なごり雪 あるいは、五十歳の悲歌

なごりゆきあるいはごじゅっさいのえれじぃ
上映日
2002年9月28日

製作国
日本

上映時間
111分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

伊勢正三作詞作曲によるフォーク・ソング『なごり雪』をモチーフに、50歳を迎えた中年男たちの青春の悔恨と惜別を描いた人間ドラマ。監督は「告別」の大林宣彦。脚本は、南柱根と大林監督の共同。撮影を「修羅のみち4 北九州代理戦争」の加藤雄大が担当している。主演は、「田園のユーウツ」の三浦友和と「恐怖学園」の須藤温子。第22回藤本賞特別賞(大林恭子)受賞、芸術文化振興会映画芸術振興事業作品。2002年4月27日より、大分県・大分シネマ5にて先行公開。

「なごり雪 あるいは、五十歳の悲歌」のストーリー

2001年初秋、東京。妻・とし子に三行半を突きつけられた日、梶村祐作はかつての親友・水田から彼の妻である雪子が意識不明の重体であることを聞かされ、28年振りに故郷の臼杵に向かった。彼の脳裡に、青春時代の出来事が蘇る。祐作を一途に想い続けた雪子。彼女の気持ちを知りながらそれに応えられず、しかも東京の大学で知り合った恋人・とし子を伴って帰省し彼女を傷つけた自分。そんな祐作に代わって雪子を守り、結婚した水田。そして雪子と最後に会った日、雪子が失恋に悲観して剃刀で自殺を図ったと思っていた祐作は、実は彼女が枕の中から白いビーズを取り出し、それを雪に見立てて降らそうとしたのだと気づく。雪など滅多に降らない温暖な町で、雪が降ったら奇蹟が起こると信じていた雪子は、それに叶わぬ願いをかけようとしたのだ。雪子が亡くなった。葬儀に出席した祐作は、薄っぺらな人生を送ってきた自分を反省し、残りの人生を一生懸命生きて行こうと心に誓い、東京へ帰って行くのであった。

「なごり雪 あるいは、五十歳の悲歌」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「なごり雪 あるいは、五十歳の悲歌」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2002
公開年月日 2002年9月28日
上映時間 111分
製作会社 ピー・エス・シー=TOSエンタープライズ=大映(制作協力 大分県=臼杵市)
配給 大映
レイティング 一般映画
アスペクト比 ヨーロピアン・ビスタ(1:1.66)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「なごり雪 あるいは、五十歳の悲歌」のみんなのレビュー

「なごり雪 あるいは、五十歳の悲歌」のレビューを書く

「なごり雪 あるいは、五十歳の悲歌」の多彩なBlu-ray/DVD



「なごり雪 あるいは、五十歳の悲歌」を観ているあなたにおすすめの映画