ゴースト 血のシャワー

ごーすとちのしゃわー
上映日
1980年10月10日

製作国
アメリカ

ジャンル
ホラー

ここが見どころ

1隻の鋼鉄船との衝突事故で海にさらされた豪華船の生存者が、その場に現われた無気味な船に乗り込んだことから、怪奇な事件に次々に巻き込まれるという恐怖映画。製作はデレク・ギブソンとハロルド・グリーンバーグ、監督はアルヴィン・ラーコフ、ジャック・ヒルとデビッド・P・ルイスの原案を基にジョン・ロビンスが脚色。撮影はレネ・ヴェルジェ、音楽はアイヴォー・スレーニー、特殊効果はマイク・アルブレッチェンが各々担当。出演はジョージ・ケネディ、リチャード・クレンナ、ニック・マンキューソ、サリー・アンホースなど。

「ゴースト 血のシャワー」のストーリー

北大西洋を渡る豪華客船が、航海中、疾走してきた1隻の黒い鋼鉄船に激突し、生存者8人がボートに乗り海の上を漂っていた。やがて、そこに黒い船が現われ誘うようにタラップがおりた。船長のアシュランド(ジョージ・ケネディ)、マーシャル(リチャード・クレンナ)、その妻マーガレット(サリー・アンホース)、それに2人の子供、航海士、女性実業家のロリ(ビクトリア・バーゴイン)などは、恐る恐るもその船に乗り込んだ。その船は人気がなく、一行を乗せ終わると、ひとりでにイカリをあげ疾走しはじめた。乗る瞬間にクレーンに吊し上げられ、その衝撃でしばらく療養していたアシュランドは、意識を回復すると別人のような行動をとり、看護に当っていた女性を絞殺するという事件をおこす。一方、航海士と愛のひとときを過ごしたロリはシャワー室でお湯のかわりに放出された血のシャワーを浴び、恐怖のために狂い死にした。調査の結果その船は40年前のナチス・ドイツの拷問船であることが判明しミイラ化した死体や当時の残虐な情況を写し出すフィルムなどが発見された。しかも、そのナチス・ドイツ軍と、その犠性となった人たちの怨念が、今、アシュランドにのり移り、彼を狂気の殺人鬼と変貌させていたのだ。航海士も殺され、残されたマーシャル親子は、必死の抵抗を試みた。運よく死体の入った冷蔵庫に救命具があり、必死にその呪われた船から海にのがれた。焦るアシュランドは、自分も追跡のためにその船から離れようとするが、船は逆にアシュランドを呪縛し抹殺した。

「ゴースト 血のシャワー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ゴースト 血のシャワー」のスペック

基本情報
ジャンル ホラー
製作国 アメリカ
製作年 1980
公開年月日 1980年10月10日
製作会社 サンディ・ハワード&ハロルド・グリーンバーグ・プロ作品
配給 松竹=富士映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「ゴースト 血のシャワー」のみんなのレビュー

「ゴースト 血のシャワー」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません