小麦は緑

こむぎはみどり The Corn is Green
上映日
1947年1月14日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

1938年から2年間ロンドンで上演されたエムリン・ウィリアムスの戯曲を「サラトガ本線」のケイシー・ロビンソン、「我が道を往く」のフランク・キャヴェットが脚色、「情熱の航路」のアーヴィング・ラパーが監督にあたったもので1945年度の作品。

「小麦は緑」のストーリー

19世紀の終りごろのことであった。英国ウエイルス州グレンサーノという小さな村にある一軒の家を相続したモウフェイト女史は、ロンドン生まれの家政婦ワアテイ夫人と夫人の娘ベシイを伴って、ロンドンからこの家に移住してきた。先ずモウフェイト女史を驚かしたのは、この村人の無知と貧困さだった。彼等は炭坑で働いて生計を営んでいたが、自分の子供達を未だ10歳の幼い頃から、もう炭坑へ働きに出す有様だった、その痛ましさに心を衝かれたモウフェイトは、村人の無教育を一掃しようと決心し、自分の家を教室にして、ジョウンゼという男と一人の有閑婦人を助教授に雇い入れた。教育普及への彼女の努力は根強い囚襲との絶え間ない闘争だった。そしてその土地の大地主の反対に直面して彼女はこの困難極まる仕事を断念しようとした。その時だった。モウフェイトは自分の生涯の中にモーガン・エヴァンスという天才的素質を持った青年を発見する。そして彼女は、この青年の素質を大成させることに努力を傾けた。2年間の中にエヴァンスの学業は驚くべき進歩を示したので、彼女は、この青年をオックスフォードの給費生資格試験に志願させようと彼の勉学に一層力を注ぐのであった。しかし唯勉学一途に駆り立てる彼女の非情な厳しさに反抗した青年は、ちょっとしたロマンティックな出来事から自暴自棄になって、モウフェイトの家政婦の娘ベシイに心をひかれて行った。ベシイの母になる日が近づいていた。エヴァンスに興える影響を憤れて、モウヴェイトは彼に何も知らせない様に因果を含め、ベシイをこの村から出て行かせた。だが給費生資格試験に参加し首席で見事に合格したエヴァンスが、オックスフォードに向けて出発しようとしている時、ベシイが彼の子供を産んだことを知り、勉学を思い切り、炭坑に戻って彼女と結婚しようと決心する。モウフェイトはエヴァンスがベシイにかかわって輝かしい将来を失うことを痛惜し、『天才は渡すべきものではない。村人のためにも国家のためにも是非オックスフォードへ行かなければならない。』と遂に彼を説得する。そしてベシイが自分の子供に何等愛着を感じていないことを知ったモウフェイトは、その子を自分の養子に引き取るのだった。エヴァンスは隣人達に見送られていよいよオックスフォードへ出発する。モウフェイトは『今度は失敗しない様に、今度は失敗しない様に』と自分自信にいい聞かせながら、もはや、赤ん坊の教育に心を奪われているのだった。

「小麦は緑」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「小麦は緑」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1945
公開年月日 1947年1月14日
製作会社 ワーナー・ブラザース映画作品
レイティング

「小麦は緑」のみんなのレビュー

「小麦は緑」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/13

ロン・パールマン(1950)

モンスターハンター

日本発の大ヒットゲームを「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督×ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写化。砂漠で偵察中のアルテミス率いる特殊部隊は、超巨大な砂嵐に遭遇。目を覚ますとそこは、我々の世界とは全く異なる別の世界だった。共演は「ワイルド・スピード SKY MISSION」のトニー・ジャー、「アントマン」シリーズのティップ・“T.I.”・ハリス、「50回目のファーストキス」の山崎紘菜。

グレート・ウォー

「ヘルボーイ」シリーズのロン・パールマンらが出演、第一次大戦末期を舞台にした戦争アクション。ウィリアム・リバース中尉らは敵陣にて行方不明となったアフリカ系アメリカ人兵士たちの小隊を救助すべく、人種の壁を越え、最後の最後まで戦い抜こうとする。監督は、「米軍極秘部隊ウォー・ピッグス」などに出演、「バルジ・ソルジャーズ」ではメガホンを取ったスティーヴン・ルーク。特集『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。
リッキー・シュローダー(1970)

クリムゾン・タイド

米軍原子力潜水艦を舞台に、全面核戦争の危機を巡って対立する男たちのドラマを描いた、骨太のポリティカル・サスペンス。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。「カラーズ 天使の消えた街」のマイケル・シーファーとリチャード・P・ヘンリックの原案を、シーファーが脚色。製作は「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー。撮影は「クロウ 飛翔伝説」「蜘蛛女」のダリウス・ウォルスキー、音楽は「ライオン・キング」「勇気あるもの」のハンス・ジマー、美術はマイケル・ホワイト、SFXはドリーム・クエスト・イメージズが担当。主演は「フィラデルフィア」のデンゼル・ワシントンと「ワイアット・アープ」のジーン・ハックマン。「氷の微笑」のジョージ・ズンザ、「カリートの道」のヴィゴ・モーテンセン、「ア・フュー・グッドメン」のマット・クレイヴン、「ターミナル・ベロシティ」のジェームズ・ギャンドルフィーニらが脇を固める。また、「トゥルー・ロマンス」のクエンティン・タランティーノが脚本に参加し、ジェイソン・ロバーズがラストシーンに特別出演している(共にノー・クレジット)。

チャンプ(1979)

元ボクシング・チャンピオンの父親とその父が再び栄光の座に戻る日を信じている息子と、別れた妻の3人が織りなす愛を描く。製作はダイソン・ロべル、監督は「ブラザー・サン、シスター・ムーン」のフランコ・ゼフィレッリ。フランセス・マリオンの原作を基にウォルター・ニューマンが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はデイブ・グルーシン、編集はマイケル・J・シェリダン、製作デザインはハーマン・A・ブルメンタル、衣裳はセオニ・V・アルドレッジが各々担当。出演はジョン・ボイト、フェイ・ダナウェイ、リッキー・シュローダー、ジャック・ウォーデン、アーサー・ヒル、ストローザー・マーティン、ジョーン・ブロンデルなど。

NEW今日命日の映画人 4/13

該当する人物がいません