殺しのエージェント

ころしのえーじぇんと
上映日
1967年2月25日

製作国
アメリカ

ジャンル
アクション

ここが見どころ

ジョン・ガードナーの同名小説をピーター・イェルダムが脚色、ジャック・カーディフが監督したスパイ・アクション。撮影はテッド・スケイフ、音楽はラロ・シフリンが担当した。出演は「マーメイド作戦」のロッド・テイラー、「悪のシンフォニー」のトレヴァー・ハワードのほか、ジル・セント・ジョン、デイヴィッド・トムリンソンなど。製作はジョン・ベニングトン。

「殺しのエージェント」のストーリー

ロンドンの町はずれで安カフェをやっている気の弱い男ボイシー(ロッド・テイラー)は、パリの裏町でたまたま、2人の密偵に襲われたイギリス情報部のモスティン大佐(トレヴァー・ハワード)を助けたばっかりに、殺し屋にはもってこいの冷血漢と思い込まれてしまった。そしてある日否応なしに連行され、殺し屋養成の猛訓練を課せられた。殺し屋とはいえ虫も殺せぬ弱虫のボイシーは殺人指令が下ると、せっぱ詰ってプロの殺し屋を雇うのだった。この稀代の殺し屋は高給で豪華なアパート生活に暖まっていた。その上モスティンの秘書アイリス(ジル・S・ジョン)にひと目惚れし、南仏のニースで週末を過ごすことになった。だがニースで敵側のスパイ網にひっかかり、激しい攻防戦を展開した。辛うじてホテルに戻るとモスティンからの帰還命令。ところがクォドラント(デイヴィッド・トムリンソン)と称する男から「英空軍基地に赴き、エジンバラ公を暗殺せよ」の指令を受けた。この男こそ敵の大物スパイでこれを察知したモスティンが危機一髪暗殺を食い止めた。すると敵側は極秘のミサイル防衛装置の持ち出しを図った。さてボイシーはそこで一世一代の活躍をし、見事敵側スパイのリーダーを捕まえた。ボイシーは情報部勤務にこりごりしたが、あいにく彼の有能を信じるモスティンは彼を手離すつもりはなかった。

「殺しのエージェント」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「殺しのエージェント」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 1966
公開年月日 1967年2月25日
製作会社 ジョン・ペニングトン・プロ
配給 MGM
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「殺しのエージェント」のみんなのレビュー

「殺しのエージェント」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 11/28

カレン・ギラン(1987)

野性の呼び声

100年以上にわたって愛され続けた、ジャック・ロンドンの名作小説をもとに、人類未踏の地に挑戦する男と犬の、壮大な冒険と限りない友情を描いた、感動のスペクタクル・アドベンチャー。主人公ソーントンを演じるのは、「スター・ウォーズ」のハン・ソロを演じたハリソン・フォード、監督は「リロ&スティッチ」「ヒックとドラゴン」の監督、クリス・サンダース。

ジュマンジ/ネクスト・レベル

ゲームの世界に吸い込まれた若者が現実世界に戻るためサバイバルするアクション映画の続編。大学生になったスペンサーは、再びジュマンジの世界に吸い込まれてしまう。彼を救おうと仲間たちもログインするが、バグを起こしたゲームは難易度がアップしていた。出演は、「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン、「ルイスと不思議の時計」のジャック・ブラック、「リベンジ・マッチ」のケヴィン・ハート、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのカレン・ギラン、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のニック・ジョナス。監督は、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のジェイク・カスダン。
エド・ハリス(1950)

トップガン マーヴェリック

沈黙のレジスタンス ユダヤ孤児を救った芸術家

2007年に84歳で亡くなった“パントマイムの神様”マルセル・マルソーの知られざる半生に迫るヒューマンドラマ。1942年、ドイツ軍がフランス全土を占領するなか、マルセルは険しく危険なアルプスの山を越えて、123人のユダヤ人孤児をスイスへと逃がそうとする。出演は「ソーシャル・ネットワーク」のジェシー・アイゼンバーグ、「TENET テネット」のクレマンス・ポエジー。監督は「ハンズ・オブ・ストーン」のジョナタン・ヤクボウィッツ。

NEW今日命日の映画人 11/28

該当する人物がいません


「殺しのエージェント」を観ているあなたにおすすめの映画