ごくらく珍爆弾

ごくらくちんばくだん
上映日
1950年7月11日

製作国
アメリカ

上映時間
74分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ローレル&ハーディの極楽シリーズ第5作。脚本はスコット・ダーリングが執筆。製作はソル・M・ワーツェル、監督はマルコム・セント・クレア、撮影はジョー・マクドナルド、音楽はエミール・ニューマンが担当。出演はスタン・ローレル、オリヴァー・ハーディ、ドリス・メリック、アーサー・スペイス、ジャック・ノートンなど。

「ごくらく珍爆弾」のストーリー

L.A.の発明家ハートリーは世界一の超高性能爆弾を発明したが、スパイが狙っているのを知り、探偵を雇う。その探偵はローレルとハーディという名の即席の探偵たちで、ハートリーの家へ現れるなり失敗の連続だ。政府から爆弾を持ってワシントンへ来いと呼び出しが来て、この二人組探偵は徹夜で爆弾を見張る。そこへスパイが侵入するが、ハートリーはニセ爆弾を二人に持たせて先発させ、スパイはまんまとその後を追う。しかし、ニセ爆弾と思って二人に持たせたのは、本物の爆弾だった! そうとは知らない二人組は、首尾よくスパイをまき、爆弾はゴム玉だと思ったまま、のんびり汽車の旅を続ける。途中、ハートリーから電報で事の次第を知らされ、冷や汗をかくのだった。乗換駅でまたもやスパイに発見され、慌てて小型飛行機に隠れるが、自動操縦仕様の飛行機は空中に舞い上がり、危ないところでパラシュートで脱出する。下には海が広がり、敵国の潜水艦が走っている。潜水艦を狙って投下した爆弾は見事に命中して、二人は凱歌を上げながら大海原へ降下していった。

「ごくらく珍爆弾」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ごくらく珍爆弾」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1944
公開年月日 1950年7月11日
上映時間 74分
製作会社 20世紀フォックス作品
配給 セントラル
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダード

「ごくらく珍爆弾」のみんなのレビュー

「ごくらく珍爆弾」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。