今宵よ永遠に

こよいよえいえんに
上映日
1951年11月20日

製作国
アメリカ

ジャンル
ミュージカル
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

アリ・カーンとの離婚によって再びスクリーンへの復帰を伝えられるリタ・ヘイワースが、戦時中(1945年)に主演した戦意昂揚のテクニカラー・ミュージカル映画。「大地は怒る」のヴィクター・サヴィルが製作・監督し、脚本はレッサー・サミュエルズとエイベム・フィンケルの共同オリジナル。撮影は「サハラ戦車隊」のルドルフ・マテ、音楽監督は「栄光に死す」のモリス・W・ストロフ、作詞・作曲はサミイ・カーン=ジュール・スタインのコンビ。リタをめぐる出演者は「オペレッタの王様」のリー・ボウマン、「スケルトンの就職騒動」のジャネット・ブレア、舞踏家のマーク・プラット、レスリー・ブルックス、フローレンス・ベイツ、それにシェリイ・ウィンタースも端役で姿を見せている。

みんなのレビュー

「今宵よ永遠に」のストーリー

第2次大戦の直前。ロンドンのミュージック・ボックス劇場にショウを出しているメイ・トリヴァー一座に、トミイ(マーク・プラット)という青年舞踏家が職を求めてやって来た。座長は彼の舞踏がショウ向きでないと断ったが、彼の天才に惚れた一座の花形ロザリンド(リタR・ヘイワース)や踊子ジュディの口添えで、一座に加わることが出来た。大戦が勃発し、独逸の空軍の空襲下、ショウは依然として続けられた。空軍将校ポール(リー・ボウマン)は舞台のロザリンドに魅せられ、強引に接近して彼女との逢瀬を楽しむようになったが、結局彼女とポールは喧嘩別れしてしまった。ポールは彼女を忘れ得ず、彼の肝入りでロザリンドたちの一座は彼の空軍基地へ招かれ、2人は再会してお互いに愛し合っていることに気づくが、ポールに出動命令が下り、ロザリンドは彼に恋を告白しないままに別れねばならなかった。その後ポールの消息が杳として絶え、彼女を悲しませたが、ある日、ポールの父がロザリンドを訪れ、ポールが秘密任務に従事しており、帰ったら彼女と結婚する旨を告げて行った。ポールは無事帰還し、ロザリンドはカナダに転勤する彼と同行することになったが、その夜空襲でトミイとジュディが死んだのを見て、ロザリンドは止まってショウを続ける決心をしたのだった。

「今宵よ永遠に」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「今宵よ永遠に」のスペック

基本情報
ジャンル ミュージカル
製作国 アメリカ
製作年 1945
公開年月日 1951年11月20日
製作会社 コロンビア映画
配給 セントラル
レイティング
カラー/サイズ カラー

「今宵よ永遠に」のみんなのレビュー

「今宵よ永遠に」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/5

サラ・ジェシカ・パーカー(1965)

ローマ発、しあわせ行き

『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーと「これが私の人生設計」のラウル・ボヴァが共演するロマンティック・コメディ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。
松山ケンイチ(1985)

BLUE/ブルー

ブレイブ 群青戦記

笠原真樹によるコミック『群青戦記グンジョーセンキ』を「亜人」の本広克行監督が実写化。スポーツ名門校の弓道部に所属する西野蒼は、自分に自信が持てず落ち込む毎日。そんなある日、校庭に一本の雷が落ち、学校の外の風景は見渡す限りの野原となってしまう。出演は「十二人の死にたい子どもたち」の新田真剣佑、「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の山崎紘菜。

NEW今日命日の映画人 3/5

ジョン・ベルーシ(1982)

Oh!ベルーシ 絶体絶命

シカゴの辣腕記者と、ロッキー山脈に住むマスコミ嫌いの鳥類学者の恋を描くロマンチック・コメディ。製作はボブ・ラーソン、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグと、「ブルース・ブラザース」のバーリン・ブリルスタインが担当。「歌え! ロレッタ 愛のために」のマイケル・アブテッドが監督。脚本はローレンス・カスダン、撮影はジョン・ベイリー、音楽はマイケル・スモールが各々担当している。出演はジョン・ベルーシ、ブレア・ブラウン、アレン・ゴーウィッツ、ライアム・ラッセルなど。

ネイバーズ(1982)

静かな生活が,隣人夫婦のために破壊されるという喜劇。製作はリチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウン、製作指揮はアーヴィング・ポール・レーザー、バーニー・ブリルスタイン、監督は「ふたりでスローダンスを」のジョン・G・アヴィルドセン。トーマス・バーガーの『危険な隣人』(早川書房刊)をラリー・ゲルバートが脚色。撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャスリン・ウォーカー、キャシー・モリアーティ、ローレン=マリー・テイラーなど。

「今宵よ永遠に」を観ているあなたにおすすめの映画