GUN CRAZY 復讐の荒野

がんくれいじーふくしゅうのこうや A Woman from Nowhere
上映日
2002年5月11日

製作国
日本

上映時間
65分

ジャンル
アクション

ここが見どころ

殺された父の仇を討つべく、ギャングのボスに戦いを挑んでいくヒロインの活躍を描いた、ジャパニーズ・ウエスタンシリーズの第1作。監督は「MONKEY EXPRESS モンキー・エクスプレス」の室賀厚。脚本は、『オーバーレブ』の濱崎剛志と室賀監督の共同。撮影を「MONKEY EXPRESS~」の加藤孝信が担当している。主演は「DANBALL HOUSE GiRL」の米倉涼子。スーパー16ミリからのブローアップ。

「GUN CRAZY 復讐の荒野」のストーリー

米軍基地を臨む無法地帯に、ハーレーに乗って現れた謎の女・沙紀。彼女は、町を支配するギャングのボス・東条の首に懸かった賞金をゲットすべく、修理工・晃を巻き込んで彼への接近を試みる。だが、日米地位協定の厚い壁に守られた敷地内にアジトを構える東条は、なかなかその中から出て来ない。そんな中、東条の軍の不正金200万ドル強奪計画が発覚。その金の横取りに成功した彼女は、それをネタに東条を誘き寄せ警察に引き渡そうとするのだが、一枚も二枚も上手の東条によって、逆に窮地に追い込まれてしまう。しかし、それで諦めるような沙紀ではなかった。彼女は、実は刑事であった父を殺した仇敵・東条に再び戦いを挑んでいくと、激しい銃撃戦の末、遂に義足に仕込んだバズーカ砲で木っ端微塵にし、町を後にするのであった。

「GUN CRAZY 復讐の荒野」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「GUN CRAZY 復讐の荒野」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 日本
製作年 2002
公開年月日 2002年5月11日
上映時間 65分
製作会社 キュームービー=パイオニアLDC=ジャパンホームビデオ(製作協力 オスカープロモーション/制作協力 フィルムワークス=ムービーキング)
配給 巴里映画=キュームービー
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「GUN CRAZY 復讐の荒野」のみんなのレビュー

「GUN CRAZY 復讐の荒野」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/26

サンドラ・ブロック(1964)

オーシャンズ8

スティーブン・ソダーバーグ監督、ジョージ・クルーニー主演の「オーシャンズ11」を元に主要キャラクターをオール女性キャストでリブートする新作。2018年6月8日全米公開予定。

ミニオンズ

ユニバーサル・スタジオとクリス・メレダンドリ率いるアニメーションスタジオ、イルミネーションが贈るアトラクション3Dアニメーション「怪盗グルー」シリーズの人気キャラクター、ミニオンズを主役に描いた作品。ミニオンたちが仕えるべき最強のボスを探す旅を描く。前2作のピエール・コフィンに加え、「ロラックスおじさんの秘密の種」のカイル・バルダが監督を務める。「スピード」のサンドラ・ブロック、「バットマン」のマイケル・キートンらが声の出演。日本語吹替版では「アマルフィ 女神の報酬」の天海祐希、「009 RE:CYBORG」の声優・宮野真守らが参加。「怪盗グルーのミニオン危機一髪」の主題歌『Happy』が第86回アカデミー賞歌曲賞にノミネートされたファレル・ウィリアムスが引き続き音楽を担当している。
スーザン・ジョージ(1950)

J&S さすらいの逃亡者

かの『ボニー&クライド』に材をとり、腐れ縁で結ばれた男と女をめぐるマカロニ・ウェスタン風味のラブ・ストーリー。監督は「続荒野の用心棒」「情無用のジャンゴ」など、ひねりの効いたマカロニ・ウェスタンのほか、「史上最大の喜劇 地上最笑の作戦」はじめ様々なジャンルの映画を手がけた名職人セルジオ・コルブッチ。製作はロバート・ロヨラ、脚本はコルブッチ、マリオ・アメンドラ、アドリアーノ・ボルツォーニ、ホセ・マリア・フォルケ、サバティーノ・チウフィーニの共同、撮影はルイス・カドラード、編集はユージェニオ・アラビソ、美術はピエトロ・フィリッポがそれぞれ担当。音楽は「荒野の用心棒」はじめマカロニ・ウェスタンのテーマ曲で名を高めた巨匠エンニオ・モリコーネ。主演はコルブッチとは「情無用のジャンゴ」でも組んだトマス・ミリアンと「わらの犬」「マンディンゴ」などのスーザン・ジョージ。共演はTV「刑事コジャック」でおなじみの「特攻大作戦」などのテリー・サヴァラス、ゲストとして「テオレマ」「1900年」のラウラ・ベッティほか。ちなみに、本作は〈マカロニ・ウェスタン復活祭〉と題して、監督を同じくコルブッチが手がけた問題作「殺しが静かにやってくる」と連続上映された。

タイガーシャーク(1978)

夏のバカンス・シーズンで賑わう中米カリブ海の保養地を舞台に、風俗と、男女の恋を描きながら、人食いザメと人間の戦いを促えたパニック映画。製作はジェラルド・グリーン、監督・脚本はルネ・カルドナ・ジュニア、音楽はバージル・ポルドゥーリスが各々担当。出演は「マンディンゴ」のスーザン・ジョージ、フィオナ・ルイス、ジェニファー・アシュレー、アンドレス・ガルシア、ヒューゴー・スティグリッツなど。