個人授業(1983)

こじんじゅぎょう MY TUTOR
上映日
1984年2月11日

製作国
アメリカ

上映時間
97分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

何不自由なく恵まれた環境に育った高校生が年上の家庭教師によって、学業と恋愛の両面での手ほどきを受ける姿を描く。製作は「高校生活」「バン・バニング・バン」(79)のマリリン・J・テンサー、共同製作はマイケル・D・キャッスル、監督はジョージ・ボワーズ、脚本はジョー・ロバーツ、撮影はマック・アールバーグ、音楽はウェブスター・ルイスが各々担当。出演は「ベストフレンズ」でデビューしたマット・ラッタンジー、カレン・ケイ、アンバー・デニス・オースティン・オースチン、ケヴィン・マッカーシー、ブルース・バウアー、クリスピン・グローヴァー、クラーク・ブランドン、キットン・ナチヴィダッドなど。

「個人授業(1983)」のストーリー

ロサンジェルス郊外の高級住宅地の一角に大きな邸を構えるのは富豪のミスター・クリスタル(ケヴィン・マッカーシー)だ。広い敷地内には大きなプールやテニスコートが設けられている。そこの1人息子のボビー(マット・ラッタンジー)は、高校3年生。ルックスにも恵まれ、何の不満もなく毎日を送っているが、2つだけ大きな悩みをかかえていた。高校3年にもなって、まだ初体験を経てないのだ。だから、どこか集中力に欠けていた。学校の同級生ボニー(アンバー・デニス・オースティン・オースチン)からは子供あつかいされる始末。彼女は年上の大学生と交際中だ。もう一つの悩みは恐怖のフランス語。フランス語アレルギーになるほど嫌いな課目だ。父のクリスタル氏は気をもむ一方だ。自分と同じようにエール大学に息子を入学させることを望んでいるからだ。クリスタル氏はボビーに家庭教師を雇うことにした。条件は住み込み可能な家庭教師だ。まず第一の悩みを克服しようと焦るボビー。仲間のジヤツク(クリスピン・グローヴァー)とその兄のビリー(クラーク・ブランドン)と組んで殴り込んだマントルで大失敗をやらかした。相手は巨大なバストが自慢のアナ・マリア(キットン・ナチヴィダッド)。酔いがまわって何もしないまま終わってしまった。一方、条件にかなった家庭教師がみつかり、やってきた。彼女は29歳のブロンド美女テリー(カレン・ケイ)。ちょっと近づきがたい存在だ。ある日の夜中、ボビーは、偶然、テリー先生が生まれたままの姿でプールで泳いでいるのを目撃してしまった。そんな夜が毎日続いた。しかし、ついにのぞきが見つかってしまい、ボビーはテリーにきつく叱られた。そうこうするうちにテリーに夢中になってしまったボビーは、猛烈な勢いでフランス語を勉強し、成果はめきめき出てきた。すべてが順調に動きだしたある日、テリーの昔の恋人ドン(ブルース・バウアー)が現われた。ドンが出現してからは、テリーの様子がおかしい。ドンが許せないと思う一方、ついつい裸で泳ぐテリーをのぞき見してしまうボビー。テリーはそんな彼をひきずりこみ、ふざけ合う2人はキスを交わした。その日から2人は恋人同士となった。両親の目をかすめテリーの部屋にかようボビー。テリーは、ボビーの愛撫の点数を95点だと言った。フランス語の追試の日がきた。結果をまちうけるテリーにボビーは言った。「91点だって!」。しかし、その日、役目を果たしたテリーは、ボビーに、フランスヘ行くと打ちあけた。なぜ、こんなにも愛し合っているのに…。ボビーには理解できなかった。

「個人授業(1983)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「個人授業(1983)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1983
公開年月日 1984年2月11日
上映時間 97分
製作会社 クラウン・インターナショナル・ピクチャーズ作品
配給 東宝東和
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「個人授業(1983)」のみんなのレビュー

「個人授業(1983)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。