本邸は空っぽである。老いた浮浪者アロイシアス・マッキーヴァは、食うや食わずでも、人に親切にしないではいられない男だが、オコナー邸が住む人のないのを見ると無断で入り込んでくる。家がなくて困っている復員軍人ジム・ブロックも、彼に招かれてこの邸宅の住人となる。ジムの友達2人も厄介となる。そこへ、オコナー令嬢のトルーディが学校がいやだというので帰ってくる。マッキーヴァは彼女を泥棒だと勘違いし、彼女を改心させてやろうとして、ここに住めと勧める。彼女は妙な具合だと思ったがジムを一目見ると好きになり、知らぬ顔で厄介になる。オコナーもニューヨークに来るが、トルーディが事情を説明し、お父さんも浮浪者のまねをしてと言う。面白半分にオコナーは娘の言いなりとなる。ジムはニューヨーク郊外の飛行場を陸軍省が払い下げるのを買って、復員軍人の住宅集団にしようと計る。オコナーはそれを民間飛行事業にそのまま使おうと考え、ジム等以上の高値をつけて獲得する。トルーディの手紙でメエリイもフロリダから訪ねて来て、コックにされてしまう。マッキーヴァの隣人愛の哲学は、いつの間にかオコナーに影響して、その人生観を変え、例の飛行場も復員軍人住宅用に寄付する。このオコナーの人間改造の結果、エメリイとの夫婦仲も昔通り和解する。マッキーヴァは依然オコナーが大富豪であることを気づかず、近々この邸宅の主人が避寒地から戻ってくるというので、わしは入れかわってヴァジニアの別邸へ行くと出かける。身分が判る前から恋仲となっていたジムとトルーディは結婚するらしい。

「五番街の出来事」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「五番街の出来事」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1946
製作会社 アライド・アーチスツ映画
レイティング

「五番街の出来事」のみんなのレビュー

「五番街の出来事」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/1

エリカ・リバス(1974)

人生スイッチ

アルゼンチンで国内年間ランキング1位を獲得したオムニバス形式のブラック・コメディ。製作は、「オール・アバウト・マイ・マザー」のペドロ・アルモドバル。出演は、「瞳の奥の秘密」のリカルド・ダリン。第87回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート、第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。
ヴェイッコ・アールトネン(1955)

罪と罰(1983)

殺人を犯した青年の行動を乾いたタッチで描く作品。「白い花びら」のアキ・カウリスマキ、監督長編第1作。原作はロシアの文豪、ドストエフスキーの同名小説。出演はマルチ俳優として活躍するマルック・トイッカ、「愛しのタチアナ」までカウリスマキ作品の顔だったマッティ・ペロンパー、カウリスマキ作品の常連名脇役であるエスコ・ニッカリほか。1983年第1回フィンランド・ユッシ賞最優秀処女作品、最優秀脚本賞受賞。

ラヴィ・ド・ボエーム

パリを舞台に、3人の芸術家のボヘミアン生活を描く。監督・製作・脚本は「コントラクト・キラー」のアキ・カウリスマキ、原作はアンリ・ミュルジェールの小説『ボヘミアン生活の情景』(Scenes de la vie de boheme)、撮影はティモ・サルミネンが担当、音楽はセルジュ・レジアニが歌う「僕は飲む」、しのはらとしたけが歌う「雪の降る町を」などの既成曲を使用している。

NEW今日命日の映画人 12/1

シェリー・モリソン(2019)

無邪気な悪魔におもちゃが8つ

子供によって行われるショッキングな殺戮を描いたホラー。感化院の車が雪山で事故に遭い、護送されていた5人の問題児たちが脱走する。ロッジで冬を楽しく過ごそうとしていた大人たちに保護されるが、子供たちは彼らを残酷な方法で殺し始め…。【スタッフ&キャスト】監督:ショーン・マグレガー 脚本:ジョン・ダーレン 撮影:ポール・ヒップ/マイケル・シェア 出演:レイフ・ギャレット/ソレル・ブーク/ジーン・エヴァンス/シェリー・モリソン

愛のそよ風

『チェンジリング』のクリント・イーストウッドが初めて監督業だけに専念して制作したドラマ。不動産業を営む裕福な中年・フランクは、ある日ヒッピー風の少女・ブリージーと出会う。初めは自由に生きる彼女に苛立ちを覚えていたがフランクだったが…。【スタッフ&キャスト】監督:クリント・イーストウッド 製作:ロバート・デイリー 脚本:ジョー・ハイムズ 撮影:フランク・スタンリー 出演:ウィリアム・ホールデン/ケイ・レンツ/ロジャー・C・カーメル/シェリー・モリソン
マイケル・ライ(2019)

ルージュ(1987)

恋人を探すために現世へ戻ってきた美貌の幽霊の激しくも切ない恋を描くロマンチック・ファンタジー。監督はスタンリー・クワン。出演は、レスリー・チャン、アニタ・ムイ、アレックス・マンほか。2013年3月30日より、東京・シネマート六本木、大阪・シネマート心斎橋にて開催された「レスリー・チャン メモリアル」にてデジタル上映。

九龍の眼

悪質な爆弾犯人たちを追いつめる香港警察の刑事チェンの活躍を描くアクション。「ポリス・ストーリー 香港国際警察」の続篇で、監督・主演・原案・スタント監修は「サイクロンZ」のジャッキー・チェン(成龍)、製作総指揮はレイモンド・チョウ(鄒文懐)とレナード・ホウ(何冠昌)、製作はエドワード・タン、脚本はエドワード・タンとジャッキー・チェン、撮影はチョウ・イウゾウ(張耀祖)とリー・ヤウトン(李有棠)、音楽はマイケル・ライ(黎小田)が担当。出演はほかに「ポリス・ストーリー 香港国際警察」のマギー・チャン(張曼玉)、「プロジェクトA2 史上最大の標的」のタン・ピョウ(董驃)、「サイクロンZ」のクリスタル・コオ(郭錦恩)など。ビデオタイトル「ポリス・ストーリー2 九龍の眼」。

「五番街の出来事」を観ているあなたにおすすめの映画