豪族の砦

ごうぞくのとりで Rob Roy,the Highland Rogue
上映日
1955年7月6日

製作国
アメリカ

上映時間
81分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「剣と薔薇」「ロビン・フッド(1952)」などと同じく、製作パース・ピアース、脚本ローレンス・E・ワトキン、撮影ガイ・グリーン、主演リチャード・トッド、グリニス・ジョンズらによるウォルト・ディズニー・プロ1953年作のスコットランドを舞台にした剣戟映画で、監督は「彩られし幻想曲」のハロルド・フレンチ。音楽は「砂漠の悪魔」のセドリック・ソープ・デイヴィである。トッド、ジョンズ以下の助演者もいつものディズニー劇映画と大体同じ顔ぶれで、ジェームズ・ロバートソン・ジャスティス、マイケル・ガフ、フィンレイ・カリー、ジーン・テイラー・スミス、ジョフリー・キーンなどが出演している。

「豪族の砦」のストーリー

王位の継承をめぐって、スコットランドとイングランドが対立し ていた18世紀。スコットランドのマッグレガー一族をひきいるロブ・ロイ(リチャード・トッド)は、戦いに破れて捕虜となった。スコットランド出の総督アーギル公を失脚させ、自ら総督になろうとたくらむ司令官モントローズ公は、アーギル公がスコットランドと内通しているという偽の告白書をロイに書かせようとしてはねつけられ、ロンドンへの護送途上でロイを殺そうとした。しかしマッグレガー軍の急襲によってロイは救われ、故郷に帰って許婚者のメアリー(グリニス・ジョンズ)に再会することができた。その後ロイは山にこもって、総督になったモントローズ公を苦しめ、公は怒って無実の村人を圧迫するばかりでなく、ロイの屋敷を焼いて彼の母を射殺した。その上、メアリーのすすめで講和交渉に応じたロイは、卑劣な総督方のキャドガン将軍から狙撃され、遂に堪忍袋の緒を切った。その時、スコットランドに同情的なアーギル公は、ジョージ1世に直接会ってロイの大赦を乞い、王もロイが忠誠を誓うなら許そうと言明した。しかし時既に遅く、マッグレガー軍はキャドガン将軍の城を占領し、戦争の火ぶたが切られた。アーギル公の必死の和平交渉も空しく、国王はロイ一族の討伐命令を出そうとした。その時、ロイの腹心が宮廷にたずねて来て、和平交渉に応じるというロイの真意を伝えた。彼は、「男たちは死ぬのが本望かもしれませんが、残される妻子のことは何とも思わぬのですか」というメアリーの言葉に心を動かされてやって来たのだった。王は快くロイとマッグレガー一族の帰順を許した。

「豪族の砦」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「豪族の砦」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1953
公開年月日 1955年7月6日
上映時間 81分
製作会社 RKOラジオ映画
配給 RKOラジオ日本支社
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー
音量 モノラル

「豪族の砦」のみんなのレビュー

「豪族の砦」のレビューを書く

「豪族の砦」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/15

カロリン・ダヴァーナス(1978)

エスケイプ

エイドリアン・ブロディが製作総指揮、主演を務めたシチュエーションスリラー。大破した車の中で目覚めた男。脚を挟まれて身動きが取れず、記憶も一切失くしてしまった彼が、かすかな手掛かりを頼りに自分の正体と事件の真相を解き明かしていく。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:クレイ・エプスタイン 製作:カイル・マン 監督:マイケル・グリーンスパン 脚本:クリストファー・ドッド 製作総指揮・出演:エイドリアン・ブロディ 出演:カロリン・ダヴァーナス/ライアン・ロビンズ/エイドリアン・ホルムス

A TIME OF WAR

近代戦でもっとも過酷な戦場のひとつ“パッシェンデールの戦い”を描いた戦争アクション。フランスで傷を負いカルガリーへ戻って来たマイケル軍曹は、陸軍看護師・サラの弟が喘息持ちであることを隠して兵隊に志願したことを知り、再び戦場へ戻るが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・出演:ポール・グロス 製作:フランシス・ダンバーガー 撮影:グレゴリー・ミドルトン 音楽:ヤン・A・P・カチュマレク 出演:カロリン・ダヴァーナス/ギル・ベローズ/ジョー・ディニコル/アダム・ハリントン
ニコラス・ハモンド(1950)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 5/15

該当する人物がいません