レセ・パセ 自由への通行許可証

れせぱせじゆうへのつうこうきょかしょう Safe Conduct
上映日
2003年5月10日

製作国
フランス

上映時間
170分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ナチス占領下のフランスで、ドイツ資本で経営された実在の映画会社コンティナンタルで働く二人の男を描いたドラマ。監督・脚本は「今日から始まる」のベルトラン・タヴェルニエ。音楽は「リディキュール」のアントワーヌ・デュアメル。出演は「マドモアゼル」のジャック・ガンブラン、「青い夢の女」のドゥニ・ポタリデス、「バルニーのちょっとした心配事」のマリー・ジラン、「父よ」のシャルロット・カディほか。2002年ベルリン国際映画祭銀熊賞、音楽賞受賞。

「レセ・パセ 自由への通行許可証」のストーリー

1942年、ナチス占領下のパリ。ドイツ資本の映画会社コンティナンタルには、レジスタンス活動のためにあえて入社し、フランス全土を検問なしで横断できる通行許可証を手にした助監督ジャン=ドヴェーヴル(ジャック・ガンブラン)がいた。一方、唯我独尊を貫き女とペンに情熱を傾けた脚本家ジャン・オーランシュ(ドゥニ・ポダリデス)も、日々の糧にも事欠く旧友の姿を見て、やがて自らの信念を曲げ、コンティナンタルのために脚本を執筆することになる。43年、時代の空気は微妙に変化し、レジスタンス容疑で逮捕されていた脚本家のシャルル・スパーク(ロラン・シリング)が、撮影所に帰還。オーランシュは自分が信念を貫けなかったことに対し自嘲気味に心情を吐き捨てるが、才能豊かな同僚の脚本家ピエール・ボスト(クリストフ・オダン)に優しい言葉をかけられ、わずかながらも安堵の微笑みを浮かべる。それから間もなく、助監督仲間のル・シャノワ(ゲット・マルロン)の逮捕を知ったドヴェーヴルは、自転車にまたがり、撮影所をあとにする。レジスタンスの同志のもとへ向かった彼は、二度とコンティナンタルに足を踏み入れることはなかった。

「レセ・パセ 自由への通行許可証」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「レセ・パセ 自由への通行許可証」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 フランス
製作年 2002
公開年月日 2003年5月10日
上映時間 170分
製作会社 レ・フィルム・アラン・サルド=リトル・ベア=フランス3シネマ=フランス2シネマ=KCメディエン=ベルティゴ
配給 シネマパリジャン
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「レセ・パセ 自由への通行許可証」のみんなのレビュー

「レセ・パセ 自由への通行許可証」のレビューを書く

「レセ・パセ 自由への通行許可証」の多彩なBlu-ray/DVD