護国の騎士

ごこくのきし
製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

「テキサス無頼漢」「高原強襲隊」と同じくトム・ミックス主演西部劇で、「暗黒街に踊る」の脚色者リチャード・スカイヤーが原作し、ジャック・ナットフォードとトム・クライザーが脚色して台詞をつけ「インチキ競馬」のカート・ニューマンが監督に当たり、例によってダニエル・B・クラークが撮影したもの。助演者は「街の野獣(1932)」「インチキ競馬」の子役ミッキー・ルーニー、「腕の男」「鉄窓と花束」のノール・フランシス「秘密の6」のポール・ハースト、「オーバー・ザ・ヒル」のジェームズ・カークウッド、1931年度のミス豪州ファイニス・バートン、スチュアート・ホームズ、クラリッサ・セルウィン、ウォーリス・クラーク等。

「護国の騎士」のストーリー

アルヴァニア王国の王様チャールズは10歳の幼年であった。執政シュワルツは皇太后と結んで国政を治めていたが、重税を課して人民を塗炭の苦しみに陥れること以外に手腕のないシュワルツはまたもや新税を考えついてチャールズ王に署名を求めたが、王は丁度町に来ているアメリカの曲馬団を見学させなければ署名しないとわがままを言ってきかない。そこでトム・リードが率いるサーカスは王様の御前で熱演しトムと王様とは仲良しになった。そしてシュワルツの反対を却けて王はトムを翌日宮廷に召される。トムはシュワルツの悪政を耳にしていたので国王たるものは税金を無闇に取り立てれば民は疲労するばかりで、やがては亡国の原因となるものであるから、須く自由を幸福と正義とを民に興えなければならない、と説き聞かせた。チャールズ王は齢わづかに10歳だったがトムの言に道理あることを悟り、忠良なる臣民を苦しめていたことを恥じた。そしてトムが御前を退去した後、シュワルツが署名を乞いにもって来た新税徴収の勅令をズタズタに破り棄てた。シュワルツは怒り且つ狼狽して皇太后と秘密談合をした上で、チャールズ王と家庭教師のロレンツを誘惑して、古城の牢獄に監禁して了った。シュワルツはロレンツに向かって彼は王と共に死すべきことを宣告した。そして二発だけ弾丸をこめたピストルをロレンツに渡した。王が失踪したのでその叔母に当たるエルザ姫は、トムの許に急行して王の救助を依頼した。トムは配下のカウボーイとインディアンを引き連れて古城に向かった。エルザ姫が教えてくれた道案内によってトム等は遂に古城を発見して、守備の兵隊を激戦を始めた。トムは守備を傷つけずに脅かす手段に出てついにチャールズ王を救うことに成功した。(大日本ユニヴァーサル社輸入)

「護国の騎士」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「護国の騎士」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1932
製作会社 ユニヴァーサル映画
配給 大日本ユニヴァーサル支社
レイティング

「護国の騎士」のみんなのレビュー

「護国の騎士」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/1

エリカ・リバス(1974)

人生スイッチ

アルゼンチンで国内年間ランキング1位を獲得したオムニバス形式のブラック・コメディ。製作は、「オール・アバウト・マイ・マザー」のペドロ・アルモドバル。出演は、「瞳の奥の秘密」のリカルド・ダリン。第87回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート、第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。
ヴェイッコ・アールトネン(1955)

罪と罰(1983)

殺人を犯した青年の行動を乾いたタッチで描く作品。「白い花びら」のアキ・カウリスマキ、監督長編第1作。原作はロシアの文豪、ドストエフスキーの同名小説。出演はマルチ俳優として活躍するマルック・トイッカ、「愛しのタチアナ」までカウリスマキ作品の顔だったマッティ・ペロンパー、カウリスマキ作品の常連名脇役であるエスコ・ニッカリほか。1983年第1回フィンランド・ユッシ賞最優秀処女作品、最優秀脚本賞受賞。

ラヴィ・ド・ボエーム

パリを舞台に、3人の芸術家のボヘミアン生活を描く。監督・製作・脚本は「コントラクト・キラー」のアキ・カウリスマキ、原作はアンリ・ミュルジェールの小説『ボヘミアン生活の情景』(Scenes de la vie de boheme)、撮影はティモ・サルミネンが担当、音楽はセルジュ・レジアニが歌う「僕は飲む」、しのはらとしたけが歌う「雪の降る町を」などの既成曲を使用している。

NEW今日命日の映画人 12/1

シェリー・モリソン(2019)

無邪気な悪魔におもちゃが8つ

子供によって行われるショッキングな殺戮を描いたホラー。感化院の車が雪山で事故に遭い、護送されていた5人の問題児たちが脱走する。ロッジで冬を楽しく過ごそうとしていた大人たちに保護されるが、子供たちは彼らを残酷な方法で殺し始め…。【スタッフ&キャスト】監督:ショーン・マグレガー 脚本:ジョン・ダーレン 撮影:ポール・ヒップ/マイケル・シェア 出演:レイフ・ギャレット/ソレル・ブーク/ジーン・エヴァンス/シェリー・モリソン

愛のそよ風

『チェンジリング』のクリント・イーストウッドが初めて監督業だけに専念して制作したドラマ。不動産業を営む裕福な中年・フランクは、ある日ヒッピー風の少女・ブリージーと出会う。初めは自由に生きる彼女に苛立ちを覚えていたがフランクだったが…。【スタッフ&キャスト】監督:クリント・イーストウッド 製作:ロバート・デイリー 脚本:ジョー・ハイムズ 撮影:フランク・スタンリー 出演:ウィリアム・ホールデン/ケイ・レンツ/ロジャー・C・カーメル/シェリー・モリソン
マイケル・ライ(2019)

ルージュ(1987)

恋人を探すために現世へ戻ってきた美貌の幽霊の激しくも切ない恋を描くロマンチック・ファンタジー。監督はスタンリー・クワン。出演は、レスリー・チャン、アニタ・ムイ、アレックス・マンほか。2013年3月30日より、東京・シネマート六本木、大阪・シネマート心斎橋にて開催された「レスリー・チャン メモリアル」にてデジタル上映。

九龍の眼

悪質な爆弾犯人たちを追いつめる香港警察の刑事チェンの活躍を描くアクション。「ポリス・ストーリー 香港国際警察」の続篇で、監督・主演・原案・スタント監修は「サイクロンZ」のジャッキー・チェン(成龍)、製作総指揮はレイモンド・チョウ(鄒文懐)とレナード・ホウ(何冠昌)、製作はエドワード・タン、脚本はエドワード・タンとジャッキー・チェン、撮影はチョウ・イウゾウ(張耀祖)とリー・ヤウトン(李有棠)、音楽はマイケル・ライ(黎小田)が担当。出演はほかに「ポリス・ストーリー 香港国際警察」のマギー・チャン(張曼玉)、「プロジェクトA2 史上最大の標的」のタン・ピョウ(董驃)、「サイクロンZ」のクリスタル・コオ(郭錦恩)など。ビデオタイトル「ポリス・ストーリー2 九龍の眼」。