5人のテーブル

ごにんのてーぶる
上映日
1983年3月19日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

離婚によってできた溝を埋めようとする父親と子供たちの心の交流を描く。ロバート・シャッフェルとジョン・ヴォイトが、CBSシアトリカル・フィルムズのために作った。製作はロバート・シャッフェル。監督はCM出身のロバート・リーバーマン、脚本はデイヴィッド・セルツァー、撮影はヴィルモス・ジグモンド、音楽はジョン・モリスが担当。出演はジョン・ヴォイト、リチャード・クレンナ、ミリー・パーキンス、マリー=クリスチーヌ・バロー、ロクサーナ・ザル、ロビー・カイガー、ソン・ホアン・ブイなど。

「5人のテーブル」のストーリー

ニューヨークのアノー家では、みんながてんてこまいしているのに、長男のトラン(ソアン・ホアン・ブイ)は自室で、ビデオ・ゲームをやっていた。やがて、父親のミッチェル(リチャード・クレンナ)と母親のキャスリーン(ミリー・パーキンス)にせきたてられて、子供たちは自動車にのって空港へ行く。末っ子のトルーマン(ロビー・カイガー)は便所で中年の男に会う。その男ジェームズ・P・タネン(ジョン・ヴォイト)こそ、トルーマンの実の親であった。タネンは元ブロゴルファーだったが、そのだらしない性格のため、妻のキャスリーンと離婚、今は不動産屋をしている。キャスリーンはトルーマン、娘ティルド(ロクサーナ・ザル)、そしてタネンがフィリピンのゴルフ場で出会って養子にしたトランの三人をつれて、5年曲に弁護士のミッチェルと再婚していた。今回の夏休みは、久し振りに父親と子供たちが一緒に船旅をして親子の愛情を確認しようというのだった。しかし、その行先が、エジプトと聞いてあきれるキャスリーンとミッチェル。キャスリーンは、あい変わらず夢みたいなことを考える人だわと思うのだった。かくして、子供三人とジェームズは、地中海周航のヴィスタフィヨルド号に乗り込んた。子供たちの前で父親らしく掘る舞おうとするジェームズだか、どこかぎこちない。ディナーのテーブルにしても五人分の椅子が用意されており、孤独な老人がいたら一緒に食事に誘うつもりだったと言い訳をするジェームズ。一人旅の女性を誘うつもりのジェームズの腹を見抜いた子供たちは、「あの寂しそうなおじいさんはどう?」。食後、ジェームズはトランから意外なことを聞く。トルーマンは勉強拒否児で字が読めず、来学期は身障児学級に移されるというのだ。翌日から嫌がるトルーマンに文字を教えるジェームズ。またトランが他の客に迷惑をかけるので、ジェームズが怒ると、「あんたなんか父親じゃない」と開き直られた。ついに父親役を放棄し、友達としてつきあおうとジェームズは言い出す。そんな彼と親しくなったフランス人のマリー(マリー・クリスチーヌ・バロー)も、離婚して娘たちと一緒に暮しているのだとうちあけた。ジェームズと子供達は最初の寄港地ローマで、名所を見物して旅を満喫した。ナポリに寄り、やがてアテネに着くという頃、ミッチェルから電話が入り、キャスリーンが交通事故で死亡したと知らせて来た。翌日、アテネでミッチェルと会うジェームズ。ミッチェルは「子供たちを連れて帰る」という。ジェームズは、しばらく待ってくれと頼んだ。妻のこと、子供達のことを思うとジェームズは深い悲しみに沈む。カイロで再び会ったミッチェルは「子供は私が育てる。裁判に訴えてもいい。君が勝てるわけはない」と宣言する。ジェームズはスフィンクスの前で、母親の死をつげる。ショックを受ける子供達。チョニスでトランが逃げ出した。彼を追ったジェームズはトランの「ぼくが欲しいのは友達じゃない、父親だ」という言葉に、自分の間違いを悟る。トルーマンも今まで出来なかった言葉を正確に積み木で綴ってみせた。ジェノヴァの港で、三たびミッチェルに会ったジェームズは子供たちを愛していること、そのためには戦うことをつげる。ミッチェルも言う「ぼくも彼らを愛している」と。二人は子供たちと手を取り合い歩み出す。

「5人のテーブル」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「5人のテーブル」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1983
公開年月日 1983年3月19日
製作会社 ヴォイト=シャフェル(CBS)作品
配給 日本ヘラルド
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「5人のテーブル」のみんなのレビュー

「5人のテーブル」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 4/12

黒木和雄(2006)

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に急逝した映画監督・黒木和雄が訴え続けた平和への想いを映し出すドキュメンタリー。監督の肉声や作品、同世代の著名人や10代の学生のインタビューを通して、彼が抱いていた危機感、戦争を知らない世代が今の時代をどう捉えているのかを紐解いてゆく。監督は、黒木監督の「竜馬暗殺」などの助監督を経て、「正午なり」でデビューした後藤幸一。

紙屋悦子の青春

敗戦を間近に控えた田舎町を舞台に、出兵する二人の若者と残された娘の恋を描いた、ラブストーリー。原作は松田正隆氏の戯曲。ヒロイン・紙屋悦子役には「大停電の夜に」の原田知世。悦子を思う兵士役に、永瀬正敏と松岡俊介。監督は「父と暮らせば」の黒木和雄。
大平透(2016)

銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。