• 映画DB トップ
  • 仮面ライダー龍騎 MASKED RIDER RYUKI EPISODE FINAL

仮面ライダー龍騎 MASKED RIDER RYUKI EPISODE FINAL

かめんらいだーりゅうきえぴそーどふぁいなる
上映日
2002年8月8日

製作国
日本

上映時間
78分

ジャンル
アクション

ここが見どころ

13人の仮面ライダーのサヴァイヴァル・バトルを描いたテレビ・シリーズの最終章となるヒーロー・アクションの映画版。監督は「仮面ライダーアギト」の田崎竜太。石ノ森章太郎の原作を基に、「仮面ライダーアギト」の井上敏樹が脚本を執筆。撮影を「仮面ライダーアギト」の松村文雄が担当している。主演は、須賀貴匡と松田悟志、杉山彩乃、「TOKYO 10+01」の加藤夏希、萩野崇、涼平、菊地謙三郎。HD24Pからのキネコ。

「仮面ライダー龍騎 MASKED RIDER RYUKI EPISODE FINAL」のストーリー

神崎士郎が作ったカードデッキによって誕生した13人のライダーたちは、ミラーワールドから出現するモンスターたちと闘いながら、それぞれの願いをかなえるために生き残りを賭けたバトルを繰り広げていた。そして2002年、冬。6人に絞られたライダーたちは、士郎によって3日と言うタイムリミットを突然宣言される。ところが、王蛇が、ゾルダが、ファムが次々と倒れていく中、龍騎はその闘いが実は士郎の妹・優衣の命を救うためのものだと知る。幼い頃、ミラーワールドに迷い込んで一度死んだ優衣。命を授けられ戻って来た彼女だが、その命が続くのも彼女が20歳になるまで。そこで、士郎はライダーたちを闘わせ生き残った最も強い命を優衣に与えようと企んでいたのだ。しかも、そもそも彼女がミラーワールドに迷い込む原因を作ったのは幼い頃の龍騎だった。自らの呪われた運命を嘆く龍騎。そんな彼の前に、ミラーワールドから影の龍騎とも言える最後のライダー、リュウガが出現。龍騎とナイトに闘いを挑んでくる。ところが同じ頃、闘いを止めさせようと優衣が自らの命を絶った。悲しみに暮れる龍騎はリュウガを倒すと、ナイトとの闘いを一時休戦し、ミラーワールドから溢れ出るモンスター退治に乗り出していく。

「仮面ライダー龍騎 MASKED RIDER RYUKI EPISODE FINAL」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「仮面ライダー龍騎 MASKED RIDER RYUKI EPISODE FINAL」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 日本
製作年 2002
公開年月日 2002年8月8日
上映時間 78分
製作会社 仮面ライダー龍騎製作委員会(東映=東映アニメーション=テレビ朝日=東映ビデオ=アサツーディ・ケー=東映エージエンシー=バンダイ)(制作協力 東映テレビプロダクション)
配給 東映
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ドルビーSRD

「仮面ライダー龍騎 MASKED RIDER RYUKI EPISODE FINAL」のみんなのレビュー

「仮面ライダー龍騎 MASKED RIDER RYUKI EPISODE FINAL」のレビューを書く