明日の太陽

あすのたいようあしたのたいよう
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「散り行く花」「令嬢殺人事件」のクラレンス・ブラウンが監督した映画で、「グランド・ホテル」「戦く幻影」のライオネル・バリモアと「僕の自叙伝」「散り行く花」のリュイス・ストーンが共演するもの。C・L・アンソニイ原作の舞台劇に基づいて「笑う罪人」「巴里の魔人」のベス・メレディスがH・M・ハーウッドと共同して脚本を書き、「雨」「散り行く花」のオリヴァー・マーシュが撮影した。助演者は「婦人に御給仕」のベニタ・ヒューム折びエリザベス・アラン、「蒼白いまぶた」のフリップス・ホームス及びダグラス・ウォルトン・ドリス・ロイド、ハリウェル・ホップス等。

「明日の太陽」のストーリー

サービス商会はロンドンでデパートメント・ストアを開業して以来200年も経て、最も信用の厚い老舗である。当主デイブリエルは1男1女を設けた妻と死別し、後妻に若いイソベルを迎えている。イソベルは金と地位が欲しさに結婚したので、夫に対しては誠実な愛を持たず、秘かにある男と関係しているがゲイブリエルは一途にイソベルを愛して眼が眩んでいる。娘のカロラインは継母の秘密を知っているが、老いた父に幻滅を感じさせるのに忍びず、イソベルの不実を憎みながら傍観しているより他になかった。家庭の不穏にも似て、サービス商会も世界的不況の影響を受けて業績上がらず、重役たちの緊縮策にゲイブリエルも同意の止むなきに至り、多くの店員を馘首した。その中には勤続40年のベントン老人もいた。が店員の馘首くらいで不況は好転せず、サービスはついに家産もほとんど店の方につぎこんでしまって無一文の状態だった。それを知るやイソベルは夫を捨てて愛人の許へ走ってしまう。サービスは内戞外患一時に襲いきって精神的に大打撃をこうむったが、娘カロライン、息子のマイケル等に励まされて心持ちだけは取り直した。しかし、サービス商会はある新興のチェーン・ストアの大会社に身売りしなければ立ち行かぬはめとなり、ゲイブリエルは子供のため店員たちの薦め、買収に応ずる決心をする。ところが馘首されて以来菓子屋を開業して小さいながら成功しているベントンがゲイブリエルに、自分の心境を語って男子は戦うべきだと処世訓をして聞かせた。折から息子のマイケルは自ら考案した金属家具が大陸諸国の取り引き先で歓迎されているとの報をもたらして、サービス商会再興の望みが充分あることが分かった。カロレインは絹物部に1女店員として働くという意気込みを見せるし、彼女の恋人でゲイブリエルの秘書役ジェフリイも主人を皷舞した。ゲイブリエル・サービスは親しい者たちの勇気に励まされ、チェーン・ストアからの買収申し込みを蹴飛ばして、老舗サービス商会甦生の第1歩を踏み出したのであった。

「明日の太陽」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「明日の太陽」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1933
製作会社 M・G・M映画
レイティング

「明日の太陽」のみんなのレビュー

「明日の太陽」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/1

該当する人物がいません

NEW今日命日の映画人 12/1

シェリー・モリソン(2019)

無邪気な悪魔におもちゃが8つ

子供によって行われるショッキングな殺戮を描いたホラー。感化院の車が雪山で事故に遭い、護送されていた5人の問題児たちが脱走する。ロッジで冬を楽しく過ごそうとしていた大人たちに保護されるが、子供たちは彼らを残酷な方法で殺し始め…。【スタッフ&キャスト】監督:ショーン・マグレガー 脚本:ジョン・ダーレン 撮影:ポール・ヒップ/マイケル・シェア 出演:レイフ・ギャレット/ソレル・ブーク/ジーン・エヴァンス/シェリー・モリソン

愛のそよ風

『チェンジリング』のクリント・イーストウッドが初めて監督業だけに専念して制作したドラマ。不動産業を営む裕福な中年・フランクは、ある日ヒッピー風の少女・ブリージーと出会う。初めは自由に生きる彼女に苛立ちを覚えていたがフランクだったが…。【スタッフ&キャスト】監督:クリント・イーストウッド 製作:ロバート・デイリー 脚本:ジョー・ハイムズ 撮影:フランク・スタンリー 出演:ウィリアム・ホールデン/ケイ・レンツ/ロジャー・C・カーメル/シェリー・モリソン
マイケル・ライ(2019)

ルージュ(1987)

恋人を探すために現世へ戻ってきた美貌の幽霊の激しくも切ない恋を描くロマンチック・ファンタジー。監督はスタンリー・クワン。出演は、レスリー・チャン、アニタ・ムイ、アレックス・マンほか。2013年3月30日より、東京・シネマート六本木、大阪・シネマート心斎橋にて開催された「レスリー・チャン メモリアル」にてデジタル上映。

九龍の眼

悪質な爆弾犯人たちを追いつめる香港警察の刑事チェンの活躍を描くアクション。「ポリス・ストーリー 香港国際警察」の続篇で、監督・主演・原案・スタント監修は「サイクロンZ」のジャッキー・チェン(成龍)、製作総指揮はレイモンド・チョウ(鄒文懐)とレナード・ホウ(何冠昌)、製作はエドワード・タン、脚本はエドワード・タンとジャッキー・チェン、撮影はチョウ・イウゾウ(張耀祖)とリー・ヤウトン(李有棠)、音楽はマイケル・ライ(黎小田)が担当。出演はほかに「ポリス・ストーリー 香港国際警察」のマギー・チャン(張曼玉)、「プロジェクトA2 史上最大の標的」のタン・ピョウ(董驃)、「サイクロンZ」のクリスタル・コオ(郭錦恩)など。ビデオタイトル「ポリス・ストーリー2 九龍の眼」。

「明日の太陽」を観ているあなたにおすすめの映画