ゴールデン・キッド

ごーるでんきっど
上映日
1966年9月6日

製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

ルイ・ラムーアの原作をジャック・ナットフォードが脚色、出演俳優の1人リチャード・カールソンが監督した西部劇。撮影はマニュエル・メシング。音楽はジョニー・ダグラスが担当。出演は「野望の系列」のドン・マレイと「バイ・バイ・バーディー」のジャネット・リーに、「見知らぬ人でなく」のブロデリック・クロフォードが共演。製作はジャック・O・ラモントとジェイムズ・J・ストロウ・ジュニアが共同で当たっている。さらに総指揮をエリス・サードが担当。

「ゴールデン・キッド」のストーリー

キッド(ドン・マレイ)とハービン(ブローデリック・クロフィード)はシェリダンに向かって馬を飛ばしていた。その町に5万ドルの黄金が隠されているという秘密の情報を手に入れたからだ。ところが、ハービンが些細なことからやくざを殺したため黄金を目の前にして、2人はユマの監獄へぶちこまれた。もともと無実のキッドは、1年の刑で出獄した。キッドに黄金を1人占めにされてはと、ハービンは囚人仲間のトーマスと脱獄、キッドの後を追った。一方、いずこともなく黄金の秘密を嗅ぎつけたインディアン、ヤクイ族の酋長キャバリーも一族を率いてシェリダンに向かった。さらにキッドがシェリダンに入った時、リンクとその女ノラ(ジャネット・リー)がなかば脅迫して、黄金探しに加った。黄金はあるにはあった。しかし表面上山わけを約束した彼らだったが、黄金をまのあたりにすると、それぞれに1匹の野獣にしかすぎなかった。キッドがなかに入って協定を結ぼうとしたのにも拘らず、リンクはハービンに撃ち殺された。翌朝、キッド、ノラ、ハービンの3人はシェリダンを出発した。まもなくインディアンののろしが目に写った。いよいよキャバリー・ハットが彼らを追ってきたのだった。キッドらの一行が砂漠にさしかかった時突然インディアンが襲撃を開始した。インディアンとの交戦中、どさくさにまぎれハービンはキッドに銃口を向けた。しかしインディアンに背を向けた時、ハービンの背中にキャバリーの銃弾が命中した。そして次の瞬間、キッドはキャバリーを撃ち倒していた。酋長を失ったインディアンは静かに消えていった。黄金を手にしたキッドは、いつしか愛のつぼみがふくらんでいたノラとユマの町へ向かった。

「ゴールデン・キッド」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ゴールデン・キッド」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1966
公開年月日 1966年9月6日
製作会社 トライデント・フィルムズ・プロ=フェニクス・フィルム・ プロ共同
配給 パラマウント
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダード

「ゴールデン・キッド」のみんなのレビュー

「ゴールデン・キッド」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/13

キャンディス・アッコラ(1987)

デッドガール(2008)

学生たちが、廃墟となった病院に裸のまま繋がれていたいくら嬲っても死なない女に、凌辱を加える猟奇的なスリラー。2008年トロント国際映画祭などの映画祭で上映され、あまりにも異常な狂気が物議を醸した。監督は「チャーリー 世界一かわいい犬と僕が伝えたいこと」(未)のマルセル・サーミエント。さえない学生を「赤ずきん」のシャイロー・フェルナンデスが、さえない学生が思いを寄せる女子を「オン・ザ・ドール」(未)のキャンディス・アッコラが、何をされても死なない女を本作が映画デビュー作となったジェニー・スペインが、女が死なないのをいいことに好き放題し次第に狂気に陥っていく友人を「LOOPER/ルーパー」のノア・セガンが演じる。
シオバン・ファロン(1961)

ホワッツ・イン・ザ・シェッド

「ブラッドナイト」のフランク・サバテラ監督によるホラー。スタンの家にある小屋から怪しげな声が聞こえてくるようになり、不審者を追い出そうと小屋の中に入った者が次々に八つ裂きに。友人のドマーは、これで嫌な奴らに仕返しができると言い出すが……。出演は「X-DAY 黙示録」のジェイ・ジェイ・ウォーレンほか。特集『未体験ゾーンの映画たち2021』にて上映。

ハウス・ジャック・ビルト

第71回カンヌ国際映画祭に出品され、過激な描写で物議を醸したラース・フォン・トリアーの問題作。1970年代のワシントン州。建築家を志す独身の技師ジャックは、ある出来事をきっかけに、アートを創作するかのように、殺人に没頭するようになる……。出演は「マイ・ライフ・メモリー」のマット・ディロン、「エレニの帰郷」のブルーノ・ガンツ、「ニンフォマニアック Vol.1」のユマ・サーマン。

NEW今日命日の映画人 5/13

ドリス・デイ(2019)

ニューヨークの大停電

クロード・マグニアの舞台劇を、この映画製作者で「マーメイド作戦」のエヴェレット・フリーマンと「ベン・ハー(1959)」のカール・タンバーグが脚色、「恐怖の蝋人形」のハイ・アヴァーバックが監督したコメディ。撮影は「レッド・リバーのガンマン」のエルスワース・フレデリックスのニューヨーク・ロケ、音楽は「卒業」のデーヴ・グルーシンが担当した。出演は「おしゃれスパイ危機連発」のドリス・デイ、「プレイラブ48章」のロバート・モース、「大進撃」のテリー・トーマス、「アルバレス・ケリー」のパトリック・オニールほか。製作は、脚本担当のエヴェレット・フリーマンとマーティン・メルチャー。

おしゃれスパイ危機連発

「独身アパート」のフランク・タシュリンとジェイ・ジェイソンが脚本を書き、タシュリンが監督したコメディ。撮影は「華麗なる激情」のレオン・シャムロイ、音楽は「飛べ! フェニックス」のフランク・デヴォールが担当した。出演は「ただいま熱愛中」のドリス・デイ、「ハワイ」のリチャード・ハリス、「ねえ!キスしてよ」のレイ・ウォルストン、「アパートの鍵貸します」のジャック・クラシェンほか。製作はアーロン・ローゼンバーグとマーティン・メルチャー。

「ゴールデン・キッド」を観ているあなたにおすすめの映画