この愛にすべてを

このあいにすべてを
上映日
1970年12月5日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

倦怠と歓楽の都を漂泊う孤独な男と女が出会い、お互いを傷つけあいながらも確かな愛を取り戻す。製作は「おしゃれ泥棒」のフレッド・コールマー、監督は「偉大な生涯の物語」のジョージ・スティーヴンス、フランク・D・ギルロイが自分のブロードウェイ舞台劇を脚色、撮影は「シシリアン」のアンリ・ドカエ、音楽は「裸足のイサドラ」のモーリス・ジャールがそれぞれ担当。出演は「秘密の儀式」のエリザベス・テイラー、「俺たちに明日はない」のウォーレン・ベイティ、映画初出演の舞台人チャールズ・ブラスウェルなど。

「この愛にすべてを」のストーリー

ラス・ベガスのコーラス・ガールのフラン(エリザベス・テイラー)には愛人のロックウッド(チャールズ・ブラスウェル)がいた。彼は女房持ちの男で、フランは彼が妻と離婚するのを待っている。ジョー(ウォーレン・ベイティ)はベガスで大金をすり、にっちもさっちもいかなくなり、芽が出るまで下町の二流バーでピアノを弾いている賭博師だった。ある物憂い夜、2人はバーで口をきき、そのままずるずるとフランのアパートで一夜を明かす。翌朝、2人は互いの身の上話をボソボソと自己嫌悪と自嘲を交えながら話し合ったが、両方とも真実を打ち明けたい気持ちがあるくせに、ざっくばらんにとはいかない。その夜もバーで会う約束をするのだが、ジョーは来なかった。フランは怒って帰るのだが、怒りは彼に対してのものでなく、自分に対する腹立たしさからのものだった。しばらくしてアパートにジョーが来て、来られなかった理由を話す。ある人から金を借り賭博をしたところ8千ドル儲けた。もうベガスに用はなく、今夜はハデにハメを外して遊ぼうと言う。遊び歩くうち、あるカジノに入り、ジョーはサイコロ・ゲームを始める。賽の目は裏目しか出ず、フランは見るに忍びずアパートに帰る。数時間後、ぐでんぐでんになったジョーが帰って来た。彼はスッテンテンになった自分の愚かさを悔い、泣き出した。フランは同情し、間代をもちよって同居しようと言う。数日楽しい日が続いた。ある日、コックウッドが突然やってきて、ようやく妻と離婚したからすぐにでも結婚しようと言う。だが、フランにはもうその意志はなかった。彼女にはジョーが現れたのだ。彼女はそれを率直に話して了解を求めた。ロックウッドはもう二度とこないと言って立ち去った。ジョーが帰ってくると、フランは彼にコックウッドはまだ離婚していないが、もう少しの辛抱だと言って帰ったと嘘をつく。2人の同棲は続いた。数か月経ったある夜、ジョーは、2人がベガスの生活から足を洗おうと貯めた金を引き出し、賭博に出る。フランは腹を立て、翌日ベガスを去ろうと決心した。ジョーはついてた。大金を懐にしてアパートに帰ってきた彼は、ベガスとおさばらする日がきたと淋しそうに言った。彼女と別れるのが辛いからだ。彼は思い切って求婚した。フランは予期していたが、即答できなかた。が、思いは同じであった。(20世紀フォックス配給*1時間56分)

「この愛にすべてを」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「この愛にすべてを」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1970
公開年月日 1970年12月5日
製作会社 ジョージ・スチーブンス=フレッド・コールマー・プロ作品
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「この愛にすべてを」のみんなのレビュー

「この愛にすべてを」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません