極楽オペレッタ

ごくらくおぺれった
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「宝の山」と同じくローレル及びハーディ主演のホール・ローチ喜劇でジーン・ネグレス・ロジャースが書卸し、ジェームズパーロット、チャールズ・メルソン、フェリックス・アドラーが協力脚色、「木に登る女」のジョン・G・ブライストーンが監督、ノーバート・プロディンとアート・ロイドが協力撮影したもの。助演者はデラ・リンド、「オペラは踊る」のウォルター・ウルフ・キング、「ラジオの歌姫」のエリック・ブローアその他多勢である。

「極楽オペレッタ」のストーリー

有名な青年作曲家ヴィクターは、独り静かにオペレッタを書くため妻のアンナに行先も告げず、スイスの山嶽ホテルに投宿した。その頃この町に来たのは、鼠取器のセールスマンであるローレルとハーディの2人だった。彼らはあるチーズ商人を訪れて、所有の鼠取器を全部売りつけたが、支払われた金は全然無価値のものだった。しかし2人は少しもそれに気づかず、ホテルへ行って豪奢な料理を注文し、更に料理が気に入らんというのでコック長を散々に怒鳴りつけた。さて勘定の際になって2人が無価値な金より外に持っていないのを知ったホテルの支配人は、かんかんに腹を建てて2人を勘定の代りに台所で働かせることにした。皿を1枚割ると彼らは1日だけ多く働かねばならぬ。それを見たコック長は前の腹いせにわざと2人が皿を割るようにしむけた。ヴィクターの妻でプリマ・ドンナのアンナは夫の居所を探してやってきたが彼は仕事の邪魔になると云って追帰そうとするので、アンナはローレルとハーディーの例に習って勘定を支払わなかった。翌日彼女はたちまちホテルの給仕女を命ぜられる。ヴィクターは彼女を家へ帰そうとするが、アンナは夫が自分を虐待すると新聞社に告げてやると脅すのでそのままになる。ローレルとハーディーはアンナがヴィクターの妻であることを知らないで彼女を恋する。この夫妻は互に愛し合っているのだが、妻の評判が良いのを嫉妬した夫は、この地方を背景にしてアンナの役を含まぬ新作を書こうとしているのだった。祭の日にアンナは百姓の娘に扮し、群集に混って歌った。ヴィクターはそれを聞いてついに新作を完成したが、その歌は妻が自分のために歌ってくれたことを知り、アンナを室に呼寄せて2人は固く相擁した。ローレルとハーディーは初めて彼女がヴィクターの妻であることを知った。そして失恋した2人は悄然としてこの町を立去るのであった。

「極楽オペレッタ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「極楽オペレッタ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1938
製作会社 M・G・M映画
配給 MGM映画
レイティング

「極楽オペレッタ」のみんなのレビュー

「極楽オペレッタ」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません